メインメニューを開く

HENHEN事変(ヘンヘンじへん)は、かつて存在していた日本の女性お笑いコンビホリプロコムに所属していた[1]

HENHEN事変
HENHEN JIHEN
Henhen Jihen 2017-10-22.jpg
左から、アイドル鳥越、おおのまりあ(2017年10月)
メンバー おおのまりあ
アイドル鳥越
結成年 2015年[1]
解散年 2019年4月
事務所 ホリプロコム[1]
活動時期 2015年 -
出身 東京アナウンス学院
出会い 東京アナウンス学院
芸種 漫才コント
受賞歴
mysta festa 2018 優勝
テンプレートを表示

メンバー編集

来歴編集

二人は東京アナウンス学院で出会う。大野は芸能バラエティ科、鳥越は声優科に在籍[1]。同校主催のオーディションの時、二人とも同時期に芸能事務所の人に芸人を勧められたのがきっかけで二人ともお笑いの道に入る[1]2015年結成[1]。鳥越曰く、一人は寂しいから組むことにしたとのこと[12]

コンビ名は「生ハムとおしるこ」など大野が提示し、鳥越に任せた結果[1]、HENHEN事変に決定した。

その後ホリプロコムにスカウトされ、2016年4月より同事務所に所属となる[11][14]

AbemaTV『お願い!マンピンコン』2016年11月決勝大会にて第2位となる[18]

2018年2月25日に決勝大会(東京・スパイラルホール)が行われた「mysta festa 2018」にて優勝[19]

2018年5月26日、初単独ライブ「超絶アイドル『せーのっ らぶぅ♡』」(2回公演、東京・Eggman tokyo east)を開催した[20]

2019年4月15日、解散を発表。その後鳥越はピン芸人として、おおのは新たに相方を探す予定で、ともに芸人を続けている[21]。なお、HENHEN事変としての最後のライブ出演は同年4月12日のホリプロライブ(ゴールドプレート)だった[22]。ホリプロコムには鳥越だけが残り、おおのは退所した。おおのは2019年6月1日から「加藤悠の生き別れた妹」としているプロレスラーのHARUKAZEとのコンビ「ネバーギブアップ」を組んで活動している[9](ネバーギブアップとしてのライブ初出演は、2019年5月31日の『勝手に漫才GP』)[23]

芸風編集

以前は時事ネタを出して大野が説明し、それに対して鳥越が意見を出すという掛け合いなどの漫才をしていたが、その後鳥越の不細工ぶりを大野がいじり倒すというネタなどを展開していた[12]。ネタ中で小道具を使ったこともあった他、歌を歌ったり、客にサイリウムを持たせて踊らせたこともあった[9]。「知っている曲をアイドル風に変える」というネタも持っていた[19]

ネタの最後は必ず鳥越が「超絶可愛いー、とりちゃーん」のコールを発し[24]、大野が「これがメインです」などと言って締めるというパターンとなっていた。

コントのネタも持っていた。

出演編集

テレビ編集

以下はHENHEN事変解散後の出演

ラジオ編集

以下はHENHEN事変解散後の出演

WebTV編集

舞台編集

  • 暮らすフィクション(東京・明石スタジオ 2017年3月30日〜4月2日 鳥越のみ)[8]

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(305)】変なアイドルとマネージャー!?の異色漫才コンビ、HENHEN事変(1/3)”. サンケイスポーツ (2017年3月12日). 2017年5月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e スタ☆スケ 大野万里愛のプロフィール”. ザテレビジョン. KADOKAWA. 2017年5月10日閲覧。
  3. ^ a b c d 名古屋大学「Me~dia」2009年6月号(p.19)
  4. ^ a b c d e f g #外部リンク節掲載の「公式プロフィール」を参照。
  5. ^ ぷらんくしょん・やほし‏ twitter 2018年9月29日 8:44
  6. ^ a b c d e f HENHEN事変 おおのまりあ twitter 冒頭の自己紹介(2017年4月10日閲覧)より。
  7. ^ a b c スタ☆スケ アイドル鳥越のプロフィール”. ザテレビジョン. KADOKAWA. 2017年5月10日閲覧。
  8. ^ a b c 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(305)】変なアイドルとマネージャー!?の異色漫才コンビ、HENHEN事変(3/3)”. サンケイスポーツ (2017年3月12日). 2017年5月10日閲覧。
  9. ^ a b c 東京スポーツ 2019年7月21日 24面『馬鹿よ貴方は新道竜巳「女芸人馬鹿売れ前夜」』
  10. ^ アイドル大喜利王決定戦ホームページ 2014年
  11. ^ a b HENHEN事変 マネージャー大野 twitter 2016年3月19日(2017年4月10日閲覧)より。
  12. ^ a b c d 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(305)】変なアイドルとマネージャー!?の異色漫才コンビ、HENHEN事変(2/3)”. サンケイスポーツ (2017年3月12日). 2017年5月10日閲覧。
  13. ^ (twitter上の名義は、2017年9月時点では「おおのまりあ」)となっている。
  14. ^ a b c d オモプラニュース「声優志望で現役アイドルの女子が芸人になった理由」”. オモプラッタ (2017年4月19日). 2017年5月10日閲覧。
  15. ^ アイドル鳥越 HENHEN事変 twitter 2018年6月10日(2018年6月23日閲覧)
  16. ^ アイドル鳥越 HENHEN事変 twitter 2014年9月14日(2017年5月10日閲覧)
  17. ^ おおのまりあオフィシャルブログ「坂道アイドル放浪記」”. 『松井咲子の爆笑クレッシェンド』に出演させていただきました、坂道アイドルオタクの女芸人です。 (2019年1月6日). 2019年9月1日閲覧。
  18. ^ HENHEN事変 マネージャー大野 twitter 2016年11月21日(2017年4月10日閲覧)
  19. ^ a b 未来のスター芸人発掘!初代王者はアイドル?女性コンビ・HENHEN事変”. お笑いナタリー. 2018年5月14日閲覧。
  20. ^ HENHEN事変が初単独ライブ開催、アイドルさながらのグッズも”. お笑いナタリー (2018年4月13日). 2018年5月28日閲覧。
  21. ^ 【ご報告】” (日本語). ホリプロコム 公式twitter. 2019年4月15日閲覧。
  22. ^ 【ご報告】” (日本語). おおのまりあtwitter. 2019年4月17日閲覧。
  23. ^ おおのまりあtwitter 8:31 - 2019年6月1日
  24. ^ HENHEN事変 マネージャー大野 twitter 2016年6月26日(2017年4月10日閲覧)より。
  25. ^ アイドル鳥越twitter 5:51 - 2019年12月4日
  26. ^ サンドウィッチマンの天使のつくり笑い 2017年3月14日”. NHK (2017年3月14日). 2017年5月10日閲覧。
  27. ^ HENHEN事変 マネージャー大野‏ twitter(2017年5月25日)
  28. ^ HENHEN事変 おおのまりあ‏ twitter 2017年8月15日
  29. ^ 元AKB48・西野未姫がコンビ結成!?相方に整形告白の地下アイドルが浮上” (日本語). AbemaTIMES (2019年5月7日). 2019年5月8日閲覧。

動画編集

  1. ^ アイドル鳥越(2019.6ホワイト2位)”. ホリプロコムお笑いチャンネル. YouTube (2019年7月16日). 2019年8月13日閲覧。

外部リンク編集