メインメニューを開く

Grateful Days」(グレイトフル・デイズ)は、Dragon Ashの5枚目のシングル1999年5月1日発売。発売元はビクターエンタテインメント

Grateful Days
Dragon Ashシングル
初出アルバム『Viva La Revolution
B面 Grateful Days (Remix)
Grateful Days (Unplugged Mix)
リリース
ジャンル ミクスチャー・ロック
ヒップホップ/ラップ
レーベル ビクターエンタテインメント
作詞・作曲 降谷建志ACOZEEBRA
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1999年度年間13位(オリコン)
  • 登場回数17回(オリコン)
  • Dragon Ash シングル 年表
    Let yourself go, Let myself go
    (1999年)
    Grateful Days
    I LOVE HIP HOP
    (1999年)
    Deep Impact feat. Rappagariya
    2000年
    テンプレートを表示

    解説編集

    前作「Let yourself go, Let myself go」から約2ヶ月という短い間隔で発売され、6枚目のシングル「I LOVE HIP HOP」との同時発売となった。品番の関係上、本作が5th、「I LOVE HIP HOP」が6thとなる。

    ゲストボーカルとして、ZEEBRAACOが参加。表ジャケットにはDragon Ash featuring Aco, Zeebraと表記。ランキング番組などでも"Dragon Ash featuring Aco, Zeebra"として紹介されている。

    発売週のオリコンシングルチャートでは、前作を上回る初登場3位を記録。この時は、L'Arc〜en〜Cielの「HEAVEN'S DRIVE」と宇多田ヒカルの「First Love」に阻まれたが、翌週に、その2作の週間売上を上回り(L'Arc〜en〜Cielは3週目)、バンド初のオリコンチャート1位を獲得する。同週には「Let yourself go, Let myself go」が7位(最高位は4位)、「I LOVE HIP HOP」は4位にチャートインしていた。最終的には90万枚を売り上げ、2016年現在同バンド最大のヒット曲となっている。また、ヒップホップの作品、ミクスチャー・バンドのシングルとしては共に初のオリコン1位獲得作品となった。

    トラックは、1993年に発売されたスマッシング・パンプキンズの「Today」のギターフレーズをサンプリングしている。

    現在でこそミクスチャー・バンドとして活動しているが、当時はヒップホップをメインジャンルとして専攻していたため、本作及び2003年アルバムHARVEST』発売以前の作品は、ヒップホップの楽曲として取り上げられることが主である。

    CDシングルの形態が従来の8cmから12cmに移行していたことに伴い、12cm盤のみで発売されている。8cm盤が発売されないのは、当時はまだ比較的珍しい試みであった。カップリング曲は新たに製作されず、リミックスを2曲収録している。

    COUNT DOWN TV』(TBS系)に出演した際は、名義がDragon Ashであるためか、ボーカルの降谷建志が歌う部分のみ流されていた。また、Dragon Ashは、他アーティストをフィーチャリングした曲は相手がいないとライブでは演奏しないので、Viva La Revolutionの横浜公演でZEEBRAをゲストに迎えて披露したきりである。

    2002年にZeebraの所属するKGDRの発表したアルバム「最終兵器」の収録曲「公開処刑」の中でZeebraが降谷を名指しで批判し、対立を表面化させた。そのためDragon AshはYouTubeにて過去に作成されたMVを公開しているが、本作のMVは公開されておらず、2007年と2012年にリリースされたベストアルバムにも収録されていない。ちなみにZeebraは、翌2000年の6月にソロで発売したアルバム『BASED ON A TRUE STORY』収録の「男の条件 featuring MACCHO, Q, BOY-KEN」で、「Grateful Days」における自身のパートの出だし部分「俺は東京生まれHip Hop育ち」を流用している。

    女性ラッパーの「DAOKO」が自身の作品「もしも僕らがGAMEの主役で/ダイスキ with TeddyLoid/BANG! 」の「もしも僕らがGAMEの主役で」のリリックの中で「平成生まれINTERNET育ち死にたい奴は大体友達」とこの曲のリリックを改変あるいは流用している。[1]

    バックに流れる演奏のコード進行はパッヘルベルのカノンをほぼ忠実にたどっており、メロディー自体もパッヘルベルのカノンをアレンジしたような雰囲気である[誰によって?]

    収録曲編集

    • 作詞・作曲:ACO、ZEEBRA and KENJI FURUYA
    • プロデュース:DRAGON ASH
    1. Grateful Days
    2. Grateful Days (Remix)
    3. Grateful Days (Unplugged Mix)

    参加ミュージシャン編集

    収録アルバム編集

    脚注編集

    [ヘルプ]
    1. ^ なお「もしも僕らがGAMEの主役で」での作詞はDAOKO本人である。