メインメニューを開く

HANGER 18/ハンガー18』(Hangar 18)は、1980年アメリカ合衆国SFアクション映画ゲイリー・コリンズ英語版ロバート・ヴォーンジェームズ・ハンプトン英語版フィリップ・アボット英語版ダーレン・マクギャヴィン出演。

HANGER 18/ハンガー18
Hangar 18
監督 ジェームズ・L・コンウェイ英語版
脚本 ケン・ペッタス
原案 トーマス・C・チャップマン
ジェームズ・L・コンウェイ
製作 チャールズ・E・セリアー・Jr英語版
出演者 ゲイリー・コリンズ英語版
ロバート・ヴォーン
ジェームズ・ハンプトン英語版
フィリップ・アボット英語版
ダーレン・マクギャヴィン
音楽 ジョン・カカヴァス英語版
撮影 ポール・ヒップ
編集 マイケル・スペンス
配給 サン・クラシック・ピクチャーズ英語版
公開 アメリカ合衆国の旗 1980年7月
日本の旗 劇場未公開
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $11,000,000[1]
テンプレートを表示

日本では劇場未公開でビデオスルーとなり、1987年にテレビ放送された[2]

ストーリー編集

宇宙飛行士のスティーヴ・バンクロフト、ルー・プライス、ジャド・ゲイツの3人は、アメリカが威信をかけたスペースシャトルからの人工衛星打ち上げというプロジェクトを任せられることになった。順調にスペースシャトルから衛星を打ち上げようとしたとき、レーダーに正体不明の物体が映り、衛星はその物体と衝突して爆発し、船外作業にあたっていたゲイツが巻き込まれて犠牲となってしまう。北アメリカ航空宇宙防衛司令部の調査で、物体は地球外の宇宙船だとの報告が出され、緊急事態警報を発令する。

地球に帰還したスティーヴとルーだが、大統領首席補佐官のゴードン・ケインらは間近に控える大統領選挙において、現在のテイラー大統領にとって不利となる要因をなくすため、空軍基地のハンガー18に運び込まれた謎の宇宙船を選挙期間の間隠蔽することを指示し、今回の事故の原因は全てスティーヴとルーの判断ミスだというデマをマスコミに流す。ミスによりゲイツを殺したという汚名を着せられた2人は、潔白を証明するために宇宙船が存在する証拠を探し出し、真実を世間に公表しようとする。しかし、捜索を進める2人の前に妨害行為をしてくる政府関係者らが現れる。

キャスト編集

※括弧内は日本テレビ版日本語吹替(初回放送1987年3月27日25:10-26:35 『金曜ナイトスクリーン』 放送タイトル「SF謎の宇宙船遭遇」)

スタッフ編集

日本語版スタッフ

  • 吹替翻訳 - 山田ユキ
  • 吹替演出 - 松川陸
  • 吹替音楽・効果 - 佐藤良介
  • 吹替調整 - 遠西勝三
  • 吹替スタジオ - ニュージャパンスタジオ
  • 吹替製作 - 日本テレビ、千代田プロダクション

参考文献編集

  1. ^ Hanger 18”. The Number. 2017年4月15日閲覧。
  2. ^ HANGER 18/ハンガー18”. allcinema. 2017年4月15日閲覧。

外部リンク編集