FKBPあるいはFK506結合タンパク質(エフケイ506けつごうタンパクしつ)は、プロリルイソメラーゼ活性を持ち、シクロフィリンと機能的に類似しているがアミノ酸配列の点では類似していないタンパク質ファミリーである[1]。FKBP類は、酵母からヒトまで多くの真核生物において同定されており、プロリン残基を含むタンパク質のためのタンパク質フォールディングシャペロンとして機能している。シクロフィリンと共に、FKBP類はイムノフィリンファミリーに属している[2]

FKBP-type peptidyl-prolyl cis-trans isomerase
Fkbp-surface-1fkj.png
FK506(タクロリムス)と結合したヒトFKBP12タンパク質。このタンパク質の表面は疎水性によって色付けされており、リガンドが存在する深い窪みは疎水性である。
識別子
略号 FKBP_C
Pfam PF00254
InterPro IPR001179
PROSITE PDOC00426
SCOP 1fkb
SUPERFAMILY 1fkb
利用可能な蛋白質構造:
Pfam structures
PDB RCSB PDB; PDBe; PDBj
PDBsum structure summary
PDB 1a7x, 1b6c, 1bkf, 1bl4, 1c9h, 1d6o, 1d7h, 1d7i, 1d7j, 1eym, 1f40, 1fap, 1fd9, 1fkb, 1fkd, 1fkf, 1fkg, 1fkh, 1fki, 1fkj, 1fkk, 1fkl, 1fkr, 1fks, 1fkt, 1hxv, 1ix5, 1j4h, 1j4i, 1j4r, 1jvw, 1kt0, 1kt1, 1l1p, 1n1a, 1nsg, 1p5q, 1pbk, 1q1c, 1q6h, 1q6i, 1q6u, 1qpf, 1qpl, 1qz2, 1r9h, 1rot, 1rou, 1t11, 1tco, 1u79, 1w26, 1y0o, 1yat, 2dg3, 2dg4, 2dg9, 2fap, 2fbn, 2fke, 2ppn, 3fap, 4fap
テンプレートを表示
上記の図と同じ方向から見たタンパク質

FKBP12は、臓器移植後の患者や自己免疫疾患の患者に対して用いられる免疫抑制剤タクロリムス(FK506)に結合することで重要である[3]。タクロリムスは、シクロフィリンに結合する免疫抑制剤シクロスポリンよりも臓器拒絶を減少させることが明らかにされている[4]。FKBP-タクロリムス複合体とシクロスポリン-シクロフィリン複合体はどちらもカルシニューリンと呼ばれるホスファターゼ(脱リン酸化酵素)を阻害することによって、T-リンパ球シグナル伝達経路におけるシグナルを妨げる[5]。この治療的役割はプロリルイソメラーゼ活性とは関係していない。

生物学研究ツールとして編集

FKBPは通常は二量体を形成しないが、FK506の誘導体であるFK1012の存在下で二量化する。このためFKBPは、タンパク質の局在やシグナル伝達経路、タンパク質の活性化などを制御するために使用される化学誘導二量体形成法のための有用ツールとなっている[6]

編集

FKBPファミリーのタンパク質をコードしているヒト遺伝子には以下のものがある。

脚注編集

  1. ^ Siekierka JJ, Hung SH, Poe M, Lin CS, Sigal NH (October 1989). “A cytosolic binding protein for the immunosuppressant FK506 has peptidyl-prolyl isomerase activity but is distinct from cyclophilin”. Nature 341 (6244): 755–7. doi:10.1038/341755a0. PMID 2477714. 
  2. ^ Balbach J, Schmid FX (2000). “Proline isomerization and its catalysis in protein folding”. In Pain RH. Mechanisms of protein folding (2nd ed.). Oxford: Oxford University Press. pp. 212–237. ISBN 0-19-963789-X 
  3. ^ Wang T, Donahoe PK, Zervos AS (July 1994). “Specific interaction of type I receptors of the TGF-beta family with the immunophilin FKBP-12”. サイエンス 265 (5172): 674–6. doi:10.1126/science.7518616. PMID 7518616. 
  4. ^ Mayer AD, Dmitrewski J, Squifflet JP, Besse T, Grabensee B, Klein B, Eigler FW, Heemann U, Pichlmayr R, Behrend M, Vanrenterghem Y, Donck J, van Hooff J, Christiaans M, Morales JM, Andres A, Johnson RW, Short C, Buchholz B, Rehmert N, Land W, Schleibner S, Forsythe JL, Talbot D, Pohanka E (August 1997). “Multicenter randomized trial comparing tacrolimus (FK506) and cyclosporine in the prevention of renal allograft rejection: a report of the European Tacrolimus Multicenter Renal Study Group”. en:Transplantation (journal) 64 (3): 436–43. doi:10.1097/00007890-199708150-00012. PMID 9275110. 
  5. ^ Liu J, Farmer JD, Lane WS, Friedman J, Weissman I, Schreiber SL (August 1991). “Calcineurin is a common target of cyclophilin-cyclosporin A and FKBP-FK506 complexes”. Cell 66 (4): 807–15. doi:10.1016/0092-8674(91)90124-H. PMID 1715244. 
  6. ^ Fegan, A; White, B; Carlson, JC; Wagner, CR (2010 Jun 9). “Chemically controlled protein assembly: techniques and applications.”. en:Chemical Reviews 110 (6): 3315–36. PMID 20353181. 

関連項目編集

外部リンク編集