メインメニューを開く

Honda鈴鹿硬式野球部

Honda鈴鹿硬式野球部(ホンダすずかこうしきやきゅうぶ)は、三重県鈴鹿市に本拠地を置き、日本野球連盟に加盟する社会人野球の企業チームである。

Honda鈴鹿硬式野球部
チーム名(通称) Honda鈴鹿、ホンダ鈴鹿
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分 企業チーム
創部 1971年
チーム名の遍歴

  • 本田技研鈴鹿 (1971 - 2000)
  • ホンダ鈴鹿 (2001 - 2006)
  • Honda鈴鹿 (2007 - )
本拠地自治体

練習グラウンド ホンダアクティブランド・ドリームスタジアム
チームカラー 赤色・青色
監督 甲元訓
都市対抗野球大会
出場回数 22回
最近の出場 2017年
最高成績 優勝(1回)
社会人野球日本選手権大会
出場回数 11回
最近の出場 2016年
最高成績 4強
全日本クラブ野球選手権大会
出場回数 ※出場資格なし

運営母体は、本田技研工業。激戦区である東海地区連盟において中堅どころのチームとして数多くの全国大会出場歴を誇り、1994年都市対抗野球では優勝を果たしている。

目次

概要編集

1971年本田技研工業の鈴鹿製作所で『本田技研鈴鹿硬式野球部』として創部。活動2年目の1972年都市対抗野球に初出場、1974年には日本選手権に初出場を果たした。

1994年都市対抗野球では、史上初の東海勢同士の対決となった決勝戦で西濃運輸に競り勝ち初優勝を果たした。

2001年、チーム名を『ホンダ鈴鹿硬式野球部』に改称した。

2007年、チーム名を『Honda鈴鹿硬式野球部』に改称した[1][2]

2009年を最後に二大大会への出場が途絶えるなど低迷状態にあったが、2014年に東海地区第4代表の座を獲得し5年ぶりに都市対抗野球への出場を果たした。

設立・沿革編集

チャンステーマ編集

ホンダ3チームの共通チャンステーマである「全開HONDA」は鈴鹿チームの応援団が編み出したといわれる。また、鈴鹿チームは「全開HONDA」のほか、以下のオリジナルのチャンステーマ3曲を持っている。いずれも作詞:宮本進一、作曲:長谷川道治。

ノンストップHONDA

この曲は、前年度の優勝により推薦出場となった1995年第66回都市対抗野球本大会に合わせて作られた。歌詞は、勢いのついた打線をカーレースに参戦するクルマになぞらえたもので、鈴鹿サーキットの地元、そして自動車メーカーであるホンダ鈴鹿ならではの曲である。曲間の間奏でバンドやスタンドの応援スタッフが左回りに一周する、珍しい楽曲でもある。

スーパースター

この曲は本田技研鈴鹿として五年ぶりに出場した2000年第71回都市対抗野球本大会に合わせて作られた。歌詞は、勢いのついた打線を後押しするものとなっており、得点圏(中でも三塁)にランナーが進むと演奏される。

歌詞に「ドームで一番輝け」とあるように、2大大会(都市対抗野球、日本選手権)を意識した曲ではあるが、ドームへの出場の願いを込めて現在では地方大会でも定番曲として演奏される。

熱闘鈴鹿

この曲はホンダ鈴鹿が2005年第76回都市対抗野球本大会に出場した際に初めて演奏された。作成にあたってのコンセプトは「男っぽさ」。 歌詞にはあえてカタカナを使用せず、曲後半の選手名の部分も「熱く叫べ」との指示がある。「ノンストップHonda」や「スーパースター」とからめて使用される。

主要大会の出場歴・最高成績編集

主な出身プロ野球選手編集

元プロ野球選手の競技者登録編集

脚注編集

  1. ^ チーム情報 2007年 登録・変更情報”. 日本野球連盟. 2016年12月28日閲覧。
  2. ^ チーム名を縦書きにする際には、従来どおりカタカナと漢字の「ホンダ鈴鹿」と表記する。

関連項目編集

外部リンク編集