メインメニューを開く

フロム・ウズ( From.Uz)は、ウズベキスタン出身のプログレッシブ・ロック・バンド。2004年にギターのヴィタリー・ポペロフとベースのドレイ・マラ=ノヴィックによって結成された。[1] 当初はバンド名を The Fromuz としていたが、2010年に From.Uz に改名している。バンドスタイルはプログレッシブ・ロックであり、フュージョンの影響も強い。バンド名は最初の一つの作品から取った言葉で、意味は「ウズベキスタンから」である。楽曲は殆どインストゥルメンタル音楽。

FROM.UZ
出身地 タシケント, ウズベキスタン
ジャンル プログレッシブ・ロック, フュージョン
活動期間 2004年 - 現在
レーベル 10T Records
公式サイト www.fromuzband.com
メンバー ヴィタリー・ポペロフ
アルベルト・ハルムルザエフ
イーゴリ・エリゾフ
旧メンバー アンドレイ・マラ=ノヴィック
ウラディーミル・バドィロフ
スラツ・カシモフ
アリ・イズマイロフ

バイオグラフィー編集

2004年の春にウズベキスタンで有名なギターのヴィタリー・ポペロフとベースのドレイ・マラ=ノヴィックはプログレッシブ・ロック・バンドを結成していた。その後ウズベキスタンのステージのスター(セワラ・ナザルハヌ等)のセッションドラムのウラディーミル・バドィロフは加入しており、作曲家であるアルベルト・ハルムルザエフはキーボード奏者として合流していた。

FROM.UZの最初のプロジェクトは2004年にウズベキスタンの若者向けの劇場に行われた「ソドムとゴモラXXI」というプラスチック・ショーのプログレッシブ・ロックの連れ引きであった。そのショーは2006年にモスクワの国際劇場フェスティバルにも2008年にサンクトペテルブルクの「ロシアの出会い」というフェスティバルにも演奏された。それにFROM.UZバンドはウラディーミル・バドィロフの「Greeting From Nostradamus」ソロ・プロジェクトに参加していた。

2005年にタシュケントのユース・シアターでFROM.UZの最初のソロ・コンサートが開催された。 同年、カザフスタンの「アスタナ・ブルース・2005」フェスに出演していた。2006年、いくつかソロ・コンサートを行った後、ウズベキスタンでSnobs Collectionの«Crystal Awards 2006»の「年のプロジェクト」を受賞。2006年8月、アメリカの「10T Records」レーベルと契約を締結。2007年2月、1stライヴ・アルバム『Audio Diplomacy』(CD+DVD)を発売し、デビューを飾る。[2] アルバムの全曲はコンサートの録音であり、その前ウズベキスタンで「Playing the Imitation」として発売していた。アルバムが8曲を含めている(DVDにはボーナス・トラックが二つある)。同年、FROM.UZバンドはメキシコで「Baja prog」フェスティバルで演奏していた。そのフェスティバルにジョーダン・ルーデス(ドリーム・シアター)、Focus,、Ritual 等参加していた。2007年夏、カザフスタンの「夏の夜」フェスに出演していた。また、同年、ヴィタリー・ポペロフはFROM.UZのメンバーたちと共に自身のソロ・アルバム「Pure Fiction」を制作し、発表している。

2008年2月、2ndアルバム『Overlook』を発売する。全5曲収録、70分を超える大作である。アルバムはタシケントの「IOSIS Studio」で録音され、アメリカの「Charleston Sound」でミキシングされた。2ndアルバムの発売後、ウラディーミル・バドィロフとアンドレイ・マラ=ノヴィックはウズベキスタンから移転し、バンドを脱退。ベースのスラツ・カシモフとドラムのアリ・イズマイロフは誘われていた。また、キーボードのイーゴリ・エリゾフが加入していた。新しいメンバーとともに「七番目の物語」というプロジェクトを制作していた。楽曲はもっとヘビーになって、プログレッシヴ・メタルの要素が現れてきた。それとともに、いくつかの曲にボーカルが加えられた。

2008年9月から2009年3月にかけてタシュケントのユース・シアターで「七番目の物語」プロジェクトのロモーション・コンサートが行われている。同時に曲の録音をされていた。2010年2月、「10T records 」で2ndアルバム『Seventh Story』を発売。10月に「Inside Seventh Story」というライブ・コンサートのDVDを発売。[3]

2010年9月、アリ・イズマイロフが脱退。ライブ・コンサートにドラム担当としてセッション・マンが招かれていたが、その後にアリ・イズマイロフが復帰。

2011年、アルバム「Quartus Artifactus」を発表。2枚のCDとDVDがセットになった計3枚組である。録音メンバーは前作と同じ5人。

カバー編集

FROM.UZはカバー曲を二つ録音している。2009年に「10T records 」によって発売されたカバー・アルバム「Undercover」にはFROM.UZによるカバーのキング・クリムゾンの曲「Starless and Bible Black」が収録されている。また、2010年の夏には、「IOSIS Studio」でジェフ・ベックの曲「Brush with the Blues」のカバーが録音されている。

メンバー編集

現行メンバー編集

  • ヴィタリー・ポペロフ、Vitaly Popeloff (ギター/ボーカル)
  • アルベルト・ハルムルザエフ、Albert Khalmurzaev (ベース/サンプリング)
  • イーゴリ・エリゾフ、Igor Elizov (キーボード/サンプリング/ボーカル)
  • スラツ・カシモフ、Surat Kasimov (ベース)
  • アリ・イズマイロフ、Ali Izmailov (ドラム)

元メンバー編集

  • アンドレイ・マラ=ノヴィック、Andrew Mara-Novik、2004 - 2008年 (ベース)
  • ウラディーミル・バドィロフ、Vladimir Badirov、2004 - 2008年 (ドラム)
  • エフゲニー・ポペロフ、Evegeniy Popelov、2007年 (キーボード)

ディスコグラフィー編集

スタジオ・アルバム編集

  • Audio diplomacy (2007年)    
  • Overlook (2008年)
  • Seventh Story (2010年)
  • Quartus Artifactus (2011年)

DVD編集

  • Playing The Imitation (2005年)
  • Audio Diplomacy (2007年)
  • Inside Seventh Story (2010年)

脚注編集

外部リンク編集