I・DE・A

氷室京介のアルバム

I・DE・A』(イデア)は、日本のシンガーソングライターである氷室京介の7作目のオリジナル・アルバム

I・DE・A
氷室京介スタジオ・アルバム
リリース
録音 ロイヤルトーンスタジオ
アンドラスタジオ
A&Mスタジオ
ドッグハウス・スタジオ
アバター・スタジオ
ジャンル ロック
時間
レーベル ポリドール/BeatNix
プロデュース 氷室京介
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1998年度年間66位(オリコン)
ゴールドディスク
  • プラチナ(日本レコード協会
  • 氷室京介 アルバム 年表
    MISSING PIECE
    1996年
    I・DE・A
    (1997年)
    Collective SOULS 〜THE BEST OF BEST〜
    1998年
    EANコード
    『I・DE・A』収録のシングル
    1. NATIVE STRANGER
      リリース: 1997年6月4日
    2. HEAT
      リリース: 1997年10月29日
    テンプレートを表示

    1997年12月10日ポリドール・レコードBeatNixレーベルからリリースされた。前作『MISSING PIECE』(1996年)以来1年3か月ぶりにリリースされた作品であり、作詞は松井五郎および松本隆、作曲は氷室およびスティーヴ・スティーヴンス、編曲はスティーヴンスおよび佐久間正英が担当し、氷室としては初の単独セルフプロデュースとなっている。

    レコーディングは一部を除いてほぼ全てアメリカ合衆国にて行われ、ギタリストのスティーヴンスが編曲も担当、エンジニアはニール・ドーフスマン、マスタリングはテッド・ジャンセンが担当している。アメリカへと移住してロサンゼルスを活動拠点とし、憧れのギタリストであったスティーヴンスの協力を得て制作された本作を氷室は「究極の氷室京介の音楽」と語っている。

    日本テレビ系テレビドラマ『せいぎのみかた』(1997年)のエンディングテーマ「NATIVE STRANGER」、ダイドードリンコダイドーブレンドコーヒー」のコマーシャルソングHEAT」が先行シングルとしてリリースされた。オリコンチャートでは最高位1位を獲得した。

    背景

    編集

    4枚目のスタジオ・アルバム『Memories Of Blue』(1993年)がミリオンセラーを記録した氷室は、自身が著名な存在になるに連れて世間一般で当然とされる事が出来なくなっている事に危機感を覚え始めていた[1]。また、氷室は周囲のスタッフにあらゆる事を依存してしまっている事やミュージシャンの「氷室京介」として活動している時間が多くなり、一個人としての生活に支障をきたしてしまっている事などに不安感を覚えていた[2]

    その後、11枚目のシングル「魂を抱いてくれ」(1995年)のPV撮影でネバダ州を訪れた氷室は、現地にて低賃金で働いているスタッフが後にディレクターとして活動する事を夢見ながら汗だくで仕事をこなしている姿を見て、成功を収め幸福な位置にいるはずの自分が虚しさを感じている事と比較した結果、全てをリセットする時期であると判断する事となった[2]。5枚目のアルバム『MISSING PIECE』(1996年)は当初日本国内でレコーディングされていたが、前述の決断によって途中からロサンゼルスへと拠点を移し、アメリカ合衆国でのレコーディングに変更される事となった[3]。氷室はその後アメリカへの移住を決意し、家族と共にアメリカで生活を始める事となった[2]

    録音

    編集

    本作のレコーディングは一部佐久間正英が所有するドッグハウス・スタジオにて行われた以外は、全てアメリカにて行われた。アメリカへと移住したばかりであった氷室は、日本とは180度異なる環境に身を置く事になり、参加ミュージシャンへの連絡やスケジュール管理、スタジオ・ワークなど全てを自身で行う事となった[4]

    本作収録曲の編曲はほぼ全てギタリストのスティーヴ・スティーヴンスが行っている。スティーヴンスはビリー・アイドルマイケル・モンローマイケル・ジャクソンジュノ・リアクターとの共演などで知られていた[5][6]

    アメリカでの活動を始めた際に最も幸運であった事はスティーヴンスが近しい距離にいた事であると氷室は語り、生活のほぼ100%をミュージシャンとして過ごしているスティーヴンスとは連携が取りやすかったとも述べた[4]。また、スティーヴンスとの楽曲作りは「音楽の楽しさをもう一度思い出させてくれた」と氷室は述べている[5]

    音楽性

    編集

    氷室はスティーヴンスをスーパーギタリストであると認識していたが、アレンジ能力が高い事に驚愕したという[4]。氷室はスティーヴンスの事を「ミュージシャン」ではなく「アーティスト」であると称賛し、本作が「音楽のことだけしかできない自分が、音楽のことだけにしかフォーカスしていないアーティストと作り上げた最初のアルバム」であると述べ、「新しい一歩として非常に自分の中で大きな意味を持っています」と述べた他[4]、「究極の氷室京介」を体現したアルバムであるとも述べている[6]

    収録曲の「堕天使」に関してディレクターの臼井克幸は、同作が日本人が作るバラードとは異なるイメージがあると述べ、洋楽のバラードの感覚が強い作品であると述べている[7]。臼井はロサンゼルスに移住した結果が同作に現れているとも述べた[7]

    アルバムタイトルに冠しては、ソロ活動を始めて間もない頃に「本当に恥ずかしくない作品に近づけたとき、『I・DE・A』か『KYOSUKE HIMURO』というタイトルにしようと思っていた」と氷室が述べており、本作にて適用される事となった[5]

    リリース、プロモーション

    編集

    本作は1997年12月10日ポリドール・レコードからコンパクトディスクにてリリースされ、初回限定版はデジパック仕様となっていた。流通の殆どが初回限定盤であるが、全国で100枚しか製造されていない通常盤も存在する。

    本作よりシングルカットされた「NATIVE STRANGER」および「HEAT」はそれぞれPVが制作されている。PVに関して臼井は、当時は時間を費やして映画のようなPVを制作する事が良質なプロモーションであるという風潮があったと述べ、またアメリカにおいては良質なPVを制作しないとヒットしない風潮があったとも述べている[6]。臼井は多額の予算を投じた映画のようなPVを制作した第一人者が氷室ではないかと推測している[6]。また、「HEAT」をシングルA面とした事に関しては、現地のミュージシャンからは何故「RE-BORN」をA面にしないのかという意見も出された[6]

    批評

    編集
    専門評論家によるレビュー
    レビュー・スコア
    出典評価
    CDジャーナル肯定的[8]

    音楽情報サイト『CDジャーナル』では、「奥深く男の色気を感じさせる楽曲ばかりが並ぶ」と評された他、スティーヴンスが参加した事により、以前よりもダイナミックなロックサウンドを追求した事が収録曲の随所から見られると述べた上で、「クールさだけじゃない、熱気ほとばしる氷室がここには生きている」と肯定的に評価した[8]

    チャート成績

    編集

    オリコンチャートでは最高位1位、登場回数は10回となり、売り上げ枚数は34.2万枚となった。

    本作以降、ベスト・アルバム20th Anniversary ALL SINGLES COMPLETE BEST JUST MOVIN' ON 〜ALL THE-S-HIT〜』(2008年)が1位を獲得するまで、10年半に亘ってオリコンチャートでの1位獲得は途絶える事となった[9][10]。しかし同作が1位を獲得した事でアルバムでの1位獲得数が10作となり、グループ出身のソロアーティストとしては山下達郎の9作を上回ったため歴代単独1位となった[9][10]

    収録曲

    編集

    一覧

    編集
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.RE-BORN松井五郎氷室京介スティーヴ・スティーヴンス
    2.SWEET MOTION松井五郎スティーヴ・スティーヴンス、ドニー・ヴィースティーヴ・スティーヴンス
    3.FLOWER DIMENSION松井五郎氷室京介スティーヴ・スティーヴンス
    4.堕天使松本隆氷室京介スティーヴ・スティーヴンス
    5.NATIVE STRANGER松井五郎氷室京介佐久間正英
    6.LOST WEEKEND松井五郎氷室京介、スティーヴ・スティーヴンススティーヴ・スティーヴンス
    7.NO MORE FICTION氷室京介氷室京介、スティーヴ・スティーヴンススティーヴ・スティーヴンス
    8.DRIVE松井五郎氷室京介佐久間正英
    9.HEAT松井五郎氷室京介スティーヴ・スティーヴンス
    10.DISTANCE氷室京介、松井五郎氷室京介スティーヴ・スティーヴンス
    合計時間:

    曲解説

    編集
    1. RE-BORN
      16thシングル「HEAT」のカップリング曲。本作品では、アウトロが次曲と繋がっている。
    2. SWEET MOTION
      イントロが前曲と繋がっている。
    3. FLOWER DIMENSION
    4. 堕天使
    5. NATIVE STRANGER
      15thシングル。本作品では、アルバムバージョンで収録されている。
    6. LOST WEEKEND
    7. NO MORE FICTION
    8. DRIVE
      15thシングル「NATIVE STRANGER」のカップリング曲。
    9. HEAT
      16thシングル。本作品では、アルバムバージョンで収録されている。
    10. DISTANCE

    スタッフ・クレジット

    編集

    参加ミュージシャン

    編集

    スタッフ

    編集
    • ヒロ鈴木 (BeatNix) - エグゼクティブ・プロデューサー
    • Algernon - プロダクション・スーパーバイザー
    • 竹村彩(アバタースタジオ) - 追加エンジニア、アシスタント・エンジニア
    • トニー“ヘクター”ランボー(アンドラスタジオ) - 追加エンジニア、アシスタント・エンジニア
    • 河野英之 (y.f.v Studio) - 追加エンジニア
    • ロジャー・"Nabe"・ソメールス(ロイヤルトーンスタジオ) - アシスタント・エンジニア
    • マイク・バウムガルトナー(A&Mスタジオ) - アシスタント・エンジニア
    • 半田也寸志 - 写真撮影
    • 石井寛(博報堂) - アートディレクター
    • 原田佳和(トーキョー鉄腕事務所) - デザイナー
    • Moji Sangi - スタイリスト
    • 杉山よしお (CLIP) - ヘアー&メイク・アップ
    • かめだしの - 写真撮影助手
    • 加藤敏明(博報堂) - アートワーク・マネージャー
    • 堀内一成(博報堂) - アートワーク・マネージャー
    • おきもとりょう(東北新社フィルムコーポレーション) - シューティング・コーディネーター
    • Cente Service Corporation - シューティング・コーディネーター
    • 芳賀祐美(ポリグラムK.K.) - プロセス・コーディネーター
    • 宮野真一(ユイ音楽工房、BeatNix) - A&Rディレクター
    • 臼井克幸(ポリドールK.K.) - A&Rスーパーバイザー
    • しみずたかお(ポリドールK.K.) - A&Rコーディネーター
    • 土屋浩(ユイ音楽工房、BeatNix) - プロモーション・スーパーバイザー
    • 余越直(ポリドールK.K.) - プロモーション・ディレクター
    • あおやぎひろし(ポリドールK.K.) - マーケティング・ディレクター
    • 内田宣政(ポリドールK.K.) - A&Rマネージャー
    • 高橋裕二(ポリドールK.K.) - プロモーション・マネージャー
    • 渡辺潤(ポリドールK.K.) - プロモーション・マネージャー
    • 渋谷高行(ユイ音楽工房、BeatNix) - ゼネラル・スーパーバイザー
    • ただじゅんじ(ポリドールK.K.) - ゼネラル・スーパーバイザー

    ライブ映像作品

    編集

    シングル曲については各作品の項目を参照

    FLOWER DIMENSION
    堕天使
    • The One Night Stands 〜TOUR "COLLECTIVE SOULS" 1998〜
    LOST WEEKEND
    NO MORE FICTION
    DISTANCE
    • KYOSUKE HIMURO COUNTDOWN LIVE CROSSOVER 05-06 1st STAGE/2nd STAGE

    脚注

    編集
    1. ^ ぴあMOOK 2013, p. 22- ふくりゅう「LONG INTERVIEW 最新40,000字インタビュー 【第一章】1988~1994 ソロデビュー、アイデンティティの確立へ」より
    2. ^ a b c ぴあMOOK 2013, p. 24- ふくりゅう「LONG INTERVIEW 最新40,000字インタビュー 【第二章】1995~2002 渡米、新たなる表現の獲得へ」より
    3. ^ 田家秀樹 (2020年12月3日). “氷室京介の充実期、1990年代後半の作品を振り返る”. ローリング・ストーン ジャパン. CCCミュージックラボ. p. 2. 2021年1月16日閲覧。
    4. ^ a b c d ぴあMOOK 2013, p. 25- ふくりゅう「LONG INTERVIEW 最新40,000字インタビュー 【第二章】1995~2002 渡米、新たなる表現の獲得へ」より
    5. ^ a b c ぴあMOOK 2013, p. 107- 松田義人 (deco) 「"Tabloid" Himuro Historic Clips 1988-2013」より
    6. ^ a b c d e 田家秀樹 (2020年12月3日). “氷室京介の充実期、1990年代後半の作品を振り返る”. ローリング・ストーン ジャパン. CCCミュージックラボ. p. 5. 2021年1月16日閲覧。
    7. ^ a b 田家秀樹 (2020年12月3日). “氷室京介の充実期、1990年代後半の作品を振り返る”. ローリング・ストーン ジャパン. CCCミュージックラボ. p. 6. 2021年1月16日閲覧。
    8. ^ a b 氷室京介 / I・DE・A”. CDジャーナル. 音楽出版. 2021年1月16日閲覧。
    9. ^ a b OKMusic編集部 (2008年6月17日). “氷室京介、ベスト盤で10年半ぶりの首位奪取!”. OKMusic. ジャパンミュージックネットワーク. 2020年1月16日閲覧。
    10. ^ a b 氷室京介、山下達郎を抜いてソロ歌手歴代1位に”. BARKS. ジャパンミュージックネットワーク (2008年6月17日). 2021年1月16日閲覧。

    参考文献

    編集
    • 『ぴあMOOK 氷室京介ぴあ 完全保存版! 25th Anniversary Special Book』、ぴあ、2013年9月20日、22 - 25, 107頁、ISBN 9784835622439 

    外部リンク

    編集