メインメニューを開く

H.J.スノー(Henry James Snow、1848年 - 没年不詳)は、リッチリバー号の船長でイギリス探検家密漁従事者。日本北海道を拠点として千島列島を中心に活動した。

目次

概要編集

1872年頃に千島列島に到着。以後、10年間にわたり千島列島を探検、測量しながらラッコオットセイの密漁を行った。ラッコに関しては、8,000頭以上もの数を捕獲し、ラッコの個体数激減の原因を作った一人となる[1]

1884年には、千島列島の測量図を書き上げ英国女王に奉呈し、その功績により英国政府から叙勲された[2]。また、千島列島の風土を取りまとめた書籍(『In Forbidden Sea』)を書き上げた。これらの書籍や資料は、『千島列島黎明記』などに翻訳されて日本でも出版された。

関連項目編集

参考文献編集

[ヘルプ]
  1. ^ 寺沢孝毅『北千島の自然誌』 丸善(丸善ブックス)、1995年 62頁
  2. ^ 寺沢 (1995) 63頁

外部リンク編集