メインメニューを開く

HITACHI FAN! FUN! TODAY

HITACHI FAN! FUN! TODAY』(ヒタチ・ファン・ファン・トゥデイ)は1986年4月 - 1990年3月までニッポン放送が制作し、NRN系列のラジオ局で放送された音楽情報番組。担当パーソナリティはニッポン放送アナウンサー上柳昌彦[1]

HITACHI FAN! FUN! TODAY
ジャンル 音楽番組
放送方式 生放送(ネット局では録音放送)
放送期間 1986年4月7日 - 1990年3月29日
放送時間 月曜日 - 木曜日、24:00 - 24:30
放送局 ニッポン放送
ネットワーク NRN
パーソナリティ 上柳昌彦
テーマ曲 久保田利伸「FAN! FUN! TODAYのテーマ」(番組オリジナル)
提供 HITACHI
特記事項:
ニッポン放送を除くネット局では金曜日も放送。
テンプレートを表示

目次

番組形態と放送時間編集

前番組の『日立・ミュージック・イン・ハイフォニック』〜『HITACHI MUSIC INN(日立ミュージック・イン)』同様、日立製作所による単独提供(通称『日立枠』)で、ローカルセールスの形態は取らず、全国同一スポンサーによるオンエアであった。

キー局であるニッポン放送では月曜から木曜まで、深夜0時からの30分間で、ニッポン放送の平日24時台としては、当番組が初めてのベルト生放送番組であった。「コッキーポップ」の終了を受けて、1986年11月にスタートする、24:40からの『ぽっぷん王国』も、同様に生放送。 なお、当番組のネット局は編成上の都合から生放送同時ネットは不可能であった[2]。ニッポン放送ではこれに対応するため、別に録音版を毎週水・木曜日に収録、翌週分としてNRNラインで配信していた(但し、ゲスト出演回などの一部は生放送分を編集して送出)。ネット局向けはニッポン放送と違い、月曜から金曜までの放送(放送時間は同じく30分)であった。 また、「ぽっぷん王国」についても同様の措置を採っていた(但し、金曜日放送分はネット各局での自社制作。ニッポン放送では放送なし)。
なお、金曜は放送していないスタンスを利用して、1989年3月31日金曜深夜は放送開始が4月1日00:00であることからエイプリルフール特別企画として裏番組であるTBSラジオSURF&SNOW』に上柳が、当番組には松宮一彦アナウンサーが出演するという大胆な相互乗り入れ企画を行ったこともある。

番組テーマ曲とジングルには、当時デビューして間もない久保田利伸を起用していた(一時期、木曜日のみレギュラー出演もしていた)。

録音版では、当時黎明期に入っていたパソコン通信を用いて、海外の芸能情報などを紹介する「FAN! FUN! TODAY Livenet」というコーナーを設けていた。

おもなコーナー編集

  • ゲスト(週1回程度。レイティングの時には日替わりで毎日登場することも)
  • FAN FUN勢力地図(録音版のみのコーナー。金曜日)
  • ライブネット(パソコン通信を使った世界の音楽情報。当時、番組ではホスト局を開設していた)
  • ヘヴィメタ歌謡選手権
  • わがまま人間の、わがまま気分による、わがままリクエスト
  • ウナギマンショー(スネークマンショーのパロディ)
  • 得するFan!Fun!Call
  • Fan!Fun!Adventure ~ブルースカイの謎
  • BAKI・BAKI・JUKE・BOX (久保田利伸羽田一郎と一緒に出演)
  • あきらめようたって ダメさ

備考編集

番組終了に関する事情編集

1990年春の改編をもって、スポンサーの日立製作所が帯番組から撤退することになり、番組も終了。後番組としてローソン提供による『ブッタマほっとステーション』(ニッポン放送は『内海ゆたおの夜はドッカーン!』に内包)がスタートしたが、実質NRN系列のフルネットだった『FAN! FUN!TODAY』と違い、ネット局は十数局程度にとどまった。理由としては、この時期から多くの地方局が独自の夜ワイド制作などに力を入れ始め、編成上の障害となる30分帯番組のネットを敬遠したことなどが挙げられる。

なお日立枠は帯番組から撤退後、週1回(主に週末)となり「HITACHI CRESCENT TIME」(ヒタチ・クレッセント・タイム)のタイトルとして放送され(参照)、引き続き全国のNRN系列にネットしたものの、その枠自体も1998年9月末に廃止された。

一方、パーソナリティであった上柳アナは昼時間帯の日曜午前枠「上柳昌彦のベストヒットサンデー」に担当時間を移動した(1992年4月終了)。

「HITACHI CRESCENT TIME」のタイトル冠がついた放送編集

中山美穂 P.S. I LOVE YOU(日立枠は1990年4月 - 1992年4月。日立枠が外れた以降も放送)
  • この放送のみ1時間番組。以下は30分番組。
工藤静香 素敵にFeel So Good(日立枠は1992年4月 -1994年3月)
内田有紀 夜空にYOU KISS!(日立枠は1994年4月 - 1995年9月 日立枠が外れた以降も放送)
  • 1994年4月-1995年9月のころのネット局はこちらで参照。
森高千里STEP BY STEP(日立枠は1995年10月 - 1998年3月)

「HITACHI CRECENT TIME」終了後編集

うえちゃんの日立おっかけトーク (ニッポン放送では「うえちゃんの花の土曜日おっかけラジオ」枠内で放送)
KOASAくんの日立ほっとトーク (ニッポン放送では「土曜だ!いい朝KOASAクン」枠内で放送)

ネット局に関する事情編集

この番組は、NRN系列局が複数加盟している北海道では北海道放送関西地方ではラジオ大阪へネットされた。またJRN単独系列の琉球放送山陽放送(当時)にもネットされた(日立枠が週1回になった後もそのまま撤廃されるまで放送された)。

なお、沖縄県の本来のNRN系列局であるラジオ沖縄では、当番組ではなく、当時ライバルの電機メーカーであるシャープの提供で「シャープと共に」というローカルのリクエスト番組が放送された。放送時間が一時期当番組の裏に当たったこともある。

放送されていた局・放送時間編集

ニッポン放送以外の各局はいずれも月曜日から金曜日までの放送

ニッポン放送 月曜~木曜24時台前半
前番組 番組名 次番組
HITACHI FAN! FUN! TODAY
ニッポン放送 日立スポンサー枠
HITACHI FAN! FUN! TODAY
中山美穂 P.S. I LOVE YOU
※ここから週1回の放送

脚注編集

  1. ^ 当番組開始までは、オールナイトニッポンの月曜2部のパーソナリティを務めていた(担当期間は1983年4月 - 1986年3月)
  2. ^ NRNの平日24時台は、文化放送の担当枠になっていたことから、NRNラインを使用して同時生放送を行うことはできなかった。