Su-25 フロッグフットの機首部分に搭載されたGSh-30-2の砲口部
機体中心線から見て左側に装備されている

GSh-30-2ロシア語: ГШ-30-2)またはGSh-2-30は、ロシア航空機に装備される複砲身航空機関砲である。

GRAUによる名称は9A-623

概要編集

この火砲は、名称から誤解されやすいが、GSh-30-1と同系統ではなく、GSh-23と同様にガスト式駆動方式を用いたものである。

連射速度はおよそ3,000発/分。砲身長は1,500mmで、装甲貫徹力などに優れた劣化ウラン弾の発射能力を持つ。

Su-25 フロッグフットおよびIl-102試作のみ)攻撃機の固定武装とされたほか、ほかの機種にもガンポッドを用いて外付けする事が可能である。

派生系として、砲身に水冷式の冷却機構を追加装備して砲身長を2,400mmに延長し、発射レートを可変化したGSh-30Kがある。こちらを搭載するものにはMi-24P ハインドEの後期型がある。

性能諸元編集

GSh-30-2
GSh-30-2K
  • 設計者:KBP設計局
  • 形式:複砲身機関砲
  • 口径:30x165mm, 電気雷管
  • 動作方式:ガスト式
  • 長さ:2,944mm
  • 総重量:126kg
  • 発射レート:300-2,460rpm
  • 銃口初速:960m/s
  • 弾体重量t:386-404g
 
Mi-24Pに装備されたGSh-30K


参考文献編集

Koll, Christian (2009). Soviet Cannon - A Comprehensive Study of Soviet Arms and Ammunition in Calibres 12.7mm to 57mm. Austria: Koll. p. 303. ISBN 978-3-200-01445-9. http://www.russianammo.org.

関連項目編集