メインメニューを開く

フレッシュゴッド・アポカリプス

Fleshgod Apocalypseから転送)

フレッシュゴッド・アポカリプス (Fleshgod Apocalypse)は、イタリア出身のテクニカルデスメタルバンド

フレッシュゴッド・アポカリプス
Fleshgod Apocalypse
Fleshgod Apocalypse Metal Frenzy 2017 16.jpg
ドイツ・ガルデレーゲン (2017年6月)
基本情報
出身地 イタリアの旗 イタリア ウンブリア州
ペルージャ県 ペルージャ
ジャンル テクニカルデスメタル
ブルータル・デスメタル
デスメタル[1]
シンフォニックメタル
活動期間 2007年 -
レーベル ウィローティプ・レコード
キャンドルライト・レコード
ニュークリア・ブラスト
日本コロムビア
ワードレコーズ
公式サイト www.fleshgodapocalypse.com
メンバー フランチェスコ・パオリ (ヴォーカルギタードラムス)
パオロ・ロッシ (ベースクリーン・ヴォーカル)
フランチェスコ・フェリーニ (ピアノ)
旧メンバー トマソ・リカルディ (ヴォーカル、ギター)
クリスティアノ・トリオンフェラ (リードギター、ヴォーカル)
フランチェスコ・ストルリア (ドラムス)

従来のブルータル・デスメタルやテクニカルデスメタルに、オペラティックなハイトーン・ボーカルやクラシカルなギターソロを導入し、シンフォニックメタルに由来するメロディアスかつシンフォニックな要素とブルータルかつテクニカルな要素が融合している[2]。このような、激しいブルータル・デスメタルと大仰なシンフォニックメタルを融合した独特の音楽性を保持している。

目次

略歴編集

2007年に、イタリアペルージャでフランチェスコ・パオリ (VoG)、クリスティアノ・トリオンフェラ (G)、パオロ・ロッシ (B)、フランチェスコ・ストルリア (Ds)の4名で結成[2]。フランチェスコ・パオリ、パオロ・ロッシ、フランチェスコ・ストルリアの3名は、タイラニック・エシカル・リコンストラクション (Tyrannic Ethical Reconstruction)というデスラッシュバンドで共に活動していた。同年中に、1stデモ『Promo '07』をリリース。同デモから2曲が、Septycal GorgeModus DelictiOnirikとのスプリットアルバム『Da Vinci Death Code』に収録された。その後、2009年に1stアルバム『Oracles』をリリース。同アルバムは、北米では、ウィローティプ・レコードヨーロッパではキャンドルライト・レコードからリリースされ、デビューを果たした。同アルバムのレコーディング前後に、ドラマーのフランチェスコ・ストルリアが脱退している。そのため、アルバムクレジットには、アワー・オヴ・ペナンスでフランチェスコ・パオリと同僚であるマウロ・メルキュリオがレコーディング・セッションで参加したことが明記されている。また、同アルバムでは後に正式メンバーとなるフランチェスコ・フェリーニ (PianoOrchestra)がセッションとして参加している[注釈 1][2]。同アルバムでは、まだシンフォニックな要素は薄く、ブルータル・デスメタル色、テクニカルデスメタル色の強いサウンドだった。

フランチェスコ・ストルリアの脱退を受けて、ボーカル兼ギターのフランチェスコ・パオリが、更にドラムスを兼任することになる (基本的にはドラムス)。フランチェスコ・パオリは、以前からドラムパートのアレンジも手掛けていた。また、トマソ・リカルディ (Vo,G)がツアーメンバーを経て正式に加入することとなった。2010年に1stEP『Mafia』をリリース。また、積極的なライブ活動を行う。このライブ活動のさなか、フランチェスコ・フェリーニが正式メンバーとして加入。2011年5月にドイツの名門レーベルニュークリア・ブラストと契約。同年8月に2ndアルバム『Agony』をリリース。日本では、日本コロムビアが日本盤をリリースし、日本デビューを果たした[2]2013年に3rdアルバム『Labyrinth』をリリース。

2014年に、ザ・ブラック・ダリア・マーダーがヘッドライナーの「Into the Everblack Japan Tour 2014」に参加し初来日[3]。この日本ツアー終了翌日には、フレッシュゴッド・アポカリプスのみ追加公演も行われた[4]

2016年に4thアルバム『King』をリリース。日本では、ワードレコーズ傘下のレーベル・ケイオスレインズから日本盤がリリースされる。

2017年10月、フロントマンのトマソ・リカルディの脱退が発表された[5]。トマソの脱退が決まったのは8月頃のことで、原因は個人的な理由による[5]。これを受けて、現ドラマーで元フロントマンのフランチェスコ・パオリがヴォーカル兼ギターに再転向することになった[5]。ただし、スタジオにおいては、引き続きフランチェスコがドラムスを担当する。また、クリスティアノ・トリオンフェラもほぼ同時期に離脱している。これらを受けて、ファビオ・バルトレッティ (Lead G)、ダーヴィッド・フォルキット (Ds)がライヴセッションとして加入することが発表された[5]2019年に5thアルバム『Veleno』をリリース。

メンバー編集

現ラインナップ編集

  • フランチェスコ・パオリ (Francesco Paoli) - ヴォーカル/ギター/ドラムス (2007 - )
    結成時はボーカル及びギターを担当し、加えてドラムパートのアレンジについても大部分を担当していた。1stEP『Mafia』からドラムスを兼任する。ただし、メインはドラムスでフロントマンは新たに加入したトマソ・リカルディが担当する。2017年のトマソ・リカルディ脱退を受けて、ボーカル兼ギターに再転向し、ドラムスについてはスタジオのみ担うこととなった。
    本人がドラマーとして活動しているのは当バンドのみであった。凄まじいまでの正確さとスピードを誇るブラストビートを叩きこなすことができ、ライブでもそのドラミングを忠実に再現している。
    更にベースも弾くことができるマルチプレイヤーである。
    アワー・オヴ・ペナンスブラッドトゥルースでも活動していた。
  • パオロ・ロッシ (Paolo Rossi) - ベース/クリーン・ヴォーカル (2007 - )
    エアラインズ・オヴ・テラーブラッドトゥルースストライダーでも活動していた。
  • フランチェスコ・フェリーニ (Francesco Ferrini) - ピアノ (2010 - )
    1stアルバム『Oracles』から参加していたが、当時はセッション参加で、1stEP『Mafia』リリース後に正式メンバーとして加入した。ストライダーでも活動していた。

旧メンバー編集

セッション・メンバー編集

  • マウロ・メルキュリオ (Mauro Mercurio) - ドラムス
    1stアルバム『Oracles』に参加。
    アワー・オヴ・ペナンスでも活動していた アイコノクラストで活動中。
  • ヴェロニカ・ボルダッチーニ (Veronica Bordacchini) - ソプラノヴォーカル (2013 - )
    ライヴ、2ndアルバム『Agony』、3rdアルバム『Labyrinth』、4thアルバム『King』に参加。
  • ファビオ・バルトレッティ (Fabio Bartletti) - リードギター (2017 - )
    トマソ・リカルディ脱退後のライヴにセッション参加する。
    ハイデアス・ディヴィニティーなどでも活動。
  • ダーヴィッド・フォルキット (David Folchitto) - ドラムス (2017 - )
    トマソ・リカルディ脱退後、フランチェスコ・パオリがフロントマンに転向に併せてライヴセッションとして参加する。
    ストームロードカレドンなどでも活動。

ディスコグラフィ編集

日本公演編集

注釈編集

  1. ^ 『Oracles』のクレジットでは正式メンバーと同じようにクレジットされている。

参照元編集

  1. ^ Fleshgod Apocalypse reviews, music, news - sputnikmusic・2015年6月13日閲覧。
  2. ^ a b c d 『Agony』ライナーノーツ
  3. ^ https://www.facebook.com/bnfproductions/posts/10152374379568383 2014年5月21日閲覧。
  4. ^ https://www.facebook.com/bnfproductions/posts/607955089299407 2014年5月21日閲覧。
  5. ^ a b c d FLESHGOD APOCALYPSE Parts Ways With Vocalist/Guitarist TOMMASO RICCARDI”. blabbermouth.net (2017年10月10日). 2017年10月12日閲覧。

外部リンク編集