HIROKO(ひろこ、1978年10月24日 - )は、日本女性総合格闘家。本名は山中 裕子(やまなか ひろこ)。千葉県木更津市出身。マスタージャパン所属。日本人離れした体格を生かしてスマックガールの4代目無差別級王者となった。

HIROKO
基本情報
本名 山中 裕子
通称 未完の女王
キャッツ・アイ
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1978-10-24) 1978年10月24日(41歳)
出身地 千葉県木更津市
所属 巴組
→B CREW
→マスタージャパン
身長 181cm
体重 77kg
階級 フェザー級
バックボーン 総合格闘技
テンプレートを表示

前職がSMクラブの女王様という異色の経歴の持ち主であり[1]、SMクラブ時代の源氏名「千晶」名義でキャットファイト作品に出演している。

来歴編集

アマチュア時代は特に格闘技歴はなかったが、藪下めぐみ高橋洋子に師事して格闘技を始め、2006年11月29日、スマックガール後楽園ホール大会でプロデビュー。キックボクサー村上リエを相手に3-0の判定で勝利しデビュー戦を飾る。

2007年3月11日、スマックガール無差別級トーナメント準決勝で女子プロレスラー唯我に3-0で判定勝ち。5月19日、スマックガール無差別級トーナメント決勝では武田美智子を2-1の僅差の判定で下し、同日無差別級王座を獲得した高橋洋子への挑戦権を獲得。9月6日には恩師の高橋を3-0の判定で下し、デビュー以来4戦無敗でスマックガール無差別級の4代目王者となった。

2007年11月に所属の巴組が活動停止となり、その後藪下のマネージメントからも離れ、フリーとして活動していたが、2008年2月20日に自らのチーム「B CREW」を立ち上げた[2]

2008年4月25日、スマックガールのWORLD ReMix TOURNAMENT 2008無差別級準決勝に急遽出場するも、赤野仁美腕ひしぎ十字固めで敗れプロ入り初めての敗戦を喫した。

2008年5月25日に女子キックボクシングのJ-GIRLSのリングで対戦相手を公募し、キックボクシングにも進出の意欲を見せた[3]

2008年11月16日、JEWELS 旗揚げ戦超弁慶と対戦し、判定勝ちを収めた。

2009年2月4日、JEWELS 2nd RING武田美智子と対戦し、2R右ストレートでTKO勝ちを収めた。

2009年5月16日、JEWELS 3rd RINGシャノン・フーバーと対戦し、長い足を生かしたローキックを効果的に決めて3-0の判定勝ちを収めた。

2009年8月23日、シュートボクシングGirls S-cup 2009」でシュートボクシングルールに初挑戦し、超弁慶にTKO勝ち。

2010年3月19日、JEWELS 7th RINGのメインイベントで赤野仁美と約2年ぶりに再戦し、2-1の判定勝ち。海外進出を目標にこの試合に向け約10kgの減量を行い[4]、試合後にはStrikeforce世界女子フェザー級王者クリスチャン・サイボーグとの対戦を目標に掲げた[5]

2010年5月23日、JEWELS 8th RING江本敦子と対戦し、3-0の判定勝ち[6]

2010年8月29日、Girls S-cup 2010で行なわれたJEWELSマッチでサンディ・ファーナーと対戦し、前腕チョークで一本勝ちを収めた[7]。当初は北京オリンピック女子レスリング63kg級銅メダリストであるランディ・ミラーと対戦予定であったが[8]、腰の負傷による欠場のため対戦相手が変更となった[9]

2010年12月17日、JEWELS 11th RINGモーリー・ヘイゼルと対戦し、2Rに3度のダウンを奪いTKO勝ちを収めた[10]。当初はランディ・ミラーとの対戦が発表されていたが[11]、ミラーが怪我で欠場となったため対戦相手が変更された。

2011年7月9日、JEWELS 15th RINGエスイと対戦し、2R2分20秒、腕ひしぎ十字固めで一本勝ちを収めた。

2011年12月17日、Strikeforceに初参戦、Strikeforce: Melendez vs. Masvidalにてクリスチャン・サイボーグの保持する女子フェザー級王座に挑戦したが、1R開始わずか16秒でTKO負けを喫した。 その後、サイボーグのドーピング規定違反と、これによる当該試合の無効が主催者側から発表された。

2013年8月6日、自身のブログ上にて7月31日をもって引退したことを発表した。

戦績編集

プロ総合格闘技編集

総合格闘技 戦績
15 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
12 2 2 8 0 0 1
3 0 1 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× エジアネ・ゴメス 3R終了 判定0-3 Invicta FC 4: Esparza vs. Hyatt 2013年1月5日
× ジャーメイン・デ・ランダミー 3R終了 判定0-3 Strikeforce: Rousey vs. Kaufman 2012年8月18日
クリスチャン・サイボーグ ノーコンテスト(薬物検査失格) Strikeforce: Melendez vs. Masvidal
【Strikeforce女子フェザー級タイトルマッチ】
2011年12月17日
エスイ 2R 2:20 腕ひしぎ十字固め JEWELS 15th RING
【JEWELS特別ルール(パウンドあり)】
2011年7月9日
モーリー・ヘイゼル 2R 3:12 TKO(3ノックダウン:パンチ連打) JEWELS 11th RING
【JEWELS特別ルール(パウンドあり)】
2010年12月17日
サンディ・ファーナー 1R 1:45 前腕チョーク SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT Girls S-cup 2010
【JEWELS特別ルール(パウンドあり)】
2010年8月29日
江本敦子 5分2R終了 判定3-0 JEWELS 8th RING 2010年5月23日
赤野仁美 5分2R終了 判定2-1 JEWELS 7th RING
【JEWELS特別ルール(パウンドあり)】
2010年3月19日
シャノン・フーパー 5分2R終了 判定3-0 JEWELS 3rd RING 2009年5月16日
武田美智子 2R 3:25 TKO(右ストレート) JEWELS 2nd RING 2009年2月4日
超弁慶 5分2R終了 判定3-0 JEWELS 旗揚げ戦 2008年11月16日
× 赤野仁美 2R 3:10 腕ひしぎ十字固め SMACKGIRL WORLD ReMix TOURNAMENT 2008 準決勝
【WORLD ReMix TOURNAMENT 2008 無差別級 準決勝】
2008年4月25日
高橋洋子 5分3R終了 判定3-0 SMACKGIRL 2007 〜女王たちの一番熱い夏〜
【SMACKGIRL無差別級女王タイトルマッチ】
2007年9月6日
武田美智子 5分2R終了 判定2-1 SMACKGIRL 2007 〜最強はUSAだと女王は言った〜
【スーパーギャルズミックス杯 無差別級トーナメント 決勝】
2007年5月19日
唯我 5分2R終了 判定3-0 SMACKGIRL 2007 〜女王は新宿の夜を赤く染るか?〜
【スーパーギャルズミックス杯 無差別級トーナメント 準決勝】
2007年3月11日
村上リエ 5分2R終了 判定3-0 SMACKGIRL 2006 〜極女伝説〜
【スーパーギャルズミックス杯 無差別級トーナメント 1回戦】
2006年11月29日

アマチュア総合格闘技編集

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
まりぃ015 4分1R終了 ドロー S-KEEP "EGGS FIGHT4"
【アマチュアスマックガール公式戦 SGS-Fルール】
2006年5月14日

グラップリング編集

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 塩田さやか 1:24 腕ひしぎ十字固め Giグラップリング2008
【QUEEN TOURNAMENT エキスパート 無差別級 準決勝】
2008年8月31日
内藤晶子 0:46 腕ひしぎ十字固め Giグラップリング2008
【QUEEN TOURNAMENT エキスパート 無差別級 2回戦】
2008年8月31日
× ロクサン・モダフェリ アドバンテージ判定0-1 SMACKGIRL GRAPPRING QUEEN TOURNAMENT 2006
【無差別級トーナメント 1回戦】
2006年7月23日

シュートボクシング編集

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
超弁慶 1R 0:57 TKO(レフェリーストップ:肩の脱臼) SHOOT BOXING GIRLS TOURNAMENT Girls S-cup 2009 2009年8月23日

獲得タイトル編集

  • スーパーギャルズミックス杯 無差別級トーナメント優勝(2007年)
  • 第4代SMACKGIRL無差別級女王(2007年)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集