メインメニューを開く

100%FREE(ハンドレッド・パーセント・フリー)は、日本男性4人組ロックバンド。旧称はHundred Percent Free。2003年結成。所属していた芸能事務所レコード会社ビーイングで、レーベルpure:infinity。略称は「HPF」。2013年解散。

100%FREE
別名 Hundred Percent Free(旧称)
100%Free
出身地 日本の旗 日本愛知県 名古屋市
ジャンル J-POP
ロック
活動期間 2003年 - 2013年
レーベル 280RECORDS
(2006年)
ZAZZY
(2008年)
Magnifique
(2009年)
pure:infinity
(2010年 - 2013年)
事務所 ビーイング
(2008年 - 2013年)
共同作業者 寺地秀行(編曲)
(R)LUCCA(作詞)
榎本桂大(ディレクター、プロデューサー)
メンバー Tack(ボーカルMC
Ko-KI(ボーカル・MC)
SIG(ギター
KAZ(ドラムス
旧メンバー MK-II(ベース
B-BURG(ハイブリッド・プログラマー

概説編集

2003年7月に愛知県名古屋市で結成。当初は男性6人組の構成で活動していたが、2009年3月にベース担当のMK-IIが、心臓病の治療のため脱退し、男性5人組の構成になる。さらに、2012年3月にハイブリッド・プログラマー担当のB-BURGが一身上の都合で脱退し、男性4人組の構成になる。

ライブ・レコーディングにおいて脱退したベーシストの補填は行わず、シンセベースによる打ち込みで制作され、ライブでは打ち込み音源との同期演奏で行われている[1]

ロックを軸に、パンクラウドエモメロコアヒップホップR&Bレゲエなど多様なジャンルを融合した自称「HYBRID ROCK」をコンセプトにしている[2]

バンド名は、「ジャンルの垣根のない音楽をやりたい」というメンバーの意志を意味している。なお、他に中途半端の意味を指して自虐的に30 Percent Freeという候補もあった[3]

メンバー共通の好きなアーティストにリンキン・パークリンプ・ビズキットが挙げられている。特にリンキン・パークを尊敬しており、DJと生のバンドサウンドの融合、ツインボーカルという点も共通している[3]

メンバー編集

解散時メンバー編集

名前 パート 在籍期間
Tackタク
ボーカルMC作詞 2003年 - 2013年
Ko-KIコーキ
ボーカル、MC、作詞 2003年 - 2013年
SIGシゲ
ギター、作詞、作曲、リーダー 2003年 - 2013年
KAZカズ
ドラムス 2003年 - 2013年

元メンバー編集

名前 パート 在籍期間 備考
MK-IIマコト
ベース 2003年 - 2009年 心臓病の治療のため2009年3月に脱退。
B-BURGビーバーグ
ハイブリッド・プログラマーDJミキシング、作曲 2003年 - 2012年 一身上の都合により2012年3月に脱退。

バイオグラフィ編集

  • 2003年7月 結成。
  • 2006年7月1日 HMVの280RECORDSから初の音源となる自主制作シングルOFF LIMITED」を発売。
  • 2008年8月20日 ZAZZYから1stミニアルバムHundred Percent Free』を発売しインディーズデビュー。日本のiTunes Storeロックチャートにて、コールドプレイメタリカ、同じビーインググループのB'z等を抑えて首位を獲得した。
  • 2008年12月2日 Magnifique主催の新人バンド登竜門ライブイベント「音鮮卵 vol.1」に参加。
  • 2009年3月 ベース担当のMK-IIが、心臓病の治療のため脱退。
  • 2009年5月20日 Magnifiqueから2ndミニアルバム『REBOOT』を発売。初めてオリコン300位圏内にランクインする。
  • 2009年5月30日 - 7月11日 14会場14公演のライブハウスツアー『JAP∞PARADE09 ~REBOOT~』を敢行。
  • 2009年8月6日 - 9月11日 18会場18公演のライブハウスツアー『JAP∞PARADE09 ~REBOOT EXTRA~』を敢行。
  • 2010年1月27日 pure:infinityから1stシングル「Hello Mr. my yesterday」でメジャーデビュー
  • 2010年10月16日 - 10月30日 3会場3公演のライブハウスツアー『Hundred Percent Free BACK TO BACK 2010 〜ROCK CLIMBER〜』を敢行。
  • 2011年4月6日 1stオリジナルアルバムJET!JET!!JET!!!』を発売。
  • 2011年4月24日 - 5月1日 3会場3公演のライブハウスツアー『Hundred Percent Free BACK TO BACK 2011 〜JET!JET!!JET!!!〜』を敢行。
  • 2012年3月 ハイブリッド・プログラマー担当のB-BURGが、一身上の都合で脱退[4]
  • 2012年12月10日 バンド表記を100%FREEに変更することを発表。
  • 2012年12月15日 - 2013年3月29日 13会場14公演のライブハウスツアー『366 僕らのLIVE!!!! Tour 2012-2013』を敢行。
  • 2013年10月29日 ドラムス担当のKAZの「これまでの音楽活動を見つめ直したい」という意志での脱退志願に伴い解散することを発表[5]
  • 2013年12月18日 コンピレーションアルバム百年物語〜The Complete Best〜』の発売を以って解散。

ディスコグラフィ編集

100%FREEのディスコグラフィ
リリースリスト
スタジオ・アルバム 1
コンピレーション・アルバム 1
EP 2
シングル 5
ミュージック・ビデオ 8
ダウンロード・シングル 4
ダウンロード・アルバム 1
自主制作シングル 1
未発表曲 1
参加作品 3

シングル編集

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン 初収録アルバム
メジャー (pure:infinity)
Hundred Percent Free (5人組バンド期)
1st 2010年1月27日 Hello Mr. my yesterday CD+DVD JBCP-6001(初回限定盤) 59位 JET!JET!!JET!!!
CD JBCP-6002(通常盤)
2nd 2010年3月31日 迷子 to MYSELF CD JBCP-4002 72位
3rd 2010年9月22日 ROCK CLIMBER CD+DVD JBCP-6005(初回限定盤) 76位
CD JBCP-6006(通常盤)
4th 2011年1月26日 十五夜クライシス 〜君に逢いたい〜 CD JBCP-4005(名探偵コナン盤) 60位
JBCP-6007(Hundred Percent Free盤)
100%FREE (4人組バンド期)
# 2012年12月15日 366 僕らのDAYS CD JBCP-4007 -[6] 百年物語〜The Complete Best〜

配信限定シングル編集

発売日 タイトル 規格 収録作品 オリコン
インディーズ (Magnifique)
Hundred Percent Free (6人組バンド期)
1st 2008年7月9日 Emotional∞TANK!! デジタル・ダウンロード Hundred Percent Free -[7]
2nd 2008年9月10日 DIAMOND FIREBALL
Hundred Percent Free (5人組バンド期)
3rd 2009年4月22日 Believer デジタル・ダウンロード REBOOT -[7]
4th 2009年8月5日 REBOOT EXTRA

ミニアルバム編集

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
インディーズ (ZAZZY)
Hundred Percent Free (6人組バンド期)
1st 2008年8月20日 Hundred Percent Free CD ZCL-015 圏外
インディーズ (Magnifique)
Hundred Percent Free (5人組バンド期)
2nd 2009年5月20日 REBOOT CD QCL-002 277位

オリジナルアルバム編集

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
メジャー (pure:infinity)
Hundred Percent Free (5人組バンド期)
1st 2011年4月6日 JET!JET!!JET!!! CD JBCP-9003(初回限定盤) 86位
JBCP-9004(通常盤)

配信限定アルバム編集

発売日 タイトル 規格 オリコン
インディーズ (Magnifique)
Hundred Percent Free (5人組バンド期)
1st 2009年10月14日 REBOOT complete edition デジタル・ダウンロード -[7]

コンピレーションアルバム編集

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
メジャー (pure:infinity)
100%FREE (4人組バンド期)
1st 2013年12月18日 百年物語〜The Complete Best〜 2CD JBCP-9006〜07 圏外

自主制作シングル編集

発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲
インディーズ (280RECORDS)
Hundred Percent Free (6人組バンド期)
# 2006年7月1日 OFF LIMITED CD H280-0013 1. Emotional TANK!!
2. suppress A riot
3. Treasure hunt

未発表曲編集

タイトル 備考
Child of the age 2007年8月20日に発売された名古屋MUSIC FARM主催のイベント『メロっとけ コアっとけ』からのオムニバスに収録されていた楽曲。

ミュージックビデオ編集

監督 曲名
斎藤渉 十五夜クライシス〜君に逢いたい〜
清水康彦 迷子 to MYSELF
不明 Believer」「DIAMOND FIREBALL」「Hello Mr. my yesterday」「ROCK CLIMBER」「JET」「366 僕らのDAYS

参加作品編集

タイトル 規格 備考
BASTA LA FESTA-UNDER GROUND NEO TYPE- CD 2007年3月14日に発売したACID HEAD SOME RISE&GLiVEプロデュースによるオムニバス。1枚目のミニアルバム『Hundred Percent Free』収録曲「○八スクリーミング」が収録されている。
メロっとけ コアっとけ CD 2007年8月20日に発売した名古屋MUSIC FARM主催のイベント『メロっとけ コアっとけ』からのオムニバス。インディーズ時代の未発表曲「Child of the age」が収録されている。
THE BEST OF DETECTIVE CONAN 4 〜名探偵コナン テーマ曲集4〜 CD 2011年12月14日に発売した名探偵コナンサウンドトラック。1作目のシングル「Hello Mr. my yesterday」と、4作目のシングル「十五夜クライシス 〜君に逢いたい〜」が収録されている。

ライブ編集

日程 種別 タイトル 会場・備考
2009年5月30日 - 7月11日 コンサートツアー JAP∞PARADE09
〜REBOOT~

2ndミニアルバム『REBOOT』を引っ提げて敢行されたライブハウスツアー。5人組になり初のツアーでもある。初日の名古屋公演はSAKAE SP-RING 2009トリとしてのワンマンライブ、最終日の名古屋公演はhare-brained unityとのツーマンライブ

2009年8月6日 - 9月11日 コンサートツアー JAP∞PARADE09
~REBOOT EXTRA~

4th配信限定シングル「REBOOT EXTRA」を引っ提げて敢行されたライブハウスツアー。

2010年2月20日 フリーライブ Hundred Percent Free フリーライブ
2010年5月9日 スリーマンライブ Hundred Percent Free LIVE
FLOW THE PARTY 2010

FLOWGLORY JACKPOT SYSTEMとのスリーマンライブ。

2010年10月16日 - 10月30日 コンサートツアー Hundred Percent Free
BACK TO BACK 2010
〜ROCK CLIMBER〜

3rdシングル「ROCK CLIMBER」を引っ提げて敢行された東名阪ライブハウスツアー。メジャーデビュー後初のツアーでもある。

2011年4月24日 - 5月1日 コンサートツアー Hundred Percent Free
BACK TO BACK 2011
〜JET!JET‼︎JET‼︎!〜

1stオリジナルアルバム『JET!JET!!JET!!!』を引っ提げて敢行された2年連続の東名阪ライブハウスツアー。

2012年12月15日 - 2013年3月29日 コンサートツアー 366 僕らのLIVE‼︎‼︎
Tour 2012-2013

100%FREEへの改名後初のツアー。初日の名古屋公演を皮切りに、ライブ会場限定シングル「366 僕らのDAYS」が発売された。

出演イベント編集

2008年編集

2009年編集

  • 音鮮卵 vol.2(4月23日 Shibuya O-nest)
  • 音鮮卵 vol.3(8月6日 Shibuya O-nest)
  • 音鮮卵 vol.4(11月10日 大阪MUSE、11月12日 名古屋ell.FITS ALL
  • oricon Sound Blowin' 09~autumn~(11月14日 Shibuya O-EAST

出演番組編集

ラジオ編集

  • R'z BELIEVER(2009年4月6日~、ZIP-FM

脚注編集

  1. ^ Hundred Percent Free、5人になって決意の再起動”. BARKS. 2018年10月19日閲覧。
  2. ^ 【Hundred Percent Free】インタビュー”. OKMusic. 2018年10月18日閲覧。
  3. ^ a b Hundred Percent Free インタビュー”. 激ロック. 2018年10月18日閲覧。
  4. ^ Hundred Percent FreeのB-BURGが脱退 ナタリー
  5. ^ 100%FREEが12月解散 10年のバンド活動に幕 - オリコン・2013年10月29日
  6. ^ ライブ会場限定販売のためカウント外
  7. ^ a b c オリコンデジタルチャート発足前のため集計なし

関連項目編集

外部リンク編集