H&K G28(H&K G28 DMR(Heckler-und-Koch Gewehr28, Designated Marksman Rifle)とは、ドイツヘッケラー&コッホ社が開発した半自動式狙撃銃である。

H&K G28 DMR
CIMIC Joint Training, GER and ITA Army, Capo Teulada, Trident Juncture 15 (22678987186).jpg
演習でG28E2を構えるドイツ陸軍兵士
H&K G28 DMR
種類 軍用狙撃銃
製造国 ドイツの旗 ドイツ
設計・製造 ヘッケラー&コッホ
仕様
種別 狙撃銃
口径 7.62mm
銃身長 421mm
ライフリング 4条右回り 1:305mm(1:12″)
使用弾薬 7.62x51mm NATO弾
装弾数 10/20発
作動方式 ガス圧作動方式
ロテイティングボルト方式
全長 965mm/1,082mm(銃床最大伸長時)
重量
  • G28E2:5.8kg(銃本体のみ)
  • G28E3:5.15kg(銃本体のみ)
発射速度 半自動射撃のみ
銃口初速 780m/秒
有効射程 ~600/800m
(※搭載する光学機器により異なる)
最大有効射程 1,000m
歴史
設計年 2010年
製造期間 2011年-現在
配備期間 2011年-現在
配備先
関連戦争・紛争 アフガニスタン戦争
バリエーション
  • G28E2
  • G28E3
  • G28E
製造数 560(※2014年現在)
テンプレートを表示

目次

概要編集

21世紀に入り、ドイツ連邦軍選抜射手ライフル(マークスマンライフル)として長らく使用してきた、H&K G3自動小銃の狙撃銃型(H&K G3A3ZF及びH&K G3SG/1)の後継を検討した。

選定と実射試験は2010年3月より開始され、当初はH&K HK417に二脚を備えて狙撃照準眼鏡を搭載し、狙撃銃仕様とした「G27」が第1候補とされ、G27はG3の狙撃型に比べて携行性・操作性に優れると評価されたが、ドイツ連邦軍がアフガニスタン戦争へ参加した結果、それまでの想定よりも遠い距離で交戦する例が多く、HK417では遠距離射撃時における精度が不足しているとの判断が下され、同年7月、G27は一旦は不採用となった[注釈 1]。しかし、比較検討された銃の中で、HK417の民間向けモデルであるMR308(MR762)に精度の高い競技用銃身を使用したものの評価が高く、これを基にH&K社では若干の改修を加えたものを「DMR762」の名称で開発、DMR762は試験の結果、連邦軍の要求を満たしていると評価された。

DMR762の難点としては、銃本体だけで5.8kgの重量があり、狙撃照準装置他の付属装備を全て装着すると9kgを超える重量があるため、歩兵小隊の装備として用いる“マークスマンライフル”としては重すぎて運用に困難が伴う、との評価がなされたことであったが、これは高倍率の狙撃照準眼鏡と二脚、各種オプションを装着した、より狙撃に特化した“Standard”と、基本的には狙撃照準眼鏡のみを装着し、軽量であることを主眼とした“Patrol/Scout”の2タイプを製造・装備し、またこの2タイプを前線補給処レベルの作業でパーツを組み換えることにより変更可能な構成とすることで解決し[注釈 2]、DMR762は2011年8月、一部仕様を変更の上で「G28」の制式名称で採用され、同年12月よりドイツ連邦軍によってアフガニスタンで実戦に投入され、140セットが正式に発注された。2012年6月には更に140セットが追加発注されている。

G28はドイツ連邦軍が総計560セットを発注した他にはフランス軍において評価試験の結果採用が決定している[3]が、正式な発注はなされていない。また、DMR762はドイツ連邦警察(BPOL)によりG3SG/1及びPSG-1の後継として評価試験が行われている[4]。また、2014年にはハンドガードとロアレシーバーに改良を加えたG28Eが、アメリカ陸軍M110狙撃銃の更新を図るために2012年より開始したCSASS(Compact Semi-Automatic Sniper System:コンパクト半自動狙撃銃システム)計画の採用試験に参加するために開発され[5]、選考の結果、2016年4月1日、採用が決定し最大3,643 挺の導入が決定した[6]。H&K社では2016年から2017年にかけてまず15挺を納入し、試験的な実戦配備を行った上で、アメリカ陸軍の要求に応じてハンドガード、銃床、銃把、およびサプレッサーとトリガーシステムに改良を加えてゆく予定で、最終的にM110Aとして制式採用される段階では現行のG28Eとは大きく異なったものになる可能性がある、としている[7]

H&K社では他にもHK416/417を採用、もしくは導入を検討している国に対してG28の積極的なセールスを行っている他、DMR762をドイツを始めとした各国に法執行機関向けの狙撃銃として提案している。

特徴編集

G28は浸水対応性[注釈 3]を初めとした原型のHK416/417の持つ高い耐久性と堅牢さを備える上、標準弾を使用した場合で1.5 MOAの精度が保証されている[8]。アッパーレシーバーは基体であるHK417シリーズとは異なり、素材がアルミニウム合金ではなくスチールに変更されている[注釈 4]。構成部品の約75%、120点のパーツにはHK417シリーズと互換性があり、特に調整なく交換可能である。

銃身は冷間鍛造によって製造された421mm(16.57インチ)長の高精度なもので、機関部と接続されている銃身後端以外には支持点のない“フリーフローティングバレル”構造となっており、銃身の中程にあるガスブロック先端には亜音速弾の使用時に初速と精度の最適化を図ること、及び発砲を重ねた際にガスポートやシリンダーの能力が低下することに対応するための2段階可変式の規制子(ガスレギュレーター)が装備されている[注釈 5]。銃口部には5つのスリットを持つ大型の消炎器(フラッシュサプレッサー)が装着されている。

ハンドガードは銃身に接触しない“フリーフローティング式(無接触式)”の取付構造で、上下左右4面及びアッパーレシーバー上面にはNATO規格STANAG4694またはSTANAG2324及びMIL規格MIL-STD1913に適合するレイルシステムを備えており、光学照準器が使用できない状況に備えて折畳式(フリップアップ式)の照星と照門が装着されている。ハンドガードには銃身を消炎器の後端まで覆うロングタイプとガスチューブ部まで覆うタイプのショートタイプの2種類があり、工具を用いた組み換えにより変更できる[注釈 6]

作動形式は原型であるMR308(MR762)と同一のショートストロークピストン型ガス圧作動方式であり、機関部の構造も同一で、セミオートのみでフルオート機能はないため、セレクターは2段階式であることも同じである。セレクターは左右両側で操作できる両用式(アンビタイプ)となっており、ボルトキャッチはボタン部分がHK417/MR308に比べて大型のものとなり、周囲にL字型のガードが追加されている。トリガーガードは手袋を填めていても引き金を引きやすいように下方に湾曲した形状のものに変更されている[注釈 7]
銃床は“Fully Adjustable”と呼ばれる床底部(ショルダーパッド)と頬当て(チークパッド[注釈 8])の位置を細かく調整可能な伸縮式(テレスコピック型)のもので、HK417用の通常型の伸縮式銃床も部品の組み換えにより使用できる[注釈 6]

弾倉はHK417と同じく残弾確認の容易な半透明プラスチック製のものが用いられており、標準で装弾数10発のものを使用するが、HK417と同じ装弾数20発のものも使用可能である。

照準装置は光学照準器が標準装備され、シュミット&ベンダー(S&B)社製 PMII3-20x50もしくは PMII1-8x24 狙撃照準眼鏡のうちどちらかを選択[注釈 9]して搭載し、状況に応じて装備される追加機器として、ラインメタル LLM-01 レーザーポインター、AimPoint microT-1 ドットサイト、Qioptiq Merlin LR 外装式暗視装置[注釈 10]、InsightTechnology CNVD-T3熱線映像装置、jenoptik HLR15レーザー距離計、チークパッド、垂直型フォアグリップとハリス(Harris)社製の折畳式二脚が含まれる。 アフガニスタンでの戦闘に投入されるために発注されたこともあり、現行のモデルは全てタンカラー[注釈 11]となっているが、H&K社ではタンカラーの他に各種の迷彩塗装を施したものや、標準的な黒色系のモデルも生産可能としている。

各型及び派生型編集

G28
制式型。ドイツ連邦軍の他フランス軍で採用。
G28E2
基本(Standard)型。PMII3-20x50スコープを搭載、折畳式の二脚を標準的に備える他、各種の付属装備を装着する。銃床は調整可能な可変型が選択される。
G28E3
“G28 パトロール(Patrol)”もしくは“スカウト(Scout)”と呼ばれる軽量型で、PMII1-8x24スコープのみを搭載し、ハンドガードがショートタイプ[注釈 12]に、銃床がHK417と同じものになる等、-E2型を持ち運びに適したものとして軽量化が図られている。弾倉は20連型が標準となる。
G28E
アメリカ陸軍のCSASS(コンパクト半自動狙撃銃システム)計画の採用試験に参加するために開発された軽量型[5]。なお、“G28E”の名称だが前述の-E2型や-E3型よりも後に開発・発表されたモデルである。
G28E3を基に、ハンドガードをKeyMod式レイルシステムに似たもの[注釈 13]として軽量化し、OSS(Operators Suppressor Systems)社製のモジュラー式サプレッサーが装着されている[10]。ロアレシーバーはHK417A2/MR308A3に準じた、セレクターに加えてボルトリリースとマガジンキャッチがアンビタイプとなったものになっており、トリガーはストップスクリュー[注釈 14]が追加されている[11]
2016年4月にはCSASSとして選定され[6]、“M110A”の名称で制式採用されることが決定したが、今後も仕様には多くの変更が加えられる予定で[7]、M110Aとしての最終的な仕様は2016年現在では確定していない。
 
G28の原型であるH&K MR308
(10連弾倉装着時)
MR308/MR762
(MR762A1)
原型。H&K HK417の民間向けモデル。MR308はヨーロッパ市場向け、MR762はアメリカ市場向けのものの名称。2012年1月には一部仕様を変更した上で名称は「MR762A1」に統一されている。
MR762A1の銃身を高精度なものとし、銃床などをG28と同様のものとした民間向けモデルが、H&Kのアメリカ現地法人であるH&K Defence USA社から「MR762A1 L.R.P(Long Rifle Package)」の製品名で発売されており[注釈 15]。H&K社では民間市場向けの他、法執行機関向けの狙撃銃としても提案している。
H&K純正のオプションパーツを組み合わせてG28様の外観としたMR308/762を個人で製作するユーザーもおり、組込み済みのものがMR308/762のカスタムモデルとして「MR308-28」「MR308"G28 Look"」などの商品名で販売されている。
DMR762
法執行機関向けモデル。PMII3-20x50スコープを搭載、弾倉は10連型が標準となっている。ドイツ連邦警察に採用された。
当初はG28の試作型としてMR308を基に開発されたもので、G28E2と基本的に同一だが、消炎器の形状がHK417と同様である、ガスレギュレーターが装備されていない、銃床が調整可能なタイプではない、他の差異がある。

使用国編集

 
イタリア国家憲兵隊との合同演習でG28E2を構えるドイツ連邦軍兵士。弾倉は20連型が装着されている
(2015年10月の撮影)
組織名称 モデル 数量 導入年月 出典・参照元
  ドイツ ドイツ陸軍 G28E2/G28E3 560 2011年8月 [12]
ドイツ連邦警察局(BPOL) DMR762 評価試験の結果採用を決定 - [4]
  フランス フランス陸軍 DMR762/G28 評価試験の結果採用を決定 2013年 [4]
  トルコ トルコ国家憲兵隊 特殊部隊(SOC) G28E2 評価試験中 - -
  アメリカ合衆国 アメリカ陸軍 G28E(M110A) 15(実用試験用)/3,643(調達予定数) 2016年 [6][7]


登場作品編集

ゲーム編集

コール オブ デューティ ゴースト
G28E3が「MR-28」の名称で登場する。

参考文献・参照元編集

脚注編集

  1. ^ ドイツ連邦軍におけるHK417自動小銃に対する“G27”の制式番号は、2015年にアフガニスタン派遣部隊で発生したH&K G36の信頼性問題に対処するためにHK417を発注した[1][2]際に「G27P」として確定された。
    G28について、「HK417のドイツ連邦軍制式番号がG27で、その発展型の狙撃銃型がG28である」と解説されていることがあるが、公式にはG27の制式番号は試作の狙撃型のみに付けられた仮制式名称で、2015年にG27Pとして発注されるまではHK417そのものを指す包括的な制式番号とはされておらず、G28も公式にはあくまで「MR762(MR308)を基に新規に開発された」装備という位置づけである。
  2. ^ ただし、“Patrol/Scout”(G28E3)はドイツ連邦軍に実際に運用されている画像や映像がほとんど存在しておらず、実態としては状況に応じての組み換えは行われないまま“Standard”(G28E2)のみが用いられ、弾倉のみ状況に応じて容量の違うものを選択している模様である。
  3. ^ OTB(Over The Beach:上陸作戦の意)性能、と呼ばれるもので、バッファチューブとボルトキャリアに排水孔が設けられており、機関部に侵入した水を排出する。
  4. ^ そのため、G28はアッパーレシーバーとロアレシーバーの質感が異なっており、この点がMR308/762にG28風のパーツを組み合わせた民間向けのG28風モデル(MR308/762“G28 Look”)との大きな識別点である。
  5. ^ ロングタイプのハンドガードを装着した際は規制子の調節ノブが隠れてしまうため、ハンドガード上半部左側面の中程には調節ノブ操作用のスリットがある。
  6. ^ a b 基本構成としては“Standard”タイプはロングタイプ(16インチ長)のハンドガードと調整可能なタイプの銃床を、“Patrol”タイプはショートタイプ(9インチ長)のハンドガードと、HK417/MR308(MR762)と同じ伸縮式銃床を装備する。
  7. ^ これらの特徴はHK417/416、及びそれらの民間型の改良モデルにも採り入れられている。
  8. ^ 「チークピース」とも。頬付けの射撃姿勢の際に頬を置くための銃床の一部
  9. ^ 有効射程はPMII3-20x50装着時は800m、PMII1-8x24装着時は600mとなる。
  10. ^ 無倍率の暗視装置で、照準眼鏡の前方に装着して接眼部を通して照準眼鏡の視界に暗視映像を投影する方式の暗視装置。英語では“night vision adaptor”と呼ばれる。
  11. ^ 公式な色名称は「RAL-8000 green-brown」となっている。
    タンカラーは本銃の採用結果を受けてHK417及び416のラインナップにも採り入れられた。
  12. ^ 2015年には、ハンドガードの側面部分をKMR (KeyMod Modular Rail:KeyMod式レイルシステム)対応とした、MR308の最新型と同じ新型の軽量タイプとされているものが武器見本市に出展されている[9]
  13. ^ H&K社オリジナルのもので、上面にはピカティニー・レールがあり、側/下面のレイル取り付け用の孔がKeyMod式とは前後逆のパターンになっている。全体のデザインとしてはMR762の消音器装着型であるMR762A1-SDのハンドガードに十字型の肉抜孔を追加したような形状である。
  14. ^ トリガーがシアを開放した位置で停止するように引きしろを制限するための装置で、半自動銃の場合は主に必要以上にトリガーを引くことなく素早く次弾を発射できるようにすることを目的として装備される。また、発砲反動等により過剰にトリガーが引かれる(破損や故障の原因になる)ことを防ぐ作用もある。
  15. ^ 2015年からは一部仕様を変更の上「MR762A1 Long Rifle Package II」の製品名で販売されている。
    MR762A1 Long Rifle Package II(H&K-USA 公式ページ(※英語)

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集