INFINITY RECORDS(インフィニティ・レコーズ)は、ジェイ・ストーム社内カンパニーにあたる関ジャニ∞の自主レーベル。関ジャニ∞の関西デビュー日である2014年8月25日に発足[2]

INFINITY RECORDS
インフィニティ・レコーズ
親会社 ジェイ・ストーム
設立 2014年8月25日[1]
設立者 関ジャニ∞
販売元 ソニー・ミュージックソリューションズ
ジャンル J-POP
ロック
日本の旗 日本
公式サイト 関ジャニ∞公式サイト / INFINITY RECORDS

概要編集

  • 関ジャニ∞が、2014年8月24日で所属レコード会社だったテイチクエンタテインメントと10年間の契約を満了し、同年8月25日J Storm内に設立した自主レーベルである。
  • レーベル名の「INFINITY」は、関ジャニのデビュー時に与えられた「∞(=無限大)」の意味。初心を忘れずに無限大の活躍を目指して努力していく彼らの決意を表現した[1]
  • 自主レーベルでは、CD収録曲の構成からリリース時期、さらにツアーの企画立案まで、全て自分たちでトータルプロデュースしている[2]
  • ジェイ・ストームはavexの現地法人を通して台湾・香港でライセンス盤を販売しているが、本レーベルの作品はavexからではなくソニー・ミュージックの現地法人がライセンス盤を販売している。

年譜編集

2014年編集

2015年編集

2017年編集

  • 11月15日、関ジャニ∞が40枚目のシングル『応答セヨ』を発売[5]

2018年編集

  • 5月30日、関ジャニ∞が7人体制最後の作品である、2ndベストアルバム『GR8EST』を発売[6]
  • 7月15日、関ジャニ∞がライブツアー『KANJANI'S EIGHTERTAINMENT GR8EST』を開催し、6人体制で活動を開始[7]
  • 9月5日、関ジャニ∞が6人体制最初の作品である、『ここに』を発売[8]

2019年編集

  • 7月12日、関ジャニ∞が2018年にリリースした『関ジャニ∞アプリ』に関ジャニ∞のデビューシングル『浪花いろは節』から40thシングル『応答セヨ』までのシングル(11th~13thシングル『GIFT』を除く)37枚と、1stミニアルバム『感謝=∞』から9thアルバム『ジャム』までのアルバム11枚の通常盤の収録内容が対応することに際して、『関ジャニ∞アプリ』に入力できるコードを封入した十五催ハッピープライス盤を、本レーベルから全品15%オフの価格で、2019年7月12日〜12月27日の期間限定で再発売した[9]
  • 9月3日、7月14日からのライブツアー『十五祭』の千秋楽を開催。同公演にて、関ジャニ∞の2002年の結成以降の通算観客動員数が1000万人を突破した[10]
  • 10月30日、関ジャニ∞が6人体制最後の作品であり、5人体制最初のリリース[注 1]となる、ライブDVD&BD『十五祭』を発売[11]

2020年編集

  • 2019年11月27日に関ジャニ∞が発売した43rdシングル『友よ』が、2020年2月24日付オリコン週間シングルランキングにて週間1万1361枚を売り上げ、12位にランクイン。これにより累計売上枚数が32.9万枚となり、2015年8月5日にリリースした33rdシングル『前向きスクリーム!』の31.9万枚[注 2]を越え、本レーベル発足後、最高の売上枚数となった[12]
  • 5月5日、本レーベル初となる公式Twitterが開設された[13]。本レーベルに所属しているアーティストは「関ジャニ∞」のみの為、実質同グループの公式Twitterとなっている。

所属アーティスト編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 錦戸が同年9月30日をもってジャニーズ事務所を退所しており、退所後の発売となるため、収録されている映像は6人体制のものであるが、発売時は5人体制である。
  2. ^ 再発売の「十五催ハッピープライス盤」との合算した枚数。

出典編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集