Googleの隠しコマンド一覧

ウィキメディアの一覧記事

Googleの隠しコマンド一覧(グーグルのかくしコマンドのいちらん)では、Google検索Googleが運営するサービス隠しコマンドないしはイースターエッグについてを一覧にしている。

Google検索編集

Google検索においてのコマンドは、一部機種およびウェブブラウザでは不可能なコマンドおよび、コマンド実行そのものが不可な可能性がある[1][2]

検索画面の変化編集

重力
「グーグル 重力」と検索して、一番上の検索結果のサイトにアクセスすることにより、検索画面が下方向に崩れ落ちる[1]。"Google Gravity"で検索することでも出てくる[2][3]。但し、「グーグル 重力」の結果は、現版のGoogle画面ではなく、旧版のGoogle画面である。
無重力
「グーグル無重力」と検索して一番上の検索結果のサイトにアクセスすると検索画面が、無重力空間のようにふわふわする。"Google Space"で検索してもよい。投げたりして遊ぶことができる。

検索結果画面の変化編集

一回転
「一回転」と検索すると検索結果画面が一回転する[4][2]。英語で"Do A Barrel Roll"と検索することでも同じ効果を得ることができる[4]
斜め
「斜め」[5]や"Askew"と検索すると検索画面が傾く。("tilt"は効果なし。)
blink
"<blink>"または"blink html"と検索をすると、検索結果本文の“blink”という言葉にblink要素と同一の効果が適用され、点滅する[6]

ミニゲームなどのプレイ編集

Zerg Rush
"Zerg Rush"と検索すると検索結果がシューティングゲームとなる[7]。このゲームでは検索結果を破壊する"O"が大量に出現し[5]、これに合わせて3回クリックすることで敵を撃破できる[8]。プレイ結果の共有をGoogle+で行うこともできる[9]
はてなブロック
スーパーマリオシリーズ30周年を記念し、2015年9月に「スーパーマリオブラザーズ」と検索することによって検索結果画面右に、はてなブロックが表示する仕様となっていた[10]。また、クリックするとコイン獲得時の「チャリン」という音がする。
パックマン
2010年5月にパックマン30周年記念として2日間プレイ可能であった[2]。注)現在も[google pacman]と検索することでパックマンのプレイが可能(2019/12/11確認)。playゲームアプリからでもプレイできる。
ソニック・ザ・ヘッジホッグ
Google検索で"ソニック"と検索するとソニック・ザ・ヘッジホッグが画面に表示され、タップすると音を出しながら回転する。タップし続けるとスーパーソニックへと変化する。
atari breakout
Google画像検索で"atari breakout"と検索することでブロック崩しで遊べる[11]
ライフゲーム
ライフゲーム」または"Conway's Game of Life"と検索することでライフゲームが遊べる。
マインスイーパ
マインスイーパ」または"minesweeper"と検索することでマインスイーパが遊べる[12]

その他編集

チャック・ノリスを探せ
検索欄に「Find Chuck Norris」(チャック・ノリスを探せ)または「Google Chuck Norris」[13](チャック・ノリスをググれ)などと入力して「I'm Feeling Lucky」ボタン(下の「google検索」の隣のボタン)を押すと、「Googleはチャック・ノリスを検索しません。なぜならあなたがチャック・ノリスを探すのではなく、チャック・ノリスがあなたを探し当てるからです。」というメッセージが表示される[2][13]。これはチャック・ノリス・ファクトと総称されるジョークの一種である。
人生、宇宙、すべての答え
人生、宇宙、すべての答え」と検索すると、計算画面が表示され、「42」という数字が表示される。元はダグラス・アダムズの小説「銀河ヒッチハイク・ガイド」の引用[2]
ユニコーンの角の数
the number of horns on a unicorn」(ユニコーンの角の数)と入力すると、電卓画面が表示され、その解として「1」という数字が表示される[7]
無限ループ
再帰」と検索すると、検索結果の最上部に「もしかして: 再帰」と表示される[8]。この文字列は「再帰」への検索結果にリンクしており、これをクリックすると再度、同じ検索結果が表示される[8]。同様の意味を持つ、英語の"recursion"でも同様のことができる[8]
ブルームーン
once in a blue moon」と検索すると、電卓画面が表示され、その解として「1.16699016 × 10^-8 ヘルツ」という数字が表示される。これは、19年に7回起こるブルームーンを1年で割った値である。

その他一覧編集

Google Earth
「ツール(T)」-「フライトシミュレータ」を選択することによって画面がフライトシミュレータ風の画面になる[2]
コナミコマンド
サービスのある問題を解決する手順として、「上上下下左右左右BA」、いわゆるコナミコマンドを打つ措置がとられている[14]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 知ってた?Google検索にゲームが出来る隠しコマンドがあった”. IROIRO (2015年9月16日). 2015年7月12日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 【Googleコマンド】あっと驚く「隠しコマンド」を10集めてみた!”. マイナビニュース (2013年7月16日). 2015年9月16日閲覧。
  3. ^ 「グーグル 重力」のI'm Feeling Lucky実行結果
  4. ^ a b ソル「Google検索で「一回転」と検索すると……? 「斜め」以外にも沢山あったオモシロ裏技」『ガジェット通信』、東京産業新聞社、2015年9月17日閲覧。
  5. ^ a b みゅうみゅう「【いくつ知ってる?】検索エンジンGoogleの遊び心がつまった 「仕掛け」とは」『NEWSポストセブン』、小学館、2015年8月2日、2015年9月17日閲覧。
  6. ^ McNamara Paul (2014年2月24日). “Google Easter Egg Leads to Story Behind 'Blink' Tag”. NetworkWorld.com. Network World. 2015年1月20日閲覧。
  7. ^ a b エンジニアの遊び心! Google検索<隠しコマンド編>”. ガジェット通信 (2014年11月11日). 2015年9月16日閲覧。
  8. ^ a b c d “見て楽しめるGoogle検索の裏ワザ10選”. マイナビニュース (マイナビ). (2015年6月13日). http://news.mynavi.jp/articles/2015/06/13/googlestick/ 2015年9月17日閲覧。 
  9. ^ Lance Whitney、湯本牧子、福岡洋一 (2012年4月28日). “グーグル検索の新イースターエッグ「zerg rush」--「O」の大群から検索結果を守れ!”. CNET Japan (朝日インタラクティブ). http://japan.cnet.com/news/service/35016680/ 2015年9月17日閲覧。 
  10. ^ めざせ1UP!? Googleに「マリオ」のハテナブロック出現”. ASCII.jp (2015年9月15日). 2015年9月16日閲覧。
  11. ^ ITTOUSAI「Google画像検索で『ブロック崩し』が遊べる隠しゲーム、アタリ Breakout 37周年」『Engadget日本語版』、AOL、2013年5月14日、2015年9月17日閲覧。
  12. ^ 長谷川 正太郎 (2018年11月9日). “あの「マインスイーパ」がGoogle検索から遊べる! ああ、また仕事の効率が……”. 窓の杜. 2018年11月19日閲覧。
  13. ^ a b Matthew Shaer (2009年10月6日). “Find Chuck Norris? Not on Google, you won't.”. クリスチャン・サイエンス・モニター. https://www.csmonitor.com/Technology/Horizons/2009/1006/find-chuck-norris-not-on-google-you-wont 2018年2月1日閲覧。 
  14. ^ みんな「上上下下左右左右BA」大好きだな! Google Play Musicの問題はコナミコマンドで解決できる”. ねとらぼ (2015年9月16日). 2015年9月4日閲覧。

関連項目編集