メインメニューを開く
L'Arc〜en〜Ciel > ディスコグラフィ > HONEY (L'Arc〜en〜Cielの曲)

HONEY」(ハニー)は、日本のロックバンドL'Arc〜en〜Cielの10作目のシングル1998年7月8日発売。発売元はKi/oon Records

HONEY
L'Arc〜en〜Cielシングル
初出アルバム『ray
リリース
規格 8cmシングル
12cmシングル(再発)
ジャンル ロック
時間
レーベル Ki/oon Records
作詞・作曲 hyde
プロデュース L'Arc〜en〜Ciel
岡野ハジメ
ゴールドディスク
  • ミリオン(CD
  • プラチナ(シングルトラック)
※ いずれも日本レコード協会認定
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 初登場2位(オリコン)
  • 週間20位(再発盤・オリコン)
  • 1998年7月度月間1位(オリコン)
  • 1998年8月度月間3位(オリコン)
  • 1998年9月度月間17位(オリコン)
  • 1998年度年間7位(オリコン)
  • 登場回数33回(オリコン)
L'Arc〜en〜Ciel シングル 年表
DIVE TO BLUE
(1998年)
HONEY
花葬
浸食 〜lose control〜
(1998年)
snow drop
(1998年)
ray 収録曲
It's the end
(2)
HONEY
(3)
Sell my Soul
(4)
テンプレートを表示

解説編集

花葬」、「浸食 〜lose control〜」の2作と併せ、シングル3作同時発売された内の一作。現在までL'Arc〜en〜CielのCDシングル作品では最大の売上を記録(123万枚)しており、2006年の12cm盤の再発で自己最高売上を8年振りに更新した。

この3作同時発売は当時としては非常に稀なことでマスコミなどの各メディアでとり上げられた。また、この頃より映像ディレクターの箭内道彦がテレビCM、新聞広告のディレクションに携わるようになった。本作リリース前に放映されたCMでは、プロレスラー藤原喜明が出演している。

オリコンウィークリーチャートで、初登場は2位[1]だったが翌週に1位を獲得し、「winter fall」から3作連続3作目のオリコンシングルチャート首位獲得となった。さらに、L'Arc〜en〜Cielのシングル作品としては、初のミリオンセラーを記録した(アルバムは1996年発売の4thアルバム『True』で記録)。

カップリング曲には、同発の「花葬」が収録される予定だったが、急遽シングルカットされたため表題曲のみとなっている。

2007年12月26日に行われた、所属事務所主催によるイベント「JACK IN THE BOX 2007」にてhydeとTERUTAKUROGLAY)が「誘惑」と共にセッションした[2]。また、2016年にはhydeと親交の深い、ロックバンド・BREAKERZのボーカル、DAIGO女優北川景子の結婚式において、hydeとGLAYメンバー4人が本楽曲を披露している。

収録曲編集

  1. HONEY
    NTTパーソナル関西」CMソング、及びTBS系番組『スーパーサッカー』エンディングテーマ。
    2016年にはTOKYO MXBS11系アニメ『ReLIFE』第4話エンディングテーマに起用された。
    オーバーダビングも少ない上、シンセサイザーによるアレンジもなく、シンプルにギターベースドラムというバンドサウンドだけで構成されており、L'Arc〜en〜Cielのシングル作品としては珍しい楽曲となっている[3]。また、プリプロダクションとして予定されたスケジュールで完成した為[3]、後年プロデューサーの岡野ハジメもメンバーも「レコーディングの記憶がない[3][4]」と当時を述懐している。
    ちなみに、本楽曲はhydeがファンクラブイベントである「ハワイ・アン・シエル」で訪れたホノルルで夕日を見ながら書き上げたことから、「ホノルルの夕べ」という仮タイトルだった。また、この曲で『第49回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たしている。
    後に、パートチェンジバンドP'UNK〜EN〜CIELでリアレンジされ、30thシングル「SEVENTH HEAVEN」のカップリングに収録している。また、2015年には本楽曲のアコースティックバージョンが40thシングル「Wings Flap」のカップリング曲として収録された。また、2019年にはHYDEがソロシングル「MAD QUALIA」のカップリングで楽曲をリアレンジしセルフカバーした。
    2018年に開催されたロック・フェスティバルVIVA LA ROCK 2018」にて、山中拓也(THE ORAL CIGARETTES)がセッションバンド、"VIVA LA J-ROCK ANTHEMS"[5]として本楽曲をカバーしている[6]

参加ミュージシャン編集

カバー編集

収録アルバム編集

オリジナルアルバム
ベストアルバム
コンピレーションアルバム

関連事項編集

脚注編集

  1. ^ 1位はB'zの「HOME」だったが、累計売り上げは本作や「花葬」が上回っている。
  2. ^ 他のセッションメンバーは、ギター,弐(ギルガメッシュ)、ベース,明希(シド)、ドラム,SATOちムック)。
  3. ^ a b c 『ray 15th Anniversary Expanded Edition』特典DVD、2006年
  4. ^ ラジオ番組『やまだひさしのラジアンリミテッドDX』2004年3月3日放送分
  5. ^ 他のセッションメンバーは、ベース,亀田誠治、ギター,加藤隆志(東京スカパラダイスオーケストラ)、ギター,津野米咲(赤い公園)、ドラム,ピエール中野(凛として時雨
  6. ^ VIVA LA J-ROCK ANTHEMS【Ba:亀田誠治/Gt:加藤隆志(東京スカパラダイスオーケストラ)/Gt:津野米咲(赤い公園)/Dr:ピエール中野(凛として時雨) 】 - VIVA LA ROCK 2018 Flash Report