メインメニューを開く

FRAME(フレーム)は、レベルファイブエイベックス・グループによる日本レコードレーベル。レベルファイブのゲームアニメ関連楽曲をエイベックス・エンタテインメントからリリースしている。

FRAME
親会社 レベルファイブ
アップフロントワークス
(2007年–2012年)
エイベックス・エンタテインメント
(2012年–)
設立 2008年10月
設立者 日野晃博、蔭山茂樹
販売元 キングレコード
(2007年–2012年)
エイベックス・エンタテインメント
(2012年–)
ジャンル ゲームアニメ音楽
日本の旗 日本
公式サイト https://avex.jp/frame/

歴史編集

2007年春、レベルファイブアップフロントワークスT-Pistonz(当時の豚骨ピストンズ)へゲーム『イナズマイレブン』の主題歌を依頼[1]。その縁でレベルファイブの日野晃博とアップフロントワークスの蔭山茂樹が話をする内に2社でレコードレーベルを発足することとなった[1]。日野は「クリエイター同士が対等な立場で一緒にコンテンツを作り上げていく」という考えから、テーマ曲にアーティストが自由に作ったタイアップ楽曲は使わないというこだわりを持つ[2][3]

2008年10月29日、レーベル第1弾アーティストとしてtwe'lvがシングル「青春おでん/純情青春ラブ」でデビュー[1]。当時の発売元はアップフロントワークス、販売元はキングレコード

2012年10月、アップフロントワークスからエイベックス・エンタテインメントへ移籍[4]。発売・販売元は、2014年春までエイベックス・マーケティング、2014年夏から2016年春までエイベックス・ピクチャーズ、以降はエイベックス・エンタテインメント(旧エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ)。

所属アーティスト編集

関連アニメ作品編集

出典編集

外部リンク編集