GO!GO!ガジェット』(ゴー!ゴー!ガジェット、原題:Inspector Gadget)は、1999年制作のアメリカ合衆国SFアクション映画

GO!GO!ガジェット
Inspector Gadget
監督 デヴィッド・ケロッグ
脚本 ケリー・エーリン
ザック・ペン
原案 ダナ・オルセン
ケリー・エーリン
原作 アンディ・ヘイワード
ジャン・シャロピン
ブルーノ・ビアンキ
(以上『ガジェット警部』より、キャラクター創作)
製作 ジョーダン・カーナー
ロジャー・バーンバウム
アンディ・ヘイワード
製作総指揮 ジョン・アヴネット
バリー・ベルナルディ
ジョナサン・グリックマン
アーロン・メイヤーソン
ラルフ・ウィンター
出演者 マシュー・ブロデリック
ルパート・エヴェレット
音楽 ジョン・デブニー
撮影 アダム・グリーンバーグ
編集 トム・ノーブル
製作会社 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
キャラバン・ピクチャーズ
DICエンターテイメント
配給 アメリカ合衆国の旗 ブエナ・ビスタ・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1999年7月30日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 79分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $90,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $97,403,112[1]
世界の旗 $134,403,112[1]
次作 GO!GO!ガジェット2
テンプレートを表示

1983年に制作されたテレビアニメガジェット警部』の実写映画化。特撮はスタン・ウィンストンが担当。日本では劇場未公開。2003年に続編『GO!GO!ガジェット2』が制作された。

あらすじ編集

ちょっとマヌケな警備員のジョン・ブラウンはある日、悪人を捕まえようとして返り討ちに遭い、瀕死の重傷を負う。

彼は科学者のブラッドフォード父娘から極秘の手術を受け、ハイテク・ロボ捜査官“インスペクター・ガジェット”として生まれ変わる。ブラッドフォード父娘は、地元警察と協力して“バイオニック警察官”を開発する「ガジェット計画」を遂行中であり、ジョンはその格好の実験台となったのだった。

ジョンは全身に仕込まれた最新鋭の装備を駆使して、世界征服を狙う犯罪者ドクター・クロウに立ち向かう。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替。

脚注編集

  1. ^ a b c Inspector Gadget (1999) - Box Office Mojo”. Box Office Mojo. IMDb. 2011年3月5日閲覧。
  2. ^ 『ガジェット警部』で主人公ガジェット警部の声を担当。

外部リンク編集