メインメニューを開く

HUNGRY』(ハングリー)は、日本のミュージシャンである長渕剛の8枚目のスタジオ・アルバムである。

HUNGRY
長渕剛スタジオ・アルバム
リリース
録音 エピキュラススタジオ
河口湖スタジオ
ジャンル ポピュラー
フォークソング
ロック
時間
レーベル 東芝EMI/エキスプレス
プロデュース 長渕剛
チャート最高順位
長渕剛 アルバム 年表
HOLD YOUR LAST CHANCE
1984年
HUNGRY
1985年
LOVE SONGS
1986年
EANコード
『HUNGRY』収録のシングル
  1. 久しぶりに俺は泣いたんだ
    リリース: 1985年3月30日
  2. 勇次
    リリース: 1985年7月22日
テンプレートを表示

プロデューサーは長渕自身が担当している。前作に続きロックサウンドを追及した作品であり、本作ではバックバンドを従えてさらにバンドサウンドを意識したものとなっている。

先行シングル「久しぶりに俺は泣いたんだ 」、「勇次」を収録している。

オリコンチャートでは最高位4位となった。

背景編集

前作『HOLD YOUR LAST CHANCE』(1984年)リリース後、長渕は8月28日の宮崎市民会館より翌1985年1月9日の日本武道館に至るまで、全国35都市全41公演におよぶライブツアー「LIVE'84 - '85 HOLD YOUR LAST CHANCE」を開催した[1]

その後、本作の先行シングルとして3月30日に「久しぶりに俺は泣いたんだ」(1985年)をリリース、7月22日には「勇次」(1985年)をリリースした。

音楽以外の活動としては、前年10月よりTBSラジオスーパーギャング』の木曜日のパーソナリティーを担当し[2]、1985年3月まで放送する事となった他、4月5日には自身が主演したテレビドラマ『家族ゲームスペシャル』(1985年)が放送された[3]

音楽性編集

文芸雑誌『別冊カドカワ 総力特集 長渕剛』では、「ブルース・スプリングスティーンにEストリート・バンド、ニール・ヤングにはクレイジー・ホースがいるように、長渕剛もThe Band of Spiritsを従えた」、「前作で見事に発芽した長渕イズムがさらに大きく葉を広げる」と表記されている[4]

文芸雑誌『文藝別冊 長渕剛 民衆の怒りと祈りの歌』では、「このアルバムのテーマは、一〇代のころ、だれもがもっていたハングリーさをとりもどそうということである」と表記されている[5]

リリース編集

アルバムは1985年8月22日東芝EMIのエキスプレスレーベルよりレコードカセットテープCDの3形態でリリースされた。

その後、CDのみ2006年3月8日に24ビット・デジタルリマスター紙ジャケット仕様で再リリースされた[6]

プロモーション編集

本作に関連するプロモーションとしては、シングル「久しぶりに俺は泣いたんだ」にて初となるプロモーション・ビデオが制作された他、フジテレビ系音楽番組『夜のヒットスタジオDELUXE』(1985年 - 1989年)に4月24日に出演し同曲を演奏、また「勇次」に関しては7月31日に同番組で演奏した他、日本テレビ系音楽番組『歌のトップテン』(1986年 - 1990年)に出演し演奏した。

さらに、本作の収録曲をすべて使用したビデオ『HUNGRY』(1985年)がリリースされている(後述)。

アートワーク編集

ジャケット写真に写っている長渕は、それまでのトレードマークともいえる長髪がカットされており、若干のメイクアップが施されている。

ツアー編集

本作を受けてのコンサートツアーは「LIVE'85 - '86 HUNGRY」と題し、1985年8月26日の千葉県文化会館を皮切りに52都市全62公演が行われた[1]。しかし、1986年1月22日日本武道館公演を最後に過労によりダウンし、重度の状態のため残り全ての公演がキャンセルとなった。

批評編集

専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典評価
CDジャーナル肯定的[7][8]
別冊カドカワ 総力特集 長渕剛肯定的[4]
  • 音楽情報サイト『CDジャーナル』では、「男の生きざまがぷんぷんと臭ってくるようだ。スティール・ギターを泣かせてるところなどブルースのフィーリングを感じさせる」[7]、また「グレッグ・ラダニーをミキサーに迎えて、本格的なロック・サウンドを展開。スティール・ギターなどを使用し、ブルース・ロック的な雰囲気も感じさせる」と肯定的な評価を下している[8]
  • 文芸雑誌『別冊カドカワ 総力特集 長渕剛』では、「収録曲『明日へ向かって』『勇次』『STANCE』は近年のライブでもたびたび歌われるのだが、25年以上前の曲とは思えないほど、何の違和感もない。何の矛盾もない。それは主義主張を貫いている証明だ」と肯定的な評価を下している[4]

チャート成績編集

オリコンチャートでは最高位4位となり、売り上げは約9万枚となった[3]。また、2006年の再発版では最高位247位となった[9]

収録曲編集

A面
全作曲: 長渕剛。
#タイトル作詞作曲・編曲編曲時間
1.HUNGRY長渕剛長渕剛瀬尾一三、長渕剛 & The Band of Spirits
2.STANCE長渕剛長渕剛長渕剛 & The Band of Spirits
3.生意気なパートナー長渕剛長渕剛瀬尾一三、長渕剛 & The Band of Spirits
4.QUEEN長渕剛長渕剛The Band of Spirits
5.久しぶりに俺は泣いたんだ長渕剛/Special Thanks:秋元康長渕剛瀬尾一三、長渕剛 & The Band of Spirits
B面
#タイトル作詞作曲・編曲編曲時間
6.勇次長渕剛 瀬尾一三、長渕剛 & The Band of Spirits
7.逆転ブルース松井五郎 瀬尾一三 & The Band of Spirits
8.明日へ向かって長渕剛 浜田良美、長渕剛
9.太陽へ続くハイウェイ長渕剛 長渕剛 & The Band of Spirits

曲解説編集

A面編集

  1. HUNGRY
  2. STANCE
  3. 生意気なパートナー
  4. QUEEN
  5. 久しぶりに俺は泣いたんだ
    13枚目のシングル曲。シングル盤でリリースされたバージョンとは、ミックスが異なっている。

B面編集

  1. 勇次
    14枚目のシングル曲。ライブでは定番の曲である。ライブでは、「撃鉄が落とされ」の部分で観客がクラッカーを鳴らすのがお決まりである。
  2. 逆転ブルース
  3. 明日へ向かって
    3年後にアルバム『NEVER CHANGE』において再レコーディングされている。
  4. 太陽へ続くハイウェイ
    テレビドラマ『家族ゲームII』の中でも長渕自身が歌っている。

スタッフ・クレジット編集

参加ミュージシャン編集

Tsuyoshi Nagabuchi and The Band of Spirits編集

Additional Musicians編集

スタッフ編集

  • 長渕剛 - プロデューサー
  • グレッグ・ラダニー - ミックス・エンジニア
  • 陣山俊一(ユイ音楽工房) - ディレクター
  • 山里剛(ヤマハ音楽振興会 - ディレクター
  • 下河辺晴三(東芝EMI) - ディレクター
  • 石塚良一 - レコーディング・エンジニア
  • MASANORI MATSUZAKA - アシスタント・エンジニア
  • 掛潤一 - アシスタント・エンジニア
  • 荒木浩三 (MUSIC LAND) - ミュージシャン・コーディネーター
  • SHOICHI HIRATA - マネージャー
  • 田中義則 - マネージャー
  • HAJIME KOBAYASHI - アルバム・カバー・デッサン
  • 大川奘一郎 - 写真撮影
  • 川上源一 - エグゼクティブ・プロデューサー
  • 後藤由多加 - エグゼクティブ・プロデューサー

リリース履歴編集

No. 日付 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
1 1985年8月22日 東芝EMI/エキスプレス LP
CT
CD
ETP-90345
ZH28-1550
CA32-1150
4位
2 2006年2月8日 東芝EMI/エキスプレス CD TOCT-25950 247位 24ビット・デジタルリマスター紙ジャケット仕様

映像作品編集

HUNGRY
長渕剛ミュージック・ビデオ
リリース
ジャンル ポピュラー
フォークソング
ロック
時間
レーベル 東芝EMI
長渕剛 映像作品 年表
SUPER LIVE IN 西武球場
1983年
HUNGRY
(1985年)
明日へ向かって 1985-1986 長渕剛の記憶
1986年
テンプレートを表示

HUNGRY』(ハングリー)は、1985年制作されたアルバムと同名のミュージックビデオ。東芝EMIよりビデオソフト及びレーザーディスクで発売された。単にステージ・シーンを撮影したものではなく、監督に原田眞人を迎え、映画『マッドマックス2』(1981年)のような荒廃した近未来を舞台に銃を手に戦う男たちを描いた、本格的なストーリー仕立ての作品だった。

ストーリー編集

荒廃した近未来の世界。ロックンロールを禁止された砂漠の町、ロッカーズ・コフィンに元軍人の「少佐」と「ワン・アイ」、そしてロッカーの「ヘアー」が現れる。三人はこの町で行われている三人対三人の殺人ゲームに挑戦するためにやって来たのだ。だが少佐とワン・アイは「おまえは歌い続けろ」とヘアーを置いてゲームに挑み、チャンピオン・チームに敗れ命を落とす。一人残されたヘアーは仲間の敵を討つべく、謎の少女「チャンス」とバーの親父「軍艦島」を連れてチャンピオン・チームに挑む…。

収録曲編集

全作曲: 長渕剛。
#タイトル作詞作曲・編曲編曲
1.明日へ向かって長渕剛長渕剛浜田良美、長渕剛
2.久しぶりに俺は泣いたんだ長渕剛/Special Thanks:秋元康長渕剛瀬尾一三、長渕剛 & The Band of Spirits
3.勇次長渕剛長渕剛瀬尾一三、長渕剛 & The Band of Spirits
4.QUEEN長渕剛長渕剛The Band of Spirits
5.生意気なパートナー長渕剛長渕剛瀬尾一三、長渕剛 & The Band of Spirits
6.太陽へ続くハイウェイ長渕剛長渕剛長渕剛 & The Band of Spirits
7.逆転ブルース松井五郎長渕剛瀬尾一三 & The Band of Spirits
8.STANCE長渕剛長渕剛長渕剛 & The Band of Spirits
9.HOLD YOUR LAST CHANCE長渕剛長渕剛瀬尾一三
10.HUNGRY長渕剛長渕剛瀬尾一三、長渕剛 & The Band of Spirits

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 長渕剛 TSUYOSHI NAGABUCHI|OFFICIAL WEBSITE”. 長渕剛 TSUYOSHI NAGABUCHI|OFFICIAL WEBSITE. 2018年11月22日閲覧。
  2. ^ 【1980年代ラジオ伝説】第31回 ラジオを使って公開ナンパ?~長渕剛のオールナイトニッポン~”. Nicheee! [ニッチー!]|テレビリサーチ会社がお届けする情報サイト. フルタイム (2011年4月19日). 2018年11月22日閲覧。
  3. ^ a b 矢吹光「第2章 対決! 両雄黄金の経歴」『長渕剛 VS 桑田佳祐』三一書房、1995年3月31日、53 - 126頁。ISBN 9784380952227
  4. ^ a b c 藤井徹貫「長渕剛オール・ヒストリー&アルバム・コレクターズ解説」『別冊カドカワ 総力特集 長渕剛』第363号、角川マーケティング、2010年12月17日、 244 - 261頁、 ISBN 9784048950572
  5. ^ 栗原康「ディスコグラフィー 一九七九→二〇一五 富士の国への軌跡」『文藝別冊 長渕剛 民衆の怒りと祈りの歌』、河出書房新社、2015年11月30日、 224 - 255頁、 ISBN 9784309978765
  6. ^ 長渕剛、リマスター&紙ジャケ復刻決定!”. CDジャーナル. 音楽出版 (2005年12月19日). 2018年11月22日閲覧。
  7. ^ a b 長渕剛 / ハングリー[廃盤]”. CDジャーナル. 音楽出版. 2018年9月22日閲覧。
  8. ^ a b 長渕剛 / HUNGRY [紙ジャケット][再発]”. CDジャーナル. 音楽出版. 2018年9月30日閲覧。
  9. ^ HUNGRY|長渕剛”. オリコンニュース. オリコン. 2018年11月22日閲覧。

外部リンク編集