Frejaスウェーデン人工衛星スウェーデン国立宇宙委員会に代わってスウェーデン宇宙公社が開発した。1992年10月6日、中国の酒泉衛星発射センターから長征2号Cロケットによって相乗り衛星として打ち上げられた。

Freja
Freja mockup.jpg
Frejaのモックアップ
所属 スウェーデン国立宇宙委員会
主製造業者 スウェーデン宇宙公社
任務 磁気圏研究
周回対象 地球
打上げ日時 1992年10月6日
06:20:00 UTC
打上げ機 長征2号C
任務期間 1995年6月30日に主要ミッションは終了
最終通信は1996年10月14日20:30 UTC
COSPAR ID 1992-064A
公式サイト Freja at SCC
質量 214 kg (乾質量) + 60 kg (ペイロード)
消費電力 168 W (通常) 81 W (ペイロード)
軌道要素
軌道傾斜角 63°
遠点高度 1,756 km
近点高度 601 km
軌道周期 108.90分
テンプレートを表示

実験費を除いた衛星に関する全費用は1900万ドル。費用はスウェーデン国立宇宙委員会を通じた税金とWallenberg Foundationからの寄付金、そして約25%がドイツ科学技術省英語版の資金によって負担された。

実験 (ペイロード)編集

関連項目編集

外部リンク編集