メインメニューを開く

FIFA女子ワールドカップ(フィファじょしワールドカップ、: FIFA Women's World Cup)は、国際サッカー連盟(FIFA)が主催する、ナショナルチームによる女子サッカー世界選手権大会である。「ワールドカップ」の部分は「W杯」と表記される場合もある。

FIFA女子ワールドカップ
Ecuador women's national team with Women's World Cup trophy (16709236840) cropped.jpg
FIFA女子ワールドカップトロフィー
開始年 1991年
主催 FIFA
地域 世界
参加チーム数 24(本大会)
加盟国 AFC
CAF
CONCACAF
CONMEBOL
OFC
UEFA
前回優勝  アメリカ合衆国(3回目)
最多優勝  アメリカ合衆国(3回)
サイト 公式サイト
テンプレートを表示

目次

概要編集

1991年第1回大会以降、4年に1度開催されており、本大会は約3週間かけて開催される。 FIFAに加盟している各国サッカー協会の女子ナショナルチーム(いわゆる女子フル代表、女子A代表)のうち、開催国の代表チームと予選大会を勝ち抜いた代表チームが本大会に出場する。大会規模は徐々に拡大されており、1995年第2回大会までは12チーム、2011年第6回大会までは16チーム、2015年第7回大会からは24チームが出場し優勝を争う[1]

男子ワールドカップの第1回大会の61年後にあたる1991年に第1回大会が開催された。1999年の第3回大会まではFIFA女子世界選手権の名称が用いられていたが、2003年の第4回大会より現名称のFIFA女子ワールドカップとなった。計7回開催された大会のうち、優勝経験があるのはアメリカ合衆国(1991, 1999, 2015)、ノルウェー(1995)、ドイツ(2003, 2007)、日本(2011)の4か国である。

歴史編集

FIFA会長であったジョアン・アヴェランジェが発案し[2]、1991年に第1回大会中国にて開催された。この大会には12か国が出場し、アメリカ合衆国が初代王者となった。第2回大会は1995年にスウェーデンで開催されノルウェーが優勝した。

アメリカ合衆国開催となった第3回大会の決勝戦(アメリカ対中国)には90,185人の観客がつめ掛け、また66万人以上もの人々がテレビ等で試合を観戦した[3]。大会名が正式に「女子ワールドカップ」となった2003年の第4回大会もアメリカ合衆国にて開催されたが、これは本来の開催地であった中国でSARSが発生し、開催地が変更されたためであった[4]。この埋め合わせの措置として、2007年の第5回大会は中国で開催される事が決定した。第4回大会で初優勝したドイツは第5回大会において、全試合無失点勝利と1試合最多得点試合(開幕戦でのアルゼンチン戦にて)の記録を挙げ、大会を2連覇した。

2011年の第6回大会ドイツで開催され、日本がアジア初の優勝を果たした。地元ドイツはその日本に準々決勝で敗れ3連覇はならなかった。

2015年の第7回大会カナダで開催され、参加国数が16か国から24か国に増加した[1]。アメリカが連覇を狙う日本を下し、3回目の優勝を果たした。

2019年の第8回大会フランスで開催される予定である。

賞金編集

第5回大会よりFIFAから成績に応じて、賞金が支給されている。

第7回大会の賞金は、以下の表を参照のこと。

成績 金額
優勝 2,000,000USドル
準優勝 1,400,000USドル
3位 700,000USドル
4位 700,000USドル
ベスト8 400,000USドル
ベスト16 200,000USドル
グループリーグ敗退 100,000USドル

開催方式編集

予選編集

FIFAワールドカップ(男子)の予選と同様、まず国際サッカー連盟が各大陸別の連盟(AFCCAFCONCACAFCONMEBOLOFCUEFAの計6団体)に出場枠を割り振る。そして各大陸別の連盟で予選を実施し、本大会に出場する国・地域を決定する。

大陸間プレーオフが割り振られた地域においては、出場枠を獲得した国に次ぐ成績を挙げた国がプレーオフに出場し、勝利した国が出場権を獲得する。大陸間プレーオフの枠は便宜的に小数で表記される。たとえば2015年大会の予選においては、CONCACAFが3.5枠・CONMEBOLが2.5枠となっているため、CONCACAFの予選上位3チームとCONMEBOLの予選上位2チームは自動的に出場権を獲得し、これに加えてCONCACAFの予選4位チームとCONMEBOLの予選3位チームの対戦で勝利したチームが出場権を獲得する。

出場枠の変遷は以下の通り(H:開催国枠による出場、(W):大陸間プレーオフ勝利、(L):大陸間プレーオフ敗退)。

大会 大陸連盟別の出場枠数 合計
枠数
AFC CAF CONCACAF CONMEBOL OFC UEFA
  1991 3[注 1] 1 1 1 1 5 12
  1995 2 1 2 1 1 H+4 12
  1999 3 2 H+1.5(W) 1.5(L) 1 6 16
  2003 H+2.5(W)[注 2] 2 2.5(L) 2 1 5 16
  2007 H+2.5(W) 2 2.5(L) 2 1 5 16
  2011 3 2 2.5(W) 2 1 H+4.5(L) 16
  2015 5 3 H+3.5(L) 2.5(W) 1 8 24
  2019 5 3 3.5 2.5 1 H+8 24

予選となる大会は、対象となる本大会の2年前から、大会開催当年までの約3年間の期間中に開催される。大会については以下の通り。大会方式は各連盟ごとに決めているため、大会により内容は異なる。

大陸連盟(地域) 選出大会 開催期間  
  AFCアジア
AFC女子アジアカップ[注 3] 本大会の前年[注 4]
  CAFアフリカ
アフリカ女子ネイションズカップ 本大会の前年[注 4]
CONCACAF女子ゴールドカップ 本大会の前年
  CONMEBOL南米
スダメリカーノ・フェメニーノ 本大会の前年
OFC女子ネイションズカップ 本大会の前年[注 5]
単独の予選を開催 本大会開催年

本大会編集

本大会は約3週間の期間中に開催される。大会はグループステージとノックアウトステージの2ステージにより成っており、グループステージは参加国を4か国ずつのグループに分け、グループ内で総当り1回戦のリーグ戦を行い、各グループ上位2チームと各グループ3位のうち成績上位のチーム(大会によって出場国数は変動)がノックアウトステージへと進出する。ノックアウトステージはトーナメント方式で行われる。

グループステージにおいては、得点数や試合内容に大きく差がついた試合が出てくる場合がある。2007年大会の開幕戦となったドイツ対アルゼンチンの試合では、ドイツが11-0のスコアで勝利したが、この試合に関してFIFA会長のゼップ・ブラッターは、開幕戦がこのような試合となった事や、11失点で敗北したアルゼンチンがスダメリカーノ・フェメニーノ優勝国であった事に対して苦言を呈した事があった[7]

ノックアウトステージ(決勝トーナメント)は、各グループを成績上位で終えた合計16か国(第6回大会までは8か国)で行われ、勝利したチームが準々決勝、準決勝、決勝へと進む。このラウンドにおいては、90分のレギュレーションタイム終了時点で勝敗を決し得ない場合、前後半30分の延長戦が行われ(なお1999年大会・2003年大会はゴールデンゴール方式を採用)、なお勝敗を決し得ない場合はPK戦によって次の試合に進む国を決定する。準決勝で敗北し、決勝戦へ進まなかった国同士で3位決定戦が行われる。

結果と統計編集

歴代大会結果編集

開催年 開催国 決勝戦 3位決定戦 出場
国数
優勝 結果 準優勝 3位 結果 4位
1 1991年   中国   アメリカ合衆国 2 - 1   ノルウェー   スウェーデン 4 - 0   ドイツ 12
2 1995年   スウェーデン   ノルウェー 2 - 0   ドイツ   アメリカ合衆国 2 - 0   中国 12
3 1999年   アメリカ合衆国   アメリカ合衆国 0 - 0 aet
(PK 5 - 4)
  中国   ブラジル 0 - 0[注 6]
(PK 5 - 4)
  ノルウェー 16
4 2003年   アメリカ合衆国   ドイツ 2 - 1 GG   スウェーデン   アメリカ合衆国 3 - 1   カナダ 16
5 2007年   中国   ドイツ 2 - 0   ブラジル   アメリカ合衆国 4 - 1   ノルウェー 16
6 2011年   ドイツ   日本 2 - 2 aet
(PK 3 - 1)
  アメリカ合衆国   スウェーデン 2 - 1   フランス 16
7 2015年   カナダ   アメリカ合衆国 5 - 2   日本   イングランド 1 - 0 aet   ドイツ 24
8 2019年   フランス 24
9 2023年 24

歴代大会開催実績編集

開催年 決勝戦開催都市 決勝戦会場 試合数
ゴール数
1試合平均
ゴール数

入場者数
1試合平均
入場者数
1 1991年   広州 天河体育中心体育場 26 99 3.81 510,000 19,615
2 1995年   ソルナ ロースンダ・スタディオン 26 99 3.81 112,213 4,316
3 1999年   パサデナ ローズボウル 32 123 3.84 1,194,215 37,319
4 2003年   カーソン ホーム・デポ・センター 32 107 3.34 656,789 20,525
5 2007年   上海 上海虹口足球場 32 111 3.47 1,156,955 36,155
6 2011年   フランクフルト FIFA女子ワールドカップスタジアム・フランクフルト 32 86 2.69 845,751 26,430
7 2015年   バンクーバー BCプレイス・スタジアム 52 146 2.81 1,353,506 26,029
8 2019年   リヨン パルク・オリンピック・リヨン 52

代表別通算成績編集

国・地域名
1   アメリカ合衆国 7 3 1 3 0 43 33 6 4 105 112 35 +77
2   ドイツ 7 2 1 0 2 39 26 5 8 83 111 37 +74
3   ノルウェー 7 1 1 0 2 35 22 3 10 69 86 45 +41
4   スウェーデン 7 0 1 2 0 33 18 5 10 59 59 42 +17
5   ブラジル 7 0 1 1 0 30 18 4 8 58 59 35 +24
6   中国 6 0 1 0 1 29 15 6 8 51 52 29 +23
7   日本 7 1 1 0 0 29 13 3 13 42 36 54 -18
8   イングランド 4 0 0 1 0 19 10 4 5 34 30 25 +5
9   カナダ 6 0 0 0 1 23 6 5 12 23 30 49 -19
10   フランス 3 0 0 0 1 14 6 3 5 21 22 16 +6
11   オーストラリア 6 0 0 0 0 22 5 5 12 20 29 44 -15
12   ロシア 2 0 0 0 0 8 4 0 4 12 16 14 +2
13   ナイジェリア 7 0 0 0 0 22 3 3 16 12 18 56 -38
14   北朝鮮 4 0 0 0 0 13 3 2 8 11 12 20 -8
15   イタリア 2 0 0 0 0 7 3 1 3 10 11 8 +3
16   デンマーク 4 0 0 0 0 14 3 1 10 10 19 26 -7
17   カメルーン 1 0 0 0 0 4 2 0 2 6 9 4 +5
18   コロンビア 2 0 0 0 0 7 1 2 4 5 4 9 -5
19   オランダ 1 0 0 0 0 4 1 1 2 4 3 4 -1
20   韓国 2 0 0 0 0 7 1 1 5 4 5 19 -14
21   ガーナ 3 0 0 0 0 9 1 1 7 4 6 30 -24
22   スイス 1 0 0 0 0 4 1 0 3 3 11 5 +6
23   タイ 1 0 0 0 0 3 1 0 2 3 3 10 -7
24   チャイニーズタイペイ 1 0 0 0 0 4 1 0 3 3 2 15 -13
25   ニュージーランド 4 0 0 0 0 12 0 3 9 3 7 29 -22
26   メキシコ 3 0 0 0 0 9 0 3 6 3 6 30 -24
27   コスタリカ 1 0 0 0 0 3 0 2 1 2 3 4 -1
28   スペイン 1 0 0 0 0 3 0 1 2 1 2 4 -2
29   赤道ギニア 1 0 0 0 0 3 0 0 3 0 2 7 -5
30   コートジボワール 1 0 0 0 0 3 0 0 3 0 3 16 -13
31   エクアドル 1 0 0 0 0 3 0 0 3 0 1 17 -16
32   アルゼンチン 2 0 0 0 0 6 0 0 6 0 2 33 -31
  • データは2015年大会終了時点
  • 太字は優勝経験のある国・地域で、太数字は最多記録
  • 国・地域名は現在の名称で統一した
  • 順位は通算勝点の多い順で、通算勝点が同数の場合は得失点差の優れた方を、得失点差も同数の場合は総得点の多い方を上にした
  • 1991年大会の勝点は<勝=2、分=1、敗=0>であったが、通算成績では現行と同じ<勝=3、分=1、敗=0>で統一した
  • PK戦で決着がついた試合は記録上引分となる

優勝回数編集

回数 国名
3回   アメリカ合衆国 1991,1999,2015
2回   ドイツ 2003,2007
1回   ノルウェー 1995
  日本 2011

個人通算得点編集

順位 選手名 得点数
1   マルタ 15
2   ビルギット・プリンツ 14
  アビー・ワンバック
4   ミシェル・エイカーズ 12
5   ベッティナ・ヴィークマン 11
  孫雯
7   ハイディ・モール 10
  アン・クリスティン・アーロネス
9   リンダ・メダレン 9
  ヘーゲ・リーセ
  クリスティン・シンクレア
12   劉愛玲 8
  クリスティン・リリー
  ミア・ハム
  マリアンネ・ペテルセン
  ケルシュティン・ガーレフレケス
  澤穂希
  セリア・シャシッチ

個人通算出場試合編集

順位 選手名 試合数
1   クリスティン・リリー 30
2   アビー・ワンバック 25
3   ジュリー・ファウディ 24
  ビルギット・プリンツ
  フォルミガ
  澤穂希
7   ジョイ・フォーセット 23
  ミア・ハム
9   ベッティナ・ヴィークマン 22
  ベンテ・ノルドビー
  ヘーゲ・リーセ

表彰編集

ゴールデンボール(大会最優秀選手)編集

開催年・国 ゴールデンボール シルバーボール ブロンズボール
1991 中国   キャリン・ジェニングス   ミシェル・エイカーズ   リンダ・メダレン
1995 スウェーデン   ヘーゲ・リーセ   グロ・エスペセト   アン・クリスティン・アーロネス
1999 アメリカ合衆国   孫雯   シシー   ミシェル・エイカーズ
2003 アメリカ合衆国   ビルギット・プリンツ   ヴィクトリア・スヴェンソン   マレン・マイナート
2007 中国   マルタ   ビルギット・プリンツ   クリスチアニ
2011 ドイツ   澤穂希   アビー・ワンバック   ホープ・ソロ
2015 カナダ   カーリー・ロイド   アマンディーヌ・アンリ   宮間あや

ゴールデンブーツ(得点王)編集

開催年・国 ゴールデンブーツ 得点数 シルバーブーツ 得点数 ブロンズブーツ 得点数
1991 中国   ミシェル・エイカーズ 10   ハイディ・モール 7   リンダ・メダレン
  キャリン・ジェニングス
6
1995 スウェーデン   アン・クリスティン・アーロネス 6   ヘーゲ・リーセ 5   施桂紅 3
1999 アメリカ合衆国   孫雯 /   シシー 7 (該当者なし) -   アン・クリスティン・アーロネス 4
2003 アメリカ合衆国   ビルギット・プリンツ 7   マレン・マイナート 4   カチア 4
2007 中国   マルタ 7   アビー・ワンバック 6   ラグンヒル・グルブランセン 6
2011 ドイツ   澤穂希 5   マルタ 4   アビー・ワンバック 4
2015 カナダ   セリア・シャシッチ 6   カーリー・ロイド 6   アーニャ・ミッターク 5

ゴールデングローブ(最優秀GK)編集

開催年・国 受賞者
1999 アメリカ合衆国   高紅
  ブライアナ・スカリー
2003 アメリカ合衆国   ジルケ・ロッテンベルク
2007 中国   ナディネ・アンゲラー
2011 ドイツ   ホープ・ソロ
2015 カナダ   ホープ・ソロ

最優秀若手選手賞編集

開催年・国 受賞者
2011 ドイツ   ケイトリン・フォード
2015 カナダ   カデイシャ・ブキャナン

フェアプレー賞編集

開催年・国 受賞国
1991 中国   ドイツ
1995 スウェーデン   スウェーデン
1999 アメリカ合衆国   中国
2003 アメリカ合衆国   中国
2007 中国   ノルウェー
2011 ドイツ   日本
2015 カナダ   フランス

エンターテイニングチーム賞編集

開催年・国 受賞国
2003 アメリカ合衆国   ドイツ
2007 中国   ブラジル

オールスターチーム編集

開催年・国 GK DF MF FW
1999 アメリカ合衆国   高紅
  ブライアナ・スカリー
  王麗平
  温利蓉
  ドリス・フィッシェン
  ブランディ・チャスティン
  カーラ・オーヴァーベック
  シシー
  劉愛玲
  趙利紅
  ベッティナ・ヴィークマン
  ミシェル・エイカーズ
  金嫣
  孫雯
  アン・クリスティン・アーロネス
  ミア・ハム
2003 アメリカ合衆国   ジルケ・ロッテンベルク   王麗平
  ザンドラ・ミンナート
  ジョイ・フォーセット
  ベッティナ・ヴィークマン
  マリン・モーストレム
  シャノン・ボックス
  シャーメイン・フーパー
  マレン・マイナート
  ビルギット・プリンツ
  ヴィクトリア・スヴェンソン
2007 中国   ナディネ・アンゲラー
  ベンテ・ノルドビー
  アリアネ・ヒングスト
  李潔
  アーネ・スタンゲラン・ホルペスタッド
  ケルシュティン・シュテーゲマン
  ダニエラ
  フォルミガ
  ケリー・スミス
  レナーテ・リンゴル
  イングヴィル・ステンスラン
  クリスティン・リリー
  リサ・デ・ヴァンナ
  マルタ
  クリスチアニ
  ビルギット・プリンツ
2011 ドイツ   ホープ・ソロ
  海堀あゆみ
  エリーズ・ケロンド=ナイト
  エリカ
  アレックス・スコット
  ソニア・ボンパストル
  ローラ・ジョルジュ
  ザスキア・バルトゥジアク
  ジル・スコット
  ヘノベバ・アニョンマ
  ルイザ・ネシブ
  宮間あや
  大野忍
  澤穂希
  ケルシュティン・ガーレフレケス
  カロリーネ・セゲル
  シャノン・ボックス
  ローレン・チェニー
  マルタ
  ロッタ・シェリン
  アビー・ワンバック
2015 カナダ   ホープ・ソロ
  カレン・バーズリー
  ナディネ・アンゲラー
  有吉佐織
  ルーシー・ブロンズ
  ステファニー・ホートン
  カデイシャ・ブキャナン
  ワンディ・ルナール
  ジュリー・ジョンストン
  ミーガン・クリンゲンバーグ
  アマンディーヌ・アンリ
  エリーズ・ケロンド=ナイト
  阪口夢穂
  宇津木瑠美
  宮間あや
  カーリー・ロイド
  ミーガン・ラピーノー
  エロディ・トミス
  セリア・シャシッチ
  アーニャ・ミッターク
  アレックス・モーガン
  ウジェニー・ル・ソンメ
  ラモーナ・バッハマン

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 1991年大会においては、開催国の中国もアジア予選で上位の成績を収めた上で本大会出場権を得ている[5]
  2. ^ 大会はアメリカ合衆国で開催されたが、当初は中国での開催予定であり、開催国枠は中国に与えられていた。2003 FIFA女子ワールドカップを参照。
  3. ^ 1995年大会の予選については、1994年アジア競技大会におけるサッカー競技が兼ねるものとされた[6]
  4. ^ a b 隔年開催のため、本大会前年度開催の大会のみ予選大会を兼ねる(AFC女子アジアカップは隔年開催は2010年まで)。
  5. ^ 2003年大会までは本大会開催年に予選を行っていた。
  6. ^ 延長戦は行われず、後半終了後すぐPK戦が行われた。Brazil takes third (英語)(スポーツ・イラストレイテッド 1999.7.10付記事)参照。

出典編集

  1. ^ a b John F. Molinaro,Canada gets 2015 Women's World Cup of soccer (英語) CBCスポーツ 2011.3.3付記事
  2. ^ Women's World Cup History (英語) スポーツ・イラストレイテッド 1999, 2010.8.29 5:58(UTC) 閲覧
  3. ^ FIFA Women's World Cup - USA 1999 (英語) FIFA公式サイト 2011.8.29 06:25(UTC) 閲覧
  4. ^ Naomi Koppel, FIFA moves Women's World Cup from China because of SARS (英語) USAトゥデイ 2003.5.3付記事
  5. ^ Asian Women's Championship 1991”. RSSSF. 2011年9月10日閲覧。 “First three qualify for World Cup 1991.”
  6. ^ FIFA Women's World Cup Sweden 1995 Preliminaries”. 国際サッカー連盟. 2011年9月10日閲覧。。この結果は次に示す1994年アジア競技大会の成績と一致しているAsian Games 1994(Women's Tournament)”. RSSSF. 2011年9月10日閲覧。
  7. ^ FIFA chief dismayed at 11-0 scoreline in women's World Cup opener (英語) google(データ元:フランス通信社 2007.9.11付記事)

関連項目編集

外部リンク編集