メインメニューを開く

ITAN』(イタン)は、講談社が発行する2010年に創刊の隔月刊アンソロジーコミック。発売日は偶数月の7日[1]。2018年6月7日発売の44刊目を以て休刊した。

ITAN
ジャンル 漫画雑誌
読者対象 女性
刊行頻度 隔月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 500円
出版社 講談社
刊行期間 2010年6月25日 - 2018年6月7日
ウェブサイト ITAN公式サイト

目次

概要編集

2010年6月25日に『BE・LOVE』編集部より、「世界のはじっこを描き出す新しいコミック誌」をコンセプトとする「想像系新雑誌」をキャッチフレーズに創刊。同年3月25日には創刊に先立ち、通巻零号が発行された。「商業誌と同人誌のいいとこどりした、エンターテインメントかつコアな新雑誌」[2]と位置づけられる。誌名は「異端」「畏憚」「異譚」「偉譚」などの意味がこめられており[3]、講談社webサイトでのアンケート投票で決定された。

KCDX(講談社コミックスDX)レーベルより発行されているアンソロジーコミックであり、体裁も通常の単行本と同じく表紙カバーが付いている。しかし掲載作品は基本的に初発表の作品であり、性質的には漫画雑誌に近い。同様の性質を持つ漫画雑誌にJC.COMなどがある。

連載作品編集

スーパーキャラクターコミック大賞編集

2009年、新人作家の発掘・育成を目的として創刊に先立って創設された。まんが部門とは別にイラスト部門が設けられ、おおむね半年に1回選考・表彰される。第1回の受賞作品は2010年2月に発表され、「mabatakihasorekara」(田中相)と「へびつかいのそら」(千代多みく郎)が大賞を受賞した。

KCx ITAN編集

掲載作品の単行本は2011年7月7日に4タイトルで創刊したB6判の〈KCx ITAN〉レーベルより発行されている[4]。しかし〈KCx ITAN〉という表記は基本的に使われず、〈ITANコミックス〉という通称が用いられる。なお一部作品はA5判のため〈ワイドKC ITAN〉レーベルより発行されている。

この〈KCx〉というレーベル名は、漫画雑誌ARIA』の単行本レーベルとしても使われている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 11号より隔月刊。それまでの季刊で、発売日は3月,6月,9月,12月の25日。
  2. ^ 第2回スーパーキャラクターコミック大賞作品大募集!
  3. ^ 「この誌名には『すべてが斬新で新しすぎる異端児っぷりを発揮!』『恐れはばかれる畏憚な主人公を!』『珍しすぎる異譚な世界観を!』『いつか伝説になるような偉譚な売行きを!』……なんていう想いが込められてます!!」(講談社コミックプラス ITAN新着ニュースより)
  4. ^ “ITANコミックスが7月7日誕生、ARIAと合同でフェアを開催”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年7月4日). http://natalie.mu/comic/news/52427 2012年4月7日閲覧。 

外部リンク編集