メインメニューを開く

概要編集

原案は『サンダーバード』や『謎の円盤UFO』で知られるジェリー・アンダーソンが担当した。ヴィークルの発進・バンクシーンはCG処理が行われているが、多くの場面は通常のアニメーションで描かれた。前述の作品群のような大々的な商品展開はなかったが、ユージンから主要メカのミニフィギュアが発売されている。

本作はその後、ジェリーの息子、ジェイミー・アンダーソンの手によってリメイクが行われているが、表現形式は5頭身の人形劇(「ウルトラマリオネーション」と呼ばれる)となった。

英国リメイク版スタッフとして「地球防衛軍テラホークス」に特撮監督として関わっていたスティーブン・ベック及び、人形造型のリチャード・グレゴリーが参加。また、「テラホークス」の音楽担当だったリチャード・ハーヴェイが、メイン・テーマを作曲している。なお、製作チームにはメアリー・アンダーソンも加わっている(2018年の時点でパイロット版完成。YouTubeで原語版のみ視聴可能)。

特徴
  • ストーム・フォースは1から9までの特殊部隊がある。(第1話より)
  • また、ストーム・フォースは1から9それぞれにおいて隊員の戦闘服の色が違っている。イヌマ率いるストーム・フォース2は白、ストーム・フォース5は紫、ストーム・フォース6は黄色、ストーム・フォース9は青。ちなみに艦内での通常の服は青。
  • その中でもストーム・フォース9は優れており、この話はストーム・フォース9を中心に描かれる。

あらすじ編集

世界各地で戦争が終結した21世紀末、世界ではカルロ・モレーリ率いる世界的犯罪組織「ブラック・オーキッド」による犯罪が増えていた。そこで新国連はブラック・オーキッドに対抗すべく世界各地からあらゆる分野のエキスパートを集め、コードネーム「ファイアー・ストーム」の下、特殊部隊「ストーム・フォース」を設立した。そして、その中でもエリートたちを集めたのがストーム・フォース9である。彼らはモレーリの部下との戦闘により彼らが宇宙人であることを突き止める。かくしてモレーリ率いるブラック・オーキッドとストーム・フォースとの戦いの幕が切って落とされた。

登場人物編集

ナレーションは、今村直樹が担当。

ストーム・フォース編集

ストーム・フォース9編集

ナギサ・キサラギ
- 鷹森淑乃
主人公。日本人女性。記録保持者のスーパーアスリートでナノエンジニアリングのエキスパート。扱いの難しい最新鋭戦闘機サンダーボルトの第1号パイロットであり教官でもあった、パイロット能力を買われてSF9最後の1人として抜擢される。(1話)性格は努力家である。
サム・スコット
声 - 高塚正也
元アメリカ海兵隊指揮官。アメリカ人男性。ベテランパイロットしてストーム・フォースに引き抜かれ、SF7で数々の戦績を挙げたことからSF9のチームリーダーに抜擢される。(1話)
ドリュー・マッキャリスター
声 - 渡部猛
元イギリス海軍最大級原子力潜水艦司令官。スコットランド人男性。戦略家としての高い知識を買われて巨大潜水艦「オーシャン・ストーム」の司令官となる。
ローラ・ホープ
声 - 住友優子
元オーストラリア海軍大尉の女性。爆発物のエキスパートで爆発物処理を担当する。
ウェズリー・グラント
声 - 志村知幸
アメリカ人男性。学者でもあり、スポーツマンでもある。スラム街育ち。
ジェームス・ブレーディ
声 - 堀川仁
イギリス人男性。登山家としての危機管理能力を買われてストーム・フォースに引き抜かれる。
チャック・モーガン
声 - 青野武
アメリカ人男性。ストーム・フォースの技術班長で様々なメカを開発する。
ジーナ
声 - 冬馬由美
ルーシー
声 - 塩山由佳
ジュリア
声 - 堀越のり
ジャック
声 - 馬場圭介
ユーリ
声 - 前田沙耶香
ソフィア
声 - 町井美紀
ヒロコ
声 - 前田沙耶香

ストーム・フォース2編集

イヌマ
声 - 柴田秀勝
ストーム・フォース2の司令官。マッキャリスターとは旧知の仲で親友同士。伝説のパイロットでもある。最終回では、ローラをかばって殉職する。

ストーム・フォース5編集

マイ・テラニシ
声 - 永島由子
日本人女性。原子炉のエキスパート。ストーム・フォース5の隊員。

ブラック・オーキッド(ゾリオン星人)編集

ペトロス・サロ
声 - 石塚運昇
モレーリの上官。
カルロ・モレーリ
声 - 内海賢二
世界的犯罪組織「ブラック・オーキッド」のボス。その正体は宇宙人(ゾリオン星人)で地球侵略を狙っていた。
ルース・ミラー
声 - 横尾まり
カルロ・モレーリの秘書をしている女性。彼女も正体は宇宙人。

その他の登場人物編集

登場メカ編集

オーシャン・ストーム
ストーム・フォース9の母艦である超巨大原子力潜水艦。双胴式を採用した、ややリフティングボディ気味の船体をしており、艦橋は右舷にある。甲板にトルネードを搭載し、出動時は浮上して艦そのものを傾斜させて、カタパルトで発艦させる。
同型艦も建造されており、名前は『オーシャン〇〇』に統一されている。ストーム・フォース2の母艦は『オーシャン・ソレイユ』。
サンダーボルト
ストーム・フォース主力戦闘機。主翼は無いが、4基のエンジンで高い機動性を発揮する。宇宙空間は飛行できないため、作中で改造され、スペース・サンダーボルトになる。
トルネード
ストーム・フォースの移動指令機。サンダーボルトを2機、機内に搭載しており、機首が上部に移動しリニアカタパルトで発進する。
シーシャーク
オーシャン・ストーム等に搭載されている小型高速艇。水上を高速で移動することが出来る、一種のホバークラフト。
コンバットクルーザー
偵察・戦闘用自動車。外見はキャプテンスカーレットの追跡戦闘車に似ている。

※以上の5種は、ユージンから「リアルモデルコレクション」と銘打ち発売された。

マウンテン・モーターバイク

スタッフ編集

主題歌編集

オープニングテーマ「STORMY LOVE」
作曲 - 勝誠二 / 作詞 - 石動拳三 / 編曲 - 芳野藤丸 / 歌 - The NaB's
エンディングテーマ1「君といた地球(ホシ)」(第1話 - 第13話)
作詞 - KARL・YUHKI / 作曲 - 山崎光 / 編曲 - 芳野藤丸 / 歌 - The NaB's
エンディングテーマ2「RE-SET」(第14話 - 第26話)
作詞・作曲・編曲・歌 - TAKUI

各話リスト編集

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 放送日
Episode1 SF 9 寺田憲史 大森英敏 森義博 飯田宏義 2003年
4月6日
Episode2 カウントダウン 土器手司 萩原露光 西城隆詞 4月13日
Episode3 ブラック・オーキッド 白土武 横田和善 小泉謙三 4月20日
Episode4 カルロ・モレーリ 富田祐弘 布施木一喜 萩原露光 松田芳明 4月27日
Episode5 バラクーダ 小林孝嗣 藤本義孝 佐藤裕司 5月4日
Episode6 サーベルフィッシュ 寺田憲史 大森英敏 山口美浩 早川淳一 5月11日
Episode7 オーシャン・ダイナー 富田祐弘 松園公 萩原露光 西城隆詞 5月18日
Episode8 ディープ・シー 大森英敏 岡崎ゆきお 飯飼一幸 5月25日
Episode9 ウィングズ 寺田憲史 白土武 山田雄三 高橋直樹 6月1日
Episode10 パイロット 松園公 萩原露光 西城隆詞 6月8日
Episode11 レーザー・キャノン 富田祐弘 大森英敏 高橋直樹 6月15日
Episode12 ライトニング 寺田憲史 小林孝嗣 葦沢亮一 土橋昭人 6月22日
Episode13 ペトロス・サロI 白土武 津田義三 渡辺章 6月29日
Episode14 ペトロス・サロII 萩原露光 西城隆詞 7月6日
Episode15 エスケープ 富田祐弘 大森英敏 高橋直樹 7月13日
Episode16 モンスター 隅沢克之 横田和善 7月20日
Episode17 ブレイン・ストーム 寺田憲史 白土武 雨宮英夫 7月27日
Episode18 オアシス 富田祐弘 小林孝嗣 萩原露光 渡辺章 8月3日
Episode19 ロボットバード 寺田憲史 白土武 柾木犬一 森永賢二 8月10日
Episode20 ヴォルテックス 白瀧由裕
寺田憲史
大森英敏 萩原露光 高橋直樹 8月17日
Episode21 プラネット・ゾリオン 寺田憲史 白土武 岡崎ゆきお 水川弘理 8月24日
Episode22 トラップ 木滝りま 川崎逸朗 萩原露光 高橋直樹 8月31日
Episode23 サイコパワー 富田祐弘
寺田憲史
岡崎ゆきお
白土武
岡崎ゆきお 森田実 9月7日
Episode24 ピラミッド 寺田憲史 倉井サトシ 萩原露光 飯田宏義 9月14日
Episode25 インベージョン 木滝りま
寺田憲史
川崎逸朗 岡崎ゆきお 森田実
水川弘理
9月21日
Episode26 ファイナル・シグナル 寺田憲史 大森英敏 萩原露光 高橋直樹
深野敏喜
9月28日
テレビ東京 日曜9:00枠
前番組 番組名 次番組
FIRESTORM