メインメニューを開く

Help:管理者マニュアル 利用者権限の操作

設定可能な権限編集

 
利用者権限の管理画面の例(画像は「管理者」からみたもの)

ビューロクラットとそれ以外の管理者では、設定可能な権限が違ってきます。また、スチュワードでないと設定できないものもあります。

権限と設定可能な利用者
権限 付与 除去
管理者・ビューロクラットに可能
ビューロクラットが可能
  • 管理者
  • ビューロクラット
ビューロクラットが可能 スチュワードのみ可能
スチュワードのみ可能

権限操作の方法編集

権限操作は、特別ページ経由で行いますが、ここへのアクセス方法にもいくつかあります。

  • 特別:利用者権限に行って、そのボックスに利用者名を入力する。
  • ある利用者の投稿履歴のページから、「利用者権限の管理」を選択する。
  • 「特別:利用者権限/利用者名」とすれば、その利用者の権限操作ページに直接アクセスできます(管理者への立候補などでは、作業用のリンクが組み込んであります)。

権限設定の画面にはチェックボックスが出てくるので、必要な権限にチェックを付け外しし、理由欄に理由(合意形成を行ったページやそのoldidなど)を入力して「利用者グループを保存」を押せば、権限が保存されます。なお、上述のように、管理者とビューロクラットは自分で取り消すことができませんので、特に注意してください。

操作後の報告編集

「IPブロック除外」以外の権限は、本人の申請とコミュニティの合意の上で着脱するものですので、権限を設定したら適切なページに報告を行いましょう。

IPブロック除外の場合、除外した利用者の会話ページに、権限の性質と、乱用した場合やブロックの巻き添えがなくなった場合は除去される旨を連絡しておきましょう。

スチュワードへの依頼編集

管理者などの権限除去、あるいはチェックユーザー・オーバーサイトの権限付与はスチュワードだけが行えますので、メタの申請ページで申請を行なってください。なお、

  • 自分から権限除去を申請する場合、あるいは自動退任の場合以外は、コミュニティの合意形成がなされたことを示す必要があります。
  • チェックユーザー・オーバーサイトの権限を受けるには、財団に身元を証明した上で、それが確認されている必要があります。