メインメニューを開く

ICE BOX(アイス・ボックス)は、森永製菓1989年7月より製造・販売している氷菓である。キャッチコピーは、「森永、ICE BOX!」

概要編集

アイスボックスのようなカップ入りの味付けした「かち割り氷」は、氷菓メーカーのトリー食品工業(埼玉県行田市、現在は廃業)が1989年に初めて開発した。均一の味、硬さをもった味付け氷を作るのは難しく、糖分のある水を凍らそうとすると、糖分が偏って凍ったり、硬さにムラができるといった問題が起きる。この問題は、味を付けた水をスプレー状にして瞬時に凍らす工程を繰り返し行なうことで解決し、製品化につながった。1989年から1992年頃までは、森永製菓とカネボウフーズが、トリー食品工業に生産委託(OEM生産)をする形で販売開始した[注 1]。発売開始から数年間は販売エリアと販売量を限定していたが、1993年から全国販売を開始し生産量も生産ラインを拡充して需要に応えた。

中身は砕氷状になった大小様々な大きさの薄く甘味の付いた氷が入っている。また甘味料にはアスパルテームスクラロースが使用されているためカロリーも抑えられている。氷状態の容器は「オパレイ」という柔らかいプラスチックの一種で作られており、中身が固まった際に揉みほぐすのに適している。

発売当初のキャッチコピーは「ベタベタしない!のど渇かない!キーンとおいしいかちわり氷」であった[注 2]。また、過去にはレモン味・ヨーグルト味なども販売されていた。

デビュー当初は150mlであったが、現在[いつ?]は原材料費の高騰などもあり、価格は据え置かれているものの内容量が減らされ135mlとなっている(但し巨峰味は元々135ml)。

発売元によると通常みぞれなどかき氷が売れる夏季以外にも安定して売れているという。開発当初より「飲むアイス」というコンセプトが設定されていたこと、中高生が運動の後や学校帰りに食べることも多いこと、氷菓として食べる以外に烏龍茶、アイスティー、カクテルやジュース類に入れて使うこともできる[注 3]ことなどが理由にあるとしている。

1994年にはコラボレーションの一環として吉岡忍池田聡中西圭三伊秩弘将により本商品と同名の期間限定ユニット「ICE BOX」が結成され、同ユニットのシングル冷たいキス」がCMに使用された。また、1995年には「ICE BOX」に代わる新しい企画ユニット「ICE BOX BABY」が結成され、同ユニットの1stシングル「冷たくしないで」がCMに使用された[注 4]

2019年、東京都内で行われたICEBOX発売30周年記念イベントにおいて、ICEBOXメンバーの中西・池田・伊秩・吉岡が登場し、期間限定でICE BOXを再結成することとなり、25年ぶりの活動再開となった[1]。同イベントでミニライブを行うほか、同日に音楽配信にて「冷たいキス (令和元年ver.)」と新曲「ROCK YOU WITH ICE BOX」がリリースされた。

現在発売中の商品編集

2019年現在

  • グレープフルーツ味
  • レモン味
  • 巨峰味
  • サイダー味
  • マスカット味

CMキャラクター編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ その後、1992年5月から森永製菓は子会社で生産を始めたことから関係が悪化し、1992年9月に委託生産契約を解除。その後、トリー食品工業は製法をめぐって、損害賠償と製造差し止めを求める提訴を森永製菓に対して行なった[要出典]
  2. ^ 現在[いつ?]ではこのキャッチコピーは削除されている。
  3. ^ 森永製菓がキリンビールと共同開発した「ICE BOX カクテル」もビッグエコーモンテローザ系列の店で出されている。また、阪神甲子園球場の売店などでも缶チューハイにICE BOXを加えて提供していたこともあった。
  4. ^ なお、覆面ユニットのため暫くメンバーの正体は明かされなかった。メンバーは平松まゆき藤田恵美小柳ゆきの実姉である美裕リュウ大本友子の4人。

出典編集

外部リンク編集