GOMA(ごま、1973年1月21日 - )は日本ディジュリドゥ奏者、画家大阪府出身

GOMA
出生名 森本 弘起[1]
生誕 (1973-01-21) 1973年1月21日(47歳)
出身地 日本の旗 日本 大阪府
職業 ディジュリドゥ奏者
点描画家
担当楽器 ディジュリドゥ
活動期間 1994年 - 2009年
2011年 -
公式サイト GOMAWEB.NET

来歴編集

1973年1月生まれ。大阪府出身オーストラリア先住民族管楽器ディジュリドゥの奏者・画家[2]

1998年にオーストラリアで開催されたバルンガ (オーストラリア) 英語版ディジュリドゥコンペティションにて準優勝を果たし、国内外で活動。2009年11月に交通事故に遭い、高次脳機能障害の症状により活動を休止。まもなく点描画を描き始める。2010年に初の個展「記憶展」を開催。2011年に音楽活動を再開。2012年に本人を主人公とする映画「フラッシュバックメモリーズ 3D英語版」に出演し、東京国際映画祭にて観客賞を受賞。以降、音楽や絵画、講演会など活動を広げている[2]

アルバム編集

  • “Timeless Tubes”(1998)
  • “吾”(2000)
  • “Million Breath Orchestra”(2002)
  • “Jungle Champlu”(2003)
  • “IN A JUNGLE”(2003)
  • “ENDLESS WONDERER”(2004)
  • “Soul of Rite”(2006)

12インチシングル編集

  • Vibes Vender

映画編集

書籍編集

  • 『失った記憶 ひかりはじめた僕の世界 高次脳機能障害と生きるディジュリドゥ奏者の軌跡』中央法規出版(2016年)ISBN 978-4805854051

脚注編集

  1. ^ “軽度外傷性脳損傷の民族楽器奏者 点描画「生きる証し」に” (PDF). 毎日新聞. (2010年8月26日). http://mild-tbi.net/news/n-pdf/20101117-3.pdf 2018年7月22日閲覧。 
  2. ^ a b Profile | GOMA Official Web”. GOMA. 2018年4月1日閲覧。

外部リンク編集