メインメニューを開く

株式会社IJTT: IJTT Co., Ltd. )は、いすゞ自動車系列の自動車部品メーカー。

株式会社IJTT
IJTT Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証2部 7315
2013年10月1日上場
略称 IJTT
本社所在地 日本の旗 日本
221-0056
神奈川県横浜市神奈川区金港町1番地7 横浜ダイヤビルディング 18 階
設立 2013年10月1日
業種 輸送用機器
法人番号 3010401108149 ウィキデータを編集
事業内容 トラック用部品・建設機械用部品の製造・加工・販売等
代表者 代表取締役会長 水谷春樹
代表取締役社長 原田理志
資本金 55億円(2014年3月31日現在)
売上高 連結1,483億50百万円
(2015年3月期)
純資産 連結663億70百万円
(2015年3月31日現在)
総資産 連結1,264億1百万円
(2015年3月31日現在)
従業員数 連結4,153人(2019年3月31日現在)
決算期 3月末日
主要株主 いすゞ自動車 42.39%
(2018年3月31日現在)
主要子会社 主なグループ会社 を参照
外部リンク https://www.ijtt.co.jp/
テンプレートを表示

概要編集

経営統合した三社はともにいすゞ自動車系列の部品メーカーであり、自動車部品工業は主に機械加工品及び部品の組立を、アイメタルテクノロジー鋳造品を、TDF鍛造品を、それぞれトラックメーカーや建設機械メーカーに供給してきた。

今後国内市場の大幅な伸びが見込めない一方、顧客の海外展開への迅速な対応、韓国・中国等のメーカーとの競争激化などの経営環境のもと、三社の経営資源と技術力を集中し相互補完すべく、持株会社体制での経営統合を決定。2013年10月に共同株式移転により IJTテクノロジーホールディングス株式会社を設立した。[1]

2019年4月1日にIJTテクノロジーホールディングスが完全子会社の自動車部品工業、アイメタルテクノロジー、TDFの三社を吸収合併し、社名を株式会社IJTTへ変更するとともに事業会社へ移行した[2]

沿革編集

  • 2013年(平成25年)10月1日-自動車部品工業株式会社・株式会社アイメタルテクノロジー・TDF株式会社の三社が共同株式移転を行い持株会社 IJTテクノロジーホールディングス株式会社設立。三社に代わり東京証券取引所第二部に上場[3]
  • 2015年5月 - PT.TJForge Indonesiaの増資により同社が当社連結子会社から持分法適用関連会社となる。
  • 2015年6月 - 株式会社アイメタルテクノロジーが株式会社いすゞテクノサンドを吸収合併。
  • 2016年12月 - 株式会社アイメタルテクノロジーが、株式会社三栄製作所を吸収合併。
  • 2018年8月 - 株式会社アイメタルテクノロジーが東北三和金属株式会社を吸収合併。
  • 2019年(平成31年)4月1日-自動車部品工業株式会社・株式会社アイメタルテクノロジー・TDF株式会社の三社を吸収合併し、事業会社へ移行すると共に株式会社IJTTへ社名変更[2]。また、本社機能を強化させるため本社を神奈川県へ移転した[4]

主なグループ企業編集

  • 株式会社ジェイ・ビー・ケー・サービス
  • JMスチール株式会社
  • ジブヒンタイランド(タイ
  • ジドウシャブヒンインドネシア(インドネシア
  • 東北三和金属株式会社
  • PT.ASIAN ISUZU CASTING CENTER(インドネシア)
  • トーカイ株式会社
  • テーデーエフ興産株式会社

かつてのグループ会社編集

脚注編集

外部リンク編集