メインメニューを開く

Hanako』(はなこ)は、マガジンハウスが出版する雑誌

Hanako
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本
出版社 マガジンハウス
刊行期間 1988年 - 現在
ウェブサイト https://hanako.tokyo/
テンプレートを表示

概要編集

20代女性を主要読者とした情報系雑誌。創刊から2005年までは週刊誌2006年1月26日号(867号)以降は隔週刊。さらに2018年9月より月刊化。

1988年6月2日創刊。創刊号の表紙はケン・ドーンのイラスト。タイトルロゴもケン・ドーン作。250円。発行人は木滑良久、初代編集長は椎根和。初期目標は35万部。首都圏の情報だけを集めた雑誌は数少なかった。創刊号の特集は「いい部屋はステイタス」[1]

対象とする読者像は当時の首都圏の結婚平均年齢の27歳女性。年2回は海外旅行へ行き、ブランド物を思い切って買うけれども、お得情報にも敏感で貯蓄もする。女性誌では珍しい金融関係の広告がある。東京近郊の大学を出て、一流会社に勤めて3~5年以上、今すぐ会社を辞めても、海外で3カ月は暮らせる資金があり。キャリアと結婚だけではイヤ、というものであった[2]

創刊後から1989年にかけて雑誌が対象とする読者像が時代を象徴する女性像となり、「Hanako」「Hanako族」は1989年流行語大賞も受賞している。1990年3月にはHanakoの関西版として『Hanako・WEST』が発売。

1993年頃からのバブル景気崩壊から、Hanako族の終焉ともいわれたが、ナタ・デ・ココアッシーくんを特集で取り上げ、ブームの先鞭をつけるなどの話題もあった。2000年代に入ってから長期的な紙媒体雑誌の低迷、ライフスタイルの多様化もあり発行部数は最盛期には及ばない。

2004年9月-2005年8月の平均発行部数は『Hanako』が8万5388部、『Hanako WEST』が6万2869部となっている[3]。2007年12月発売号では森永卓郎三浦展との「格差社会を生き延びる条件」を対談している。

なお、『Hanako WEST』は2009年12月発売の2010年2月号をもって休刊された。入れ替わるかたちで2011年以降季刊誌として『Hanako FOR MEN』が発売されている。

編集長は、神谷幸世(2019年9月現在)。

関連項目編集

いずれも当雑誌とタイアップしたテレビドラマ。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 創刊号を読み解く 第1回 - Hanako - Time Out Tokyo、2019年3月19日
  2. ^ 出展:1988年12月18日付朝刊 朝日新聞 編集長椎根和インタビュー
  3. ^ 出典:日本雑誌協会マガジンデータ2005

外部リンク編集