FSVツヴィッカウドイツ語: FSV Zwickau)は、ドイツの東部、ザクセン州の都市ツヴィッカウを本拠地とするサッカークラブである。東ドイツ1部リーグ(DDRオーバーリーガ)の初代優勝クラブだが、現在は下位のリーグに低迷している。

FSVツヴィッカウ
原語表記 Fußball-Sport-Verein Zwickau e.V.
愛称 Die Schwäne(白鳥)
クラブカラー
創設年 1912年
所属リーグ ドイツ・ブンデスリーガ
所属ディビジョン 3部
ホームタウン ツヴィッカウ
ホームスタジアム シュポルトフォールム・ゾユース31[1]
監督 アメリカ合衆国の旗 ジョー・エノック
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

歴史編集

旧東ドイツ時代に合併、改称を繰り返したため、クラブの起源を定めることは難しい。その起源となるクラブの一つであるSGプラニッツは1912年に創設されており、最も古い起源を示すのであればこの年になる。旧東ドイツ1部リーグ(DDRオーバーリーガ)の初年度(1949年-1950年)に優勝を果たした。(ただし、決勝で戦ったSGドレスデン・フリードリヒシュタットがブルジョワ的クラブとみなされていたため、様々な政治的圧力がかかりツヴィッカウの優勝を導いたとも考えられている。)「ZSG Horch Zwickau」、「BSG Motor Zwickau」、「BSG Sachsenring Zwickau」などのクラブ名変更を経て現クラブ名となった。

クラブ最大の成功は、1975年-1976年シーズンにおけるUEFAカップウィナーズカップ4強である。この時にはクラブはパナシナイコスフィオレンティーナセルティックといった強豪を撃破した。

しかし東欧革命ドイツ統一後は、西側のクラブとの資金力の差などから低迷を余儀なくされている。一時は5部リーグにまで降格したが、現在は4部リーグに復帰した。2015-16シーズンにプレーオフを勝ち抜き、2016-2017シーズンからのブンデスリーガ3部への昇格が決定した。

タイトル編集

 
スタジアムの風景

国内タイトル編集

  • DDRオーバーリーガ:1回
    • 1950
  • カップ戦:3回
    • 1963, 1967, 1975

国際タイトル編集

なし

過去の成績編集

シーズン ディビジョン DFBポカール
リーグ 順位
2012–13 レギオナルリーガ・北東部 30 13 14 3 44 14 53 3位
2013–14 レギオナルリーガ・北東部 30 12 7 11 38 38 43 6位
2014–15 レギオナルリーガ・北東部 28 16 9 3 45 21 57 2位
2015–16 レギオナルリーガ・北東部 34 24 5 5 77 30 77 1位
2016–17 ブンデスリーガ3部 38 16 8 14 47 54 56 5位 1回戦敗退
2017–18 ブンデスリーガ3部 38 10 11 17 38 55 41 15位
2018-19 ブンデスリーガ3部 38 14 10 14 49 47 52 7位
2019-20 ブンデスリーガ3部 38 11 11 16 56 61 44 16位
2020-21 ブンデスリーガ3部 38

歴代監督編集

歴代所属選手編集

GK編集


DF編集

MF編集

FW編集

脚注編集

  1. ^ Sportforum "Sojus 31"”. FSV Zwickau e.V.. 2014年12月14日閲覧。

参考文献編集

  • 『ブンデスリーガ ドイツサッカーの軌跡』 バジリコ株式会社、2005年

外部リンク編集