メインメニューを開く

FUJI XEROX SUPER CUP2015

2015年2月28日開催のFUJI XEROX SUPER CUP

FUJI XEROX SUPER CUP2015(フジ ゼロックス スーパーカップ2015)は、2015年2月28日日産スタジアム神奈川県横浜市)で行われたFUJI XEROX SUPER CUPの2015年大会である。

FUJI XEROX SUPER CUP 2015
開催日 2015年2月28日
会場 日産スタジアム(横浜)
主審 日本の旗 山本雄大
観客数 47,666人
天気

参加クラブ編集

G大阪が2014年シーズンのリーグ戦・天皇杯を共に制したため、レギュレーションによりリーグ戦2位の浦和が出場することになった。2009年に代替チームに関するレギュレーションが変更[注 1]となってからは初めてのケース。

概要編集

主催[1]
財団法人 日本サッカー協会 / 社団法人 日本プロサッカーリーグ
主管
社団法人 日本プロサッカーリーグ / 財団法人 神奈川県サッカー協会
特別協賛
富士ゼロックス株式会社[2]
賞金
  • 優勝 3,000万円
  • 準優勝 2,000万円
レギュレーション
  • 前後半45分ハーフの合計90分で行う。
  • 90分で決着が付かなかった場合には、延長戦は行わずPK戦により勝敗を決する。

試合結果編集

天候にも恵まれ、人気チーム同士の対戦となったこともあり、村井満Jリーグチェアマンの予想を上回る4万7666人の観衆が詰めかけ、FUJI XEROX SUPER CUPとしてはここ20年で最多の動員を記録した[3][注 2]

G大阪・浦和共にミッドウィークに戦ったAFCチャンピオンズリーグ2015 (ACL) グループステージの初戦を落とし、巻き返しを図る一戦となった[5]こともあり、両チームともACLとメンバーを一部入れ替えて臨んだ。試合は序盤から浦和がG大阪陣内でボールを回し、これをG大阪がブロックを形成して防ぐという展開となるが、浦和がなかなかフィニッシュに持ち込めないこともあって膠着した状態のままスコアレスで前半を終了する[6]

前半にチャンスらしいチャンスを作れなかったG大阪は後半18分、ACLとの日程を考慮して先発を外れたFWパトリックを投入する。すると攻撃が一気に活性化しはじめ、後半23分、MF遠藤保仁のコーナーキックにパトリックが反らし、これをファーサイドに突っ込んできたFW宇佐美貴史が滑り込みながらゴールに蹴り込んでG大阪が先制する[7]。先制を許し何とか追いつきたい浦和は前線に人数をかけ攻勢をかけるが、FW興梠慎三をけがで欠いた影響は大きかったのか[8]なかなか決定的なフィニッシュに至らず、逆に試合終了間際、G大阪FWパトリックがDF2人をドリブルで交わしてだめ押しの2点目。パトリックの1ゴール1アシストの活躍でG大阪が8年ぶり2度目の優勝を果たした。

試合終了後には浦和サポーターからブーイングが浴びせられた[9]。また、試合終了後の記者会見では浦和監督のミハイロ・ペトロヴィッチが「相手選手が蹴ったボールが、オフサイドポジションにいたわれわれの選手に渡った時、それがオフサイドになるのか? フィールドプレーヤーが(味方の)GKにパスして手でキャッチしたら、それは間接FKになるのかならないのか、ご存じだったら教えてほしい」と語ったように、この日のレフェリングに不可解と思われる場面が数多く見られ[10]、G大阪側からもブーイングが起こったという[6]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
GK 01   東口順昭
DF 22   オ・ジェソク
DF 05   丹羽大輝
DF 08   岩下敬輔
DF 04   藤春廣輝   90+1分
MF 17   明神智和   34分
MF 07   遠藤保仁
MF 19   大森晃太郎
MF 11   倉田秋
FW 39   宇佐美貴史   78分
FW 24   赤嶺真吾   63分
控え:
GK 18   藤ヶ谷陽介
DF 14   米倉恒貴
DF 06   金正也
MF 13   阿部浩之   90+1分
MF 33   小椋祥平
FW 29   リンス   63分
FW 09   パトリック   90+4分   78分
   
監督
  長谷川健太
GK 01   西川周作
DF 46   森脇良太   86分
DF 04   那須大亮   87分
DF 05   槙野智章
MF 14   平川忠亮
MF 08   柏木陽介
MF 22   阿部勇樹
MF 24   関根貴大   11分
MF 07   梅崎司   48分   72分
MF 31   高木俊幸   56分
FW 20   李忠成
控え:
GK 23   岩舘直
DF 02   加賀健一
MF 13   鈴木啓太   87分
MF 16   青木拓矢
MF 18   小島秀仁
FW 19   武藤雄樹   72分
FW 21   ズラタン   56分
   
監督
   ペトロヴィッチ
FUJI XEROX SUPER CUP2015 優勝
ガンバ大阪
8年ぶり2度目

脚注編集

注記編集

  1. ^ 2008年以前は天皇杯準優勝チーム(第94回天皇杯の場合はモンテディオ山形)が出場していた。旧レギュレーションでの代替出場チームは2008年のサンフレッチェ広島が最後。
  2. ^ 大会通算では1995年の第2回・1994年の第1回に次ぐ3番目の記録[4]

出典編集

  1. ^ 大会概要”. 日本プロサッカーリーグ. 2015年2月27日閲覧。
  2. ^ “スーパーカップ冠スポンサーに富士ゼロックス株式会社 開催概要決定” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2014年12月10日), http://www.jleague.jp/release/article-00006239/ 2015年3月1日閲覧。 
  3. ^ “4万7666人の観衆、ここ20年で最多の動員/ゼロックス杯”. サンケイスポーツ. (2015年2月28日). http://www.sanspo.com/soccer/news/20150228/jle15022820010012-n1.html 2015年3月1日閲覧。 
  4. ^ “歴代3位の入場者=20年ぶり高水準 - ゼロックス杯サッカー”. 時事ドットコム. (2015年2月28日). http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2015022800302 2015年3月1日閲覧。 
  5. ^ “遠藤、阿部が巻き返し誓う=ゼロックス杯”. 時事ドットコム. (2015年2月27日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201502/2015022700897&g=spo 2015年3月1日閲覧。 
  6. ^ a b 宇都宮徹壱 (2015年3月1日). “不可解なレフェリングに問われるJの姿勢 ゼロックス杯はブーイングに包まれ終演”. スポーツナビ. 2015年3月1日閲覧。
  7. ^ “G大阪早くも“1冠”! 宇佐美&パト弾”. 日刊スポーツ. (2015年3月1日). http://www.nikkansports.com/soccer/news/1440394.html 2015年3月1日閲覧。 
  8. ^ “エース不在に泣いた浦和、強力2トップ躍動のG大阪。対照的なチーム事情が結果を分ける”. フットボールチャンネル. (2015年3月1日). http://www.footballchannel.jp/2015/03/01/post74379/ 2015年3月1日閲覧。 
  9. ^ “浦和サポーター、完敗にブーイング「進化がない」/ゼロックス杯”. 埼玉新聞. (2015年3月1日). http://www.saitama-np.co.jp/news/2015/03/01/04.html 2015年3月1日閲覧。 
  10. ^ “浦和・ペトロビッチ監督、判定に疑問「ルール教えて」/ゼロックス杯”. サンケイスポーツ. (2015年3月1日). http://www.sanspo.com/soccer/news/20150301/jle15030105020002-n1.html 2015年3月1日閲覧。 

外部リンク編集