メインメニューを開く

IATAコード国際航空運送協会(IATA)の規定している空運に関わる1文字から4文字のコード。コードが付けられているのは空港や航空会社、航空機の機種など多岐にわたる。以下はその一部。

目次

空港編集

IATA空港コード(IATA airport code)は空港に付けられる3文字のコード。東京国際空港HND成田国際空港NRTシンガポール・チャンギ国際空港SINなど。

航空会社編集

IATA航空会社コード(Airline designators)は航空会社に付けられる2文字のコード。日本航空JLシンガポール航空SQなど。

機種編集

IATA機種コード(IATA aircraft type designator)は機種に付けられる3文字のコード。ジェットストリーム 41J41ボーイング747-400744など。

編集

ISO 3166-1 alpha-2の2文字の国コードと同じものが用いられる。ISO 3166-1 alpha-2以外に以下の2つのコードが追加され使用される。

通貨編集

ISO 4217の3文字の通貨コードと同じものが用いられる。

時間帯編集

IATAタイムゾーン(IATA timezone codes)は2文字から4文字のコード。以下のルールでコードが付けられている。

  • ISO 3166-1 alpha-2が最初に2文字として使われる。
  • 国の中で標準時が分かれていなければ上記の2文字で終わり。
  • 3文字目は一国の中で分かれている標準時を順番に付けていく。ロシアに限っては11の標準時が使われるので2文字使用され、RU01、RU02…RU11となる。
  • 同じ標準時で、異なった夏時間が使われている際は4文字目に文字をたす。

例えば、AU2はオーストラリアニューサウスウェールズ州ビクトリア州(UTC+10 夏時間は10月終わりから開始)に付けられている。標準時は同じだが夏時間の設定の異なる地域では次のようにコードが振られている。AU2Aはタスマニア州(UTC+10 夏時間は9月終わりから開始)、AU2Bはクイーンズランド州(UTC+10 夏時間なし)。

地域編集

IATA地域コード(IATA region codes) の3レターコードは、特定の広域や複数国を指定するために使われる。

国コードAQは南極大陸を指定するために使用する。国コードAQは、ここに記載された領域のいずれでもない。

ミール編集

IATAミールコード(IATA meal codes)を以下に示す。

  • AVML - アジアのベジタリアンミール
  • BBML - ベビーミール
  • CAKE - 誕生日ケーキ (スカンジナビア航空)
  • BLML - ブランドミール
  • CHML - チルドレンミール
  • CLML - セレブレーションケーキの食事
  • DBML - 糖尿病食事
  • FPML - フルーツの盛り合わせ
  • GFML - グルテン非許容食事
  • HFML - 高ファイバー食事
  • HNML - ヒンドゥー教のノンベジタリアンミール
  • OBML - 日本のお弁当 (ユナイテッド航空)
  • JPML - 和食 (日本航空)
  • JNML - ジュニアミール
  • KSML - コーシャミール
  • KSMLS -コーシャミール (スナック)
  • LCML - 低カロリーの食事
  • LFML - 低脂肪の食事
  • NBML - ノービーフミール (チャイナエアライン)
  • NFML - ノーフィッシュミール (ルフトハンザ航空)
  • NLML - 無乳糖食事
  • LPML - 低タンパク質食
  • PRML - 低プリン食
  • LSML - 低塩ミール
  • MOML - イスラム教徒の食事
  • ORML - 東洋の食事
  • PFML - ピーナッツ不使用の食事
  • RFML - Refugee Meal (ユナイテッド航空)
  • SFML - シーフードミール
  • SPML - 特別な食事、食べ物を指定
  • VJML - ベジタリアンジャイナ教の食事
  • VLML - ベジタリアンラクトオボの食事
  • VOML - ベジタリアンオリエンタルミール
  • RVML - ベジタリアン生ミール
  • VVML - ベジタリアンビーガン食事 (一部の航空会社はVGMLが必要)

基本運賃番号編集

関連項目編集