GLAY > 作品リスト > G4 (シングル)

G4』(ジーフォー)は、日本のロックバンドGLAY2006年7月12日にリリースした通算33作目のシングル。

G4
GLAYシングル
初出アルバム『LOVE IS BEAUTIFUL (#1,3,4)
rare collectives vol.3 (#2)』
A面 ROCK'N'ROLL SWINDLE
誰かの為に生きる

LAYLA
リリース
ジャンル ロック
J-POP
時間
レーベル 東芝EMI
プロデュース 佐久間正英
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2006年度年間57位(オリコン)
  • GLAY シングル 年表
    SCREAM
    (GLAY×EXILE)
    2005年
    G4
    2006年
    ANSWER
    (GLAY feat. KYOSUKE HIMURO)
    (2006年)
    LOVE IS BEAUTIFUL 収録曲
    1. ROCK'N'ROLL SWINDLE (album ver.)
    2. 変な夢 〜THOUSAND DREAMS〜
    3. 100万回のKISS
       (中略)
    10. SCREAM (album ver.)
    11. 
    12. I will 〜
    13. LALYA (album ver.)
    14. MIRROR
    ミュージックビデオ
    「ROCK'N'ROLL SWINDLE」 - YouTube
    「恋」 - GYAO!
    テンプレートを表示

    目次

    概要編集

    • ホワイトロード」以来1年7か月ぶり(キャピトル・レコード第一弾)のシングルである。
    • 『G4』の意味は、「4曲入り」「GLAYの4人」「GLAY for〜(GLAYから〜)」など様々な捉え方がある。
    • 「ROCK'N'ROLL SWINDLE」、「LAYLA」の2曲は、2月に行われた日本武道館のライブで初披露された。
    • オリコンの週間チャート連続1位は途切れたものの、初動売上は、GLAYとしては2003年10月発売の「BEAUTIFUL DREAMER/STREET LIFE」以来の水準である。

    収録曲編集

    1. ROCK'N'ROLL SWINDLE
      2006年2月の日本武道館ライブのタイトルにもなった曲。最初に披露されたのは前年12月のwhite band FES.(当時は「どしゃ降り」という仮タイトルがつけられていた)。タイトルの元ネタはセックス・ピストルズのドキュメンタリー映画『THE GREAT ROCK'N'ROLL SWINDLE』で「SWINDLE」とは詐欺という意味で「俺達はロックンロールに騙されたのかもしれないけど、大好きだからこれからもやっていこう」という意味合いが込められている。PVは荒野で撮影された。テレビ披露は『音楽戦士 MUSIC FIGHTER』、『ミュージックステーションスーパーライブ2006』、『Music Lovers』。シングルバージョンとアルバムバージョンがあるが、シングルバージョンは当シングルのみに収録されている。
    2. 誰かの為に生きる
      TBS系『J-SPORTS・スーパーサッカーPLUS』エンディングテーマ。2004年の「Blue Jean」と同時期に制作されていた。ちなみに、翌年発売のアルバム『LOVE IS BEAUTIFUL』には唯一収録されなかった。テレビ披露は『CDTV』のみ。
    3. PVは紀里谷和明が担当。「同性愛」や「背徳愛」など当人曰く「『恋』の深いところ、エグいところまでちゃんと表現したい」とのこと。シンプルさを心がけて作られた。テレビ披露は『音楽戦士 MUSIC FIGHTER』、『僕らの音楽』。
    4. LAYLA
      武道館ライブの時より、POP調なアレンジに変わっている。テレビ披露は『ミュージックステーション』、『1億3000万人が選ぶベストアーティスト』、『僕らの音楽』。また、前者番組にて本来2005年にシングルとしてリリースする予定だったことも明かした。

    収録アルバム編集

    関連項目編集

    外部リンク編集