メインメニューを開く

HBCカップジャンプ競技会は、おおむね札幌市大倉山ジャンプ競技場で開催されるスキージャンプの大会。2016年は宮の森ジャンプ競技場で開催。北海道放送協賛。優勝賞金は各100万円。

目次

概要編集

第46回大会からは国内で唯一のノックアウト方式が採用されている。

歴代優勝者編集

成年の部編集

回数 日付 会場 氏名 所属 得点 1本目(m) 2本目(m)
1 1959年 大倉シャンツェ 吉沢広司 同和花岡 326.0 79.0 72.5 79.5 三飛躍三採用
2 1960年1月9日 大倉シャンツェ 菊地定夫 雪印乳業 337.6 75.0 85.0 84.5 三飛躍三採用
3 1961年3月3日 大倉シャンツェ 安達晟 国鉄北海道 219.6 86.0 90.0
4 1962年3月2日 大倉シャンツェ 菊地定夫 雪印乳業 214.5 81.5 68.5
5 1963年3月1日 大倉シャンツェ 笠谷幸生 余市スキークラブ 117.0 86.5
6 1964年3月5日 大倉シャンツェ 笠谷幸生 明治大学 255.2 79.0 86.0
7 1965年3月4日 大倉シャンツェ 藤沢隆 早稲田大学 228.4 95.0 94.5
8 1966年3月10日 大倉シャンツェ 藤沢隆 国土計画 213.4 87.5 83.5
9 1967年3月1日 大倉シャンツェ 青地清二 雪印乳業 222.8 79.0 90.5
10 1968年3月8日 大倉シャンツェ 藤沢隆 国土計画 219.4 96.0 98.0
11 1969年3月7日 大倉シャンツェ ヨセフ・マトウシュ チェコスロバキア 237.1 100.5 104.0
12 1970年2月25日 宮の森シャンツェ 斎藤幸三 芝浦工業大学 212.5 77.0 74.5
13 1970年12月28日 大倉山シャンツェ 笠谷幸生 ニッカウヰスキー 240.5 102.0 103.5
14 1972年1月8日 大倉山シャンツェ 青地清二 雪印乳業 225.2 102.0 98.5
15 1973年2月10日 大倉山シャンツェ 伊藤高男 専修大学 221.3 95.5 104.0
16 1974年3月4日 大倉山シャンツェ 笠谷幸生 ニッカウヰスキー 220.4 100.5 98.0
17 1975年2月22日 大倉山シャンツェ 金子茂 農材工業 248.0 108.0 107.0
18 1976年2月28日 大倉山シャンツェ ラインホルト・バハラー オーストリア 253.0 107.5 110.0
19 1977年2月26日 大倉山シャンツェ アロイス・リップブルガー オーストリア 209.4 98.5 97.5
20 1978年2月4日 大倉山シャンツェ 伊藤高男 国土計画 247.5 114.0 101.0
21 1979年2月24日 大倉山シャンツェ ペール・ベルゲルード ノルウェー 235.1 101.5 107.5
22 1980年3月1日 大倉山シャンツェ カリ・ユリアンティラ フィンランド 255.6 104.5 114.5
23 1981年2月28日 大倉山シャンツェ V.ヨルゲンセン ノルウェー 244.0 110.0 105.0
24 1982年3月6日 大倉山シャンツェ 八木弘和 たくぎん 241.2 104.0 106.5
25 1983年2月19日 大倉山シャンツェ A.ヒルナー オーストリア 251.8 116.5 103.0
26 1984年3月4日 大倉山シャンツェ 秋元正博 地崎工業 225.0 112.0 108.0
27 1985年2月15日 大倉山シャンツェ K.オール ノルウェー 196.8 108.0 99.0
28 1986年2月15日 大倉山シャンツェ 秋元正博 地崎工業 198.9 107.5 102.5
29 1987年2月28日 大倉山シャンツェ T.ペデルセン ノルウェー 183.9 92.5 116.0
30 1988年3月5日 大倉山シャンツェ 嶋宏大 地崎工業 200.9 107.5 111.0
31 1989年3月4日 大倉山シャンツェ 冨谷茂樹 東京美装 211.0 112.0 109.0
32 1990年3月3日 大倉山シャンツェ 上原子次郎 コクド 197.5 106.0 103.5
33 1991年2月23日 大倉山シャンツェ 東和広 日本空調サービス 227.0 113.5 119.0
34 1992年3月7日 大倉山シャンツェ 西方仁也 雪印乳業 241.5 123.5 116.5
35 1993年3月6日 大倉山シャンツェ 原田雅彦 雪印乳業 227.1 118.5 108.0
36 1994年3月5日 大倉山シャンツェ 荒天中止      
37 1995年2月25日 大倉山シャンツェ 伊藤直人 雪印乳業 231.7 121.0 108.0
38 1996年3月9日 大倉山シャンツェ 原田雅彦 雪印乳業 257.9 119.0 126.5
39 1997年3月8日 大倉山シャンツェ F.クリスマイヤー オーストリア 111.3 118.5  ─
40 1998年3月7日 大倉山シャンツェ 荒天中止        
41 1999年3月6日 大倉山シャンツェ 荒天中止        
42 2000年1月10日 大倉山シャンツェ 岡部孝信 雪印 229.1 112.0 125.0
43 2001年1月8日 大倉山シャンツェ 原田雅彦 雪印 284.1 132.5 134.5
44 2002年1月14日 大倉山シャンツェ 岡部孝信 雪印 284.4 131.0 139.5
45 2003年1月13日 大倉山シャンツェ 宮平秀治 ミズノ 256.7 117.0 139.5
回数 日付 会場 氏名 所属 得点 決勝記録(m)
46 2004年1月12日 大倉山シャンツェ 葛西紀明 土屋ホーム 148.9 140.5
47 2005年1月10日 大倉山シャンツェ 重松健太郎 東京美装 139.8 133.5
48 2006年1月9日 大倉山シャンツェ 吉岡和也 土屋ホーム 144.9 135.5
49 2007年1月8日 大倉山シャンツェ 荒天中止    
50 2008年1月14日 大倉山シャンツェ 高野鉄平 日本空調サービス 125.8 126.0
51 2009年1月12日 大倉山シャンツェ 岡部孝信 雪印 145.4 135.5
52 2010年1月11日 大倉山シャンツェ 伊東大貴 雪印 115.6 122.0
53 2011年1月10日 大倉山シャンツェ 伊東大貴 雪印 149.7 139.0
54 2012年1月9日 大倉山シャンツェ 小林潤志郎 東海大学 140.8 133.5
55 2013年1月14日 大倉山シャンツェ 清水礼留飛 雪印メグミルク 137.1 132.0
56 2014年1月13日 大倉山シャンツェ 伊東大貴 雪印メグミルク 133.5 130.0
57 2015年1月12日 大倉山シャンツェ 栃本翔平 雪印メグミルク 148.8 141.0
58 2016年1月11日 宮の森シャンツェ 伊東大貴 雪印メグミルク 140.5 101.0
59 2017年1月9日 大倉山シャンツェ K=123 中村直幹 東海大学 112.1 122.5
60 2018年2月25日 大倉山シャンツェ K=123 小林陵侑 土屋ホーム 142.2 137.0
61 2019年1月14日 大倉山シャンツェ 佐藤慧一 雪印メグミルク 135.7 134.5
  • 第52回大会の予選ラウンドで葛西紀明が145.0mのバッケンレコード・タイをマークした。

女子の部編集

回数 日付 会場 氏名 所属 得点 決勝記録(m)
50 2008年1月14日 大倉山シャンツェ 山田いずみ 神戸クリニック 132.1 132.0
51 2009年1月12日 大倉山シャンツェ 伊藤有希 下川中学校 77.0 102.5
52 2010年1月11日 大倉山シャンツェ 渡瀬あゆみ 神戸クリニック 120.0 111.0
53 2011年1月10日 大倉山シャンツェ 高梨沙羅 上川中学校 146.8 141.0
54 2012年1月9日 大倉山シャンツェ 葛西賀子 日本空調サービス 120.0 125.0
55 2013年1月14日 大倉山シャンツェ 茂野美咲 ライズJC 110.5 120.0
56 2014年1月13日 大倉山シャンツェ 伊藤有希 土屋ホーム 130.3 128.5
57 2015年1月12日 大倉山シャンツェ 伊藤有希 土屋ホーム 52.2 89.5
58 2016年1月11日 宮の森シャンツェ 高梨沙羅 クラレ 130.0 99.0
59 2017年1月9日 大倉山シャンツェ K=123 小林諭果 早稲田大学 96.5 115.5
60 2018年2月25日 大倉山シャンツェ K=123 勢藤優花 北海道ハイテクアスリートクラブ 87.9 111.0
61 2019年1月14日 大倉山シャンツェ 伊藤有希 土屋ホーム 119.4 126.0
  • 第53回大会準決勝で伊藤有希が139.5mの女子バッケンレコードをマーク、決勝では高梨沙羅が141.0mの女子バッケンレコードをマークした。

参考資料:北海道新聞縮刷版各年版、HBCカップジャンプ競技会開催要領

特別ルール:ノックアウト方式編集

  • 同じ「ノックアウト方式」の名称でもジャンプ週間で用いられる「『予選1位と同50位、同2位と同49位…同24位と同27位、同25位と同26位』が対戦して勝者25人とポイントの高い敗者上位5人(ラッキールーザー)が2本目に進む」というものとは異なる。
  • 参加選手全員により予選を行い上位16名(2015年以降は8名)がトーナメントに進む。
  • 予選、およびトーナメントすべてのラウンドは1回のジャンプで行なう。2015年以降は男子はトーナメント準決勝からとなっている。
  • トーナメント1回戦(16名)はペア(2名ずつ)で競い、それぞれの勝者8名が準決勝に進む。(2014年まで)
  • トーナメント準決勝(8名)もペア(2名ずつ)で競い、それぞれの勝者4名が決勝に進む。
  • トーナメント決勝は準決勝の勝者4名全員で順位(1位~4位)を決める。また1位が同点の場合は再試合(プレーオフ)を行なう。
  • 女子の部においては、予選上位4人がトーナメントに進み、準決勝(4人)、決勝ともペア(2人ずつ)で競う。

テレビ放送について編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ ちなみにこの日は平昌五輪最終日であった。
  2. ^ 開催当日は同じ北海道放送制作の特番『ニッポン千年のだし〜京都・大阪・沖縄・パリ・ハリウッド 北海道昆布が結ぶ、絆の物語〜』(15:00 - 16:24)が放送された。

出典編集

外部リンク編集