メインメニューを開く

GNU FriBidiフリーなライブラリであり、Unicode双方向アルゴリズムを実装する[1]GNOME で使われる Pango[2] のような一部のフリーなテキストレンダリングサブシステムや、AbiWordMPlayer のテキストのレンダリング部分で、直接的または間接的に利用されている。このようなライブラリはアラビア語ペルシア語ヘブライ語のように文字を右から左に書く言語で書かれたテキストをレンダリングするのに必要である。

GNU FriBidi
開発元 Behdad Esfahbod
リポジトリ github.com/fribidi/fribidi
プログラミング言語 C
対応OS クロスプラットフォーム
対応言語 英語
種別 ライブラリ
ライセンス LGPL
公式サイト fribidi.org
テンプレートを表示

FriBidi の開発者は完全に標準互換な Unicode の双方向アルゴリズムを実装していると主張している。

FriBidi は SourceForge.net で開発が始まった[3]が、現在は freedesktop.org 傘下のプロジェクトになっている。

脚注編集

外部リンク編集