メインメニューを開く

home」(ホーム)は、木山裕策デビューシングル。発売元はtearbridge records

home
木山裕策シングル
初出アルバム『WAIT FOR YOU 〜今の僕に出来る事〜』
B面 home (Orchestra ver.)
リリース
規格 シングル
デジタル・ダウンロード
録音 2007年
ジャンル J-POP
時間
レーベル tearbridge records
プロデュース 多胡邦夫
ゴールドディスク
  • ゴールド(CD日本レコード協会
  • トリプル・プラチナ(シングルトラック、日本レコード協会)
チャート最高順位
  • 週間7位(オリコン
  • 2008年度年間57位(オリコン)
  • 2008年度年間6位(USENJ-POP総合)
  • 登場回数51回(オリコン)
  • 木山裕策 シングル 年表
    home
    2008年
    I believe/永遠
    2009年
    テンプレートを表示

    解説編集

    日本テレビ系『歌スタ!!』メジャーデビュー企画作品第20弾。

    初回限定盤はCD+DVDの2枚組仕様となっている。ジャケットデザインはリリー・フランキーが手掛けている。PV中の写真は元ロードオブメジャーの北川けんいちが撮影を行った。

    2007年10月、『歌スタ!!』の最終プレゼンテーションに合格し、本人にとっても作詞作曲を手掛けた多胡邦夫にとっても念願のメジャーデビューとなった。デビュー前にもかかわらず、同年12月22日にはavex本社ビル前にて行われたライヴイベントに参加し、本曲を披露している。2008年1月27日には日本テレビ系『行列のできる法律相談所』に、2月25日には『スッキリ!!』に、3月4日にはNHK総合NHK歌謡コンサート』(日本テレビ系以外の放送局での出演は初)にそれぞれゲスト出演し、本曲を披露した。中でも『行列のできる法律相談所』に出演した際には瞬間最大視聴率23.5%を記録している。

    同曲はエリオット・ヤミンとの相互カバー企画によって英語詞でカバーされており、2008年10月8日発売の『Wait For You プレミアム・エディション』において収録されている。さらに韓国語版もシン・スンフンによってカバーされることが木山の公式ブログ内で発表された。韓国語版「home」はシンの2009年3月25日発売のアルバム『ACOUSTIC WAVE-Japan Special Edition-』に収録される。

    歌スタ!!でのエピソード編集

    番組内で追試を行って木山裕策をハントし、作詞も手掛けた多胡邦夫自身が、「このレベルで落ちるんだったら、「歌スタ!!」からはもう合格者は出ないよ」と送り出した曲である。しかし、ハンター'Sボスの「もっと長く聴きたかった」のを理由に、「ゴメンネ」札が上がってしまい不合格に。2か月後、大サビを加えたフルコーラスを完成させてリベンジ。見事「よろしく」札を獲得し合格。それ以後多胡邦夫は、この曲の伴奏とコーラスをするため、木山裕策の全国各地へのプロモーション活動に必ず同行している。

    デビュー決定後、チュートリアル徳井義実が、「育ててくれた自分の父への感謝の気持ちを込めたPVを作りたい」と志願。自ら監督を務め、番組内限定で使用されるPVを制作。木山裕策も登場シーンは少ないもののPV出演者と共演した。

    2008年10月20日放送の同番組内で、辛口な評価をするハンターダイアモンド☆ユカイから「良い曲だね」と絶賛される(しかし、この曲で挑んだ沖縄から参加の出場者は、1コーラスを唄いきる寸前で持ち時間が数秒足りず、タイマーが0になって伴奏がフェードアウトしてしまい、不合格となった)。

    最終審査時には多胡邦夫は後に「WAIT FOR YOU 今の僕に出来る事」に収録になった「幻」を用意したが、木山裕策にラブソングを歌わせるのは違和感があった為に「彼にしか歌える曲」から家族の曲に変更した[1]

    その他編集

    「マイホームソング」を研究している関西大学教授の小川博司は父から子供に歌う曲は珍しく。該当作品はこの曲とジョン・レノンの『ビューティフル・ボーイ』だけと語っていた[1]

    収録曲編集

    全作詞・作曲:多胡邦夫

    CD
    1. home
    2. home (Instrumental)
    3. home (Orchestra ver.)
    DVD(初回限定盤付属)
    1. home (Clip)
    2. 木山裕策デビューまでの道のり

    カバー編集

    関連項目編集

    脚注編集

    [ヘルプ]
    1. ^ a b 2011年9月24日朝日新聞be (朝日新聞) on Saturday」赤e2 「うたの旅人 木山裕策 Home」より