Far East Club Band(ファー・イースト・クラブ・バンド)は、シンガーソングライター小田和正バックバンド

経歴 編集

1990年に結成。小田を含め現メンバーのほとんどが血液型A型[1] のバンドである。

バンドの名前でもあるFar East Clubは、小田の所属事務所の名前である。

小田のコンサート・ツアー、楽曲のレコーディング、TBSテレビでほぼ毎年クリスマス時期に放送されている音楽番組クリスマスの約束』での演奏を担当している。

これまで幾度かのメンバーチェンジを繰り返しており、結成当初から在籍しているのは栗尾直樹(キーボード)と吉池千秋ベース)のみである。

1991年5月18日にリリースされた小田のベスト・アルバムOh! Yeah!』の収録曲である「FAR EAST CLUB BAND SONG」は結成当初のメンバーが参加。1995年1月25日にリリースされた小田のシングル「so long my love」は現在のメンバー[2]が演奏している。

2000年と2002年にオリジナル・アルバムをリリース。ライブ活動も行なった。

現在在籍のメンバー 編集

  • 木村万作ドラムス、1994年~)
  • 吉池千秋ベース、1990年~1993年、2022年8月〜)結成時のメンバーのひとり。2022年のツアーでは新型コロナ感染で療養中の有賀啓雄に代わって1992年のスタジアムライブ以来実に30年ぶりの参加を果たす。2023年のツアーにも帯同し、現在に至る。
  • 稲葉政裕ギター、1997年~)
  • 栗尾直樹(キーボード、1990年~)

過去在籍のメンバー 編集

  • 武田俊彦(ドラムス、1990年~1992年)
  • 山内薫(ベース、1994年~2006年)現在は後述のライブイベントのみの参加。
  • 有賀啓雄(ベース、2005年~2022年7月)当初は山内薫がスケジュールの都合で小田のツアーに参加できなかった時のみだったが、その後はレギュラーとして活動。2022年の小田のツアーでは新型コロナウイルスに罹患したため、一部公演を不参加。その後、2023年2月に前立腺がん(ステージ4)であることを自身のTwitterで公表し療養中[3]だったが、2月27日に死去[4]。歴代のメンバーの中では初の物故者となった。
  • 安部恭弘(ギター&コーラス、1990年~1992年)
  • 日高恵一(ギター、1990年~1993年)
  • 高山一也(ギター、1993年~1996年)
  • 高村ブン太パーカッション、1990年~1992年)
  • 木下智明(パーカッション&コーラス、2000年~2012年)小田のマネジメントスタッフも兼任している。ツアーのパンフレットや『クリスマスの約束』のスタッフロールでは「KINO」と表記されている。
  • 山本潤子(コーラス、1994年~1998年)
  • 今滝真理子(コーラス、1996年~1998年)
  • 加藤いづみ(コーラス、2000年~2002年)
  • 園山光博(サックス、1990年~2012年)初代バンドマスター。2014年-2015年のツアー『本日 小田日和』以降は自身のスケジュールの都合上、不参加であり正式なアナウンスがされないまま、脱退したと思われる。

ゲスト参加 編集

  • 佐藤竹善(コーラス、1990年のツアー(一部)、1992年夏に行われた野外コンサートに出演)
  • 大石真理恵(パーカッション、2000年に行われたカウントダウン・コンサートに出演)
  • 後藤雅夫(ドラムス、1993年10月、小田の母校、東北大学での学園祭コンサートに出演)
  • 鎌田清(ドラムス、1997年、映画『緑の街』に河相我聞演じる新田が率いるバンドのメンバーとして出演)[5]

ディスコグラフィー 編集

オリジナル・アルバム 編集

  1. Far East Club Band(2000年4月19日)
  2. ANOTHER MOONLIGHT(2002年4月24日)

ライブイベント 編集

すべて横浜BLITZでの開催。

外部リンク 編集

脚注 編集

  1. ^ 木下智明のみB型(『KAZUMASA ODA TOUR 2008"今日も どこかで"』パンフレットより)。
  2. ^ この時のギターは高山一也。ベースは山内薫。
  3. ^ 皆さん有賀啓雄からお知らせです”. 有賀啓雄公式Twitter (2023年2月3日). 2023年2月17日閲覧。
  4. ^ nobuo ariga [@nobuoariga] (2023年3月4日). "有賀啓雄のお知らせです。(以下画像)突然のご連絡失礼いたします 夫 有賀啓雄 はかねてより自宅で療養中でしたが 令和5年2月27日 58歳にて永眠いたしました". X(旧Twitter)より2023年3月5日閲覧
  5. ^ 本来出演するはずだった木村万作がスケジュールの都合で参加できなかったため。