メインメニューを開く

HD 10307HR 483グリーゼ67)は、アンドロメダ座の方角、地球から約43光年離れた位置にある連星である[2]。主星は、太陽と似ている。伴星は赤色矮星だが、詳細は明らかではない。

HD 10307 A / B
星座 アンドロメダ座
視等級 (V) 4.95 / 11.0[1]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 01h 41m 47.1431421954s[2]
赤緯 (Dec, δ) +42° 36′ 48.443521767″[2]
視線速度 (Rv) 3.12 km/s[2]
固有運動 (μ) 赤経: 813.337 ミリ秒/[2]
赤緯: -171.027 ミリ秒/年[2]
年周視差 (π) 76.5204 ± 0.2142ミリ秒[2]
(誤差0.3%)
距離 42.6 ± 0.1 光年[注 1]
(13.07 ± 0.04 パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) 4.42 / 10.47[3]
Andromeda constellation map.svg
Cercle rouge 100%.svg
HD 10307の位置(丸印)
軌道要素と性質
軌道長半径 (a) 0.58 秒[4]
離心率 (e) 0.43[5]
公転周期 (P) 19.5 年[4]
軌道傾斜角 (i) 105°[4]
近点引数 (ω) 22°[4]
前回近点通過 1997.10 年[5]
物理的性質
半径 1.14 ± 0.04 R[6]
質量 0.97 / 0.29 M[7]
表面重力 21 G[8][注 2]
自転速度 3 km/s[9]
スペクトル分類 G1.5 V + M4 V[10]
光度 1.36 L[9]
表面温度 5,847 ± 25 K[8]
色指数 (B-V) 0.618[11]
色指数 (V-I) 0.67[11]
金属量[Fe/H] 0.041 ± 0.019[8]
年齢 5.6 ± 2.4 ×109[8]
別名称
別名称
BD+41 328, GJ 67, HIP 7918, HR 483, SAO 37434
Template (ノート 解説) ■Project

星系編集

HD 10307が連星であることは、最初年周視差固有運動を調べることで予想された[12]。更に測定データを増やし、また、スペックル干渉法も用いて、軌道要素恒星質量が推定され、連星であることが明らかになった[13]

HD 10307の2つの恒星は、離心率が0.43の楕円軌道を公転している[5]軌道長半径は0.58、HD 10307までの距離からすると7.4AUに相当するので、近星点では4.2AU、遠星点では11AU離れていることになる。公転周期は19.5年である[4]。主星と伴星の間の距離が短く、分離することが難しいので、質量や軌道要素は推定する方法によって大きくばらつく。

主星のHD 10307 Aは、G型主系列星で、太陽に性質が近いソーラーアナログといえる[14]。質量と金属量は概ね太陽程度で、温度と光度は太陽よりやや上である。活動は低調で、太陽でいうマウンダー極小と似たような状態にある恒星の候補の一つに挙げられている[15]。伴星のHD 10307 Bは、M型主系列星で、質量は太陽の2-3割程度とみられる[7]

SETI / METI編集

アリゾナ大学のターンブルとSETI研究所のターターは、近傍の生命居住可能星系カタログ(HabCat)の中でも、最も有望な地球外知的生命体探査の目標天体25個の一つに、HD 10307を挙げている[16]

主星と伴星の距離が比較的短い連星系では、ハビタブルゾーンが力学的に安定して存在できないことも考えられるが、HD 10307の場合は、主星と伴星それぞれの周囲にハビタブルゾーンが維持できる可能性がある領域が存在すると予想されている[17]

2003年7月6日には、HD 10307へ向けてMETIが行われている[18]。これは、"Cosmic Call 2"という計画によるもので、イェウパトーリヤにある直径70mのレーダーRT-70を使って、メッセージが送られた。このメッセージは、HD 10307へ2044年9月に到着する見込みである。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年は1÷年周視差(秒)×3.2615638より計算
  2. ^ 出典での表記は、 

出典編集

  1. ^ Mason, Brian D.; et al. (2018-02), “The Washington Visual Double Star Catalog”, VizieR On-line Data Catalog: B/wds, Bibcode2018yCat....102026M 
  2. ^ a b c d e f g HD 10307 -- Spectroscopic binary”. SIMBAD. CDS. 2018年8月23日閲覧。
  3. ^ Cvetkovic, Z.; Ninkovic, S. (2010-06), “On the Component Masses of Visual Binaries”, Serbian Astronomical Journal 180: 71-80, Bibcode2010SerAJ.180...71C, doi:10.2298/SAJ1080071C 
  4. ^ a b c d e Agati, J.-L.; et al. (2015-02), “Are the orbital poles of binary stars in the solar neighbourhood anisotropically distributed?”, Astronomy & Astrophysics 574: A6, Bibcode2015A&A...574A...6A, doi:10.1051/0004-6361/201323056 
  5. ^ a b c Söderhjelm, Staffan (1999-01), “Visual binary orbits and masses POST HIPPARCOS”, Astronomy & Astrophysics 341: 121-140, Bibcode1999A&A...341..121S 
  6. ^ Fuhrmann, Klaus (2011-07), “Nearby stars of the Galactic disc and halo - V”, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 414 (4): 2893-2922, Bibcode2011MNRAS.414.2893F, doi:10.1111/j.1365-2966.2011.18476.x 
  7. ^ a b Henry, Todd J.; et al. (1992-04), “Nearby solar-type star with a low-mass companion - New sensitivity limits reached using speckle imaging”, Astronomical Journal 103: 1369-1373, Bibcode1992AJ....103.1369H, doi:10.1086/116150 
  8. ^ a b c d Gonzalez, G.; Carlson, M. K.; Tobin, R. W. (2010-04), “Parent stars of extrasolar planets - X. Lithium abundances and v sini revisited”, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society (3): 1368-1380, Bibcode2010MNRAS.403.1368G, doi:10.1111/j.1365-2966.2009.16195.x 
  9. ^ a b Do Nascimento, J. D.; da Costa, J. S.; de Medeiros, J. R. (2010-09), “Rotation and lithium abundance of solar-analog stars. Theoretical analysis of observations”, Astronomy & Astrophysics 519: A101, Bibcode2010A&A...519A.101D, doi:10.1051/0004-6361/200811026 
  10. ^ Martin, C.; et al. (1998-12), “Mass determination of astrometric binaries with Hipparcos. III. New results for 28 systems”, Astronomy & Astrophysics Supplement 133: 149-162, Bibcode1998A&AS..133..149M, doi:10.1051/aas:1998459 
  11. ^ a b ESA (1997), The HIPPARCOS and TYCHO catalogues. Astrometric and photometric star catalogues derived from the ESA HIPPARCOS Space Astrometry Mission, ESA SP Series, 1200, Noordwijk, Netherlands: ESA Publications Division, Bibcode1997ESASP1200.....E, ISBN 9290923997 
  12. ^ Lippincott, S. L.; Lanning, J. J. (1976-03), “PGC 372, an Astrometric Binary”, Bulletin of the American Astronomcial Society 8: 360, Bibcode1976BAAS....8Q.360L 
  13. ^ Lippincott, S. L.; Braun, D.; McCarthy, D. W., Jr. (1983-04), “Astrometric and infrared speckle analysis of the visually unresolved binary BD+41°328”, Publications of the Astronomical Society of the Pacific 95: 271-274, Bibcode1983PASP...95..271L, doi:10.1086/131156 
  14. ^ Galeev, A. I.; et al. (2004-06), “Chemical Composition of 15 Photometric Analogues of the Sun”, Astronomy Reports 48 (6): 492-510, Bibcode2004ARep...48..492G, doi:10.1134/1.1767216 
  15. ^ Lubin, Dan; Tytler, David; Kirkman, David (2012-03), “Frequency of Maunder Minimum Events in Solar-type Stars Inferred from Activity and Metallicity Observations”, Astrophysical Journal Letters 747 (2): L32, Bibcode2012ApJ...747L..32L, doi:10.1088/2041-8205/747/2/L32 
  16. ^ Turnbull, Margaret C.; Tarter, Jill C. (2003-12), “Target Selection for SETI. II. Tycho-2 Dwarfs, Old Open Clusters, and the Nearest 100 Stars”, Astrophysical Journal Supplement Series 149 (2): 423-436, Bibcode2003ApJS..149..423T, doi:10.1086/379320 
  17. ^ Jaime, Luisa G.; Aguilar, Luis; Pichardo, Barbara (2014-09), “Habitable zones with stable orbits for planets around binary systems”, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 443 (1): 260-274, Bibcode2014MNRAS.443..260J, doi:10.1093/mnras/stu1052 
  18. ^ Zaitsev, Alexander L. (2006-10), Messaging to Extra-Terrestrial Intelligence, arXiv:physics/0610031, Bibcode2006physics..10031Z 

関連項目編集

外部リンク編集