メインメニューを開く

Final Cut Server(ファイナル・カット・サーバ)はアップルのデジタルアセット管理(Final Cut Proファイルやプロジェクトの管理)とワークフロー自動化の為のサーバ・クライアントソフトウェアである。サーバはPostgreSQLベースであり、クライアントはJavaのプログラムである。 2007年4月15日に2007年夏にリリース予定と発表された[2]が、開発が大幅に遅れ、米国では2008年4月8日に、日本ではマルチバイト言語対応を計った1.1リリース後の2008年7月2日に発売が開始された。2009年7月23日に、大幅に値下げされ、Unlimited クライアントのみとなったFinal Cut Server 1.5がリリースされた。2011年6月に販売終了となった。

Final Cut Server
開発元 アップル
最新版 1.5.1[1] / 2009年11月24日
対応OS Mac OS X v10.5.8以降
サポート状況 終了
種別 Video editing software
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト Apple - SUpport - Final Cut Server
テンプレートを表示

アップルが2006年12月に買収を発表[3]したproximityの製品、artboxがベースである。

脚注編集

外部リンク編集