Foilcatは、560トン、乗客数400人の水中翼双胴船クバーナーヘルストランド社製造。

TurboJET祥星 Foilcat型双胴水中翼船
TurboJET日星 Foilcat型双胴水中翼船

概要編集

水中翼船としては全没型に属し、が全て水中にある。ボーイング929とPS30が双胴船でないのに対し、Foilcatは双胴船である。ガスタービンを動力としたウォータージェット推進である。

停止時および低速では通常の船と同様、船体の浮力で浮いて航行し、「艇走」と呼ばれる。速度が上がると翼に揚力が発生し、しだいに船体が浮上し離水、最終的には翼だけで航行する、「翼走」という状態になる。

船体の安定は Automatic Control System(ACS、自動姿勢制御装置)により制御された翼のフラップにより行われる。進行方向を変える場合もフラップを使うため航空機さながらに船体を傾けながら旋回する。翼走状態では、水面の波の影響を受けにくく高速でも半没式水中翼船に比べ乗り心地がよい。

翼は跳ね上げ式になっており、停止・低速時の吃水を抑えることができる。また半没型と異なり翼の左右への張り出しもないため港に特別の設備なしに着岸できる。また翼にはショックアブソーバーが付いており、材木など多少の障害物への衝突に耐えることができる。

姿勢制御はACSと油圧アクチュエータに依存するので、推進用のタービン共々、航空機なみのメンテナンスが必要である。

今、世界噴射飛航の2艘だけがある。全部は香港-マカオ線にある。

諸元編集

外部リンク編集