メインメニューを開く

GQ JAPAN(ジーキュウジャパン)とは、コンデナスト・ジャパンが発売している男性向けファッション・カルチャー雑誌である。毎月24日発売。

GQ JAPAN
ジャンル 情報誌
読者対象 20歳後半から30歳前半の若手ビジネスマン
刊行頻度 月刊(毎月24日)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 580円
出版社 コンデナスト・ジャパン
発行人 北田淳
編集長 斉藤和弘 → 濵口重乃 → 鈴木正文
刊行期間 2003年4月(2003年5月号) - 現在
ウェブサイト GQ JAPAN
テンプレートを表示

1931年にアメリカで創刊され世界19ヶ国で発行・発売されている[1]、アメリカの代表的な男性ファッション雑誌GQ[2]の日本版。雑誌名はGentlemen's Quarterlyの略で、初期は季刊であったことから「男性向け季刊誌」を意味する。アメリカ版の発行部数は93万部[2]

概要編集

若手ビジネスマンターゲットとし、主に、世界的名門ファッションブランドの新作コレクション、高級腕時計などファッション関連、政治経済、芸能、ITビジネスノウハウなどのジャーナリズム、グルメといったカルチャー関連のテーマを幅広く取り上げる。

GQ JAPANは1993年2月6日、中央公論社(現中央公論新社)より初創刊。表紙はビル・クリントンアル・ゴア。特集は「THE ROCK'N' ROLL 40年。創刊発行人は嶋中鵬二、編集人は嶋中行雄[3][4] しかし、その後休刊。

2003年6月号としてコンデナスト・パブリケーションズが100%出資するコンデナスト・ジャパン[5]が再創刊。再創刊時の編集発行人は、元マガジンハウスの斎藤和弘。再創刊号の特集は「小泉首相にアポなしで会える人!?」。また、藤原紀香の大胆なショットを掲載し話題を呼んだ。

発行部数は公称65,000部[6]。2012年5月号よりリニューアルし、ファッションに関する特集・連載を増やしたほか、綴じ側が右から左に変更された。記事の内容は本国版と似通っているが、大部分が日本固有のもので、お笑い芸人、グラビアアイドルなど日本の芸能界に関する記事も掲載される。誌面の肩に「GQ PROMOTION」と表記された特集は特定スポンサーとのタイアップ(記事広告)で、1号につき1~5か所に掲載されている。巻末には自社広告ページがあり、このうち4面が本誌オフィシャルサイト、iPad・iPhone・iPod touch向けアプリ、VOGUE JAPAN(2面)に割り当てられる。WIRED、VOGUE HOMMESなどの発売日に近い号では、これらの媒体にもページが割り当てられる。

日本以外の一部の国では、増刊号としてファッション関連の掲載を増やした『GQ Style』も発売されている。日本でも『VOGUE HOMMES JAPAN』休刊後、2013年5月号の別冊付録として2013年春夏号が展開され、その後2013年秋冬号からの単独創刊が予定されていた[7]が、この1号限りで中止となった。

2010年5月、紙媒体のコンテンツにムービーなどを加えたデジタルマガジンを創刊。GQ JAPANストアアプリからのダウンロード数は61,000[8]

GQ Men of the Year編集

2006年から「GQ Men of the Year」が日本でもスタートし、各分野で活躍した男性を毎年表彰している[9][10]

2012年には、「GQ Woman of the Year」として、草間彌生が初めて女性が受賞。

2013年には、GQ JAPANの創刊10周年を記念し、10年間活躍を続けてきた男性を称える「GQ Men of the Decade 2013」も合わせて表彰された[11]

2015年には今後さらなる活躍が期待される人を称えるとして、特別賞「Discovery of the Year」が創設され、第1回の受賞者はBABYMETALだった[12]

受賞者一覧編集

※ 肩書は表彰当時のもの。

第1回(2006年)
第2回(2007年)
第3回(2008年)
第4回(2009年)
第5回(2010年)
第6回(2011年)
第7回(2012年)
第8回(2013年)
第9回(2014年)
第10回(2015年)
第11回(2016年)[13]
第12回(2017年)
第13回(2018年)

その他賞受賞者編集

GQ Woman of the Year
GQ Men of the Decade 2013
特別賞

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集