メインメニューを開く

fmtは標準的なUnixプログラムであり、テキストファイルを段落で分けるために使用される。標準では1行につき75文字未満ギリギリになるまで埋められる。

使用法編集

以下のオプションがある。

-cまたは--crown-margin
最初の2行のインデントに合わせて改行を行う。
-sまたは--split-only
改行のみを行い、短い行を詰めない。
-w 数値
1行の文字数を数値にする。先述のとおり、デフォルトでは75文字。

参考・外部リンク編集

関連項目編集