メインメニューを開く

identity』(アイデンティティー)は、日本の女性歌手・山本彩の2作目のアルバム2017年10月4日よしもとミュージックエンタテインメント(laugh out loud! records)より発売された。

identity
山本彩スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル laugh out loud! records
プロデュース 秋元康(総合プロデュース)
亀田誠治(サウンドプロデュース)
剱持嘉一
チャート最高順位
  • 週間2位(Billboard JAPAN Hot Albums)[1]
  • 週間2位(Billboard JAPAN Top Albums Sales)[2]
  • 週間2位(オリコン[3]
山本彩 アルバム 年表
Rainbow
(2016年)
identity
(2017年)
テンプレートを表示

背景とリリース編集

前作から約1年ぶりとなる2ndアルバムであり、前作同様に亀田誠治がサウンドプロデューサーを務める[4]。初回限定盤、通常盤の2形態でリリースされ、初回限定盤には「JOKER」のミュージック・ビデオおよびメイキングを収録したDVDが付属する[4]

2017年7月16日未明、音楽番組『音楽の日』(TBS)に山本が出演、本作のリード曲「JOKER」を初披露し、歌唱後に2ndアルバムの発売が発表された[5]

クリエイターとして阿久悠阿部真央いしわたり淳治水野良樹いきものがかり)、Carlos K.ヒロイズムらが参加しているほか、山本自身の作詞・作曲楽曲も多数収録されている[6]。また、カバーアルバム『The best covers of DREAMS COME TRUE ドリウタ Vol.1』での参加楽曲「何度でも」(DREAMS COME TRUE)も収録されている[4]

2017年9月17日に、山本のほかゲストとしてライブツアーのバックバンドを務める小名川高弘、草刈浩司が出演した本アルバム収録曲の全曲試聴会がSHOWROOMで配信された[7]

楽曲解説編集

愛せよ
2007年に死去した作詞家・阿久悠による未発表詞に、『没後10年・作詞家50年・生誕80年 阿久悠未発表詞105080プロジェクト』の一環として[8][9]、水野良樹が曲をつけた楽曲である[10]

ミュージック・ビデオ編集

本作のリード曲「JOKER」のミュージック・ビデオは、山本が一人二役を演じている[11]。荒廃した屋敷のダイニングルームのテーブルの上で、ともにミニチュア化した男の格好をした山本と反対側から女性の格好をした山本が、互いにギターを弾き語りながらテーブルの中心に向かう[11][12]。テーブルの中心は朽ち果てており、崖のように2人を阻むが、ギターを置きジャンプした2人は、空中で抱き合いキスをしながら落下していく[11]。そのとき床にはハートのクイーンのカードに「JOKER」のカードが重なり合い落下していた[11]。監督は萩原健太郎が担当した[11]

メディアでの使用編集

JOKER
LIXIL住宅研究所 アイフルホーム「山﨑賢人登場」篇のCMソング[13]
MBS・TBS系『プレバト!!』2017年10〜11月度エンディングテーマ[14]
Let’s go crazy
AbemaTVドラマ『ふたりモノローグ』の主題歌[15]

収録トラック編集

CD
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「JOKER」山本彩・いしわたり淳治山本彩亀田誠治
2.「Wings」Carlos K. & Seiji KamedaCarlos K. & Seiji Kameda亀田誠治 &Carlos K.
3.「夢の声」ヒロイズム & Seiji Kamedaヒロイズム & Seiji Kameda亀田誠治
4.「Let's go crazy」山本彩山本彩亀田誠治
5.「ゆびきり」山本彩山本彩亀田誠治
6.「サードマン」山本彩山本彩亀田誠治
7.「どうしてどうして」山本彩・いしわたり淳治山本彩亀田誠治
8.「愛せよ」阿久悠水野良樹亀田誠治
9.何度でも吉田美和中村正人・吉田美和亀田誠治
10.「喝采」阿部真央阿部真央亀田誠治
11.「陸の魚」山本彩・いしわたり淳治山本彩亀田誠治
12.「春はもうすぐ」水野良樹水野良樹亀田誠治
13.「蛍」山本彩山本彩亀田誠治
合計時間:
DVD(初回限定盤のみ)
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「JOKER (Music Video)」  
2.「JOKER (Music Video Making)」  

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ “【ビルボード】Hi-STANDARD『THE GIFT』が総合アルバム首位 CDセールスとルックアップで2冠”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク, プランテック, Prometheus Global Media). (2017年10月11日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/56290/2 2017年10月11日閲覧。 
  2. ^ Billboard Japan Top Albums Sales 2017/10/16 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク, プランテック, Prometheus Global Media. 2017年10月11日閲覧。
  3. ^ “10/16付週間アルバムランキング1位はHi-STANDARDの『The Gift』”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年10月11日). http://www.oricon.co.jp/news/2098756/full/ 2017年10月11日閲覧。 
  4. ^ a b c “山本彩、10・4新アルバム『identity』 新ビジュアル&収録曲公開”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年9月4日). http://www.oricon.co.jp/news/2096774/full/ 2017年9月4日閲覧。 
  5. ^ 藤本洋輔 (2017年7月16日). “山本彩、亀田誠治プロデュースの2ndアルバム発売へ 「さらに成長したということが感じられる2ndアルバムになっていると思います」”. SPICE (イープラス). https://spice.eplus.jp/articles/135905 2017年9月26日閲覧。 
  6. ^ “山本彩、10・4新アルバム『identity』 新ビジュアル&収録曲公開”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2017年9月4日). http://www.oricon.co.jp/news/2096774/full/ 2017年9月4日閲覧。 
  7. ^ “山本彩 2ndアルバム「identity」リリース記念全曲試聴会が9月17日(日) 22時よりSHOWROOMで生配信決定!”. 日刊エンタメクリップ. (2017年9月15日). https://entameclip.com/news/79491 2017年9月26日閲覧。 
  8. ^ ■メモリアルイヤー未発表詞プロジェクトに賛同したアーティスト×阿久悠との新曲が続々と決定”. オフィス・トゥー・ワン. 2017年9月26日閲覧。
  9. ^ “阿久悠さん未発表詞が続々と楽曲化 いきもの水野良樹がETV特集で足跡取材”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年9月7日). http://www.oricon.co.jp/news/2096877/full/ 2017年9月26日閲覧。 
  10. ^ “いきものがかり・水野良樹が昭和のヒットメーカー・阿久悠の軌跡をたどる。未発表詞に水野が作曲した「愛せよ」を山本彩が歌う一幕も!”. インターネットTVガイド (東京ニュース通信社). (2017年9月22日). http://www.tvguide.or.jp/feature/specialinterview/20170922/02.html 2017年9月26日閲覧。 
  11. ^ a b c d e “山本彩、2役&キスシーンも ソロ新曲「JOKER」MV公開”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年9月12日). http://www.oricon.co.jp/news/2097104/full/ 2017年9月26日閲覧。 
  12. ^ “山本彩、2ndアルバム「identity」リード曲「JOKER」MV解禁”. Musicman-NET (エフ・ビー・コミュニケーションズ, マグネット). (2017年9月12日). https://www.musicman-net.com/artist/68643 2017年9月26日閲覧。 
  13. ^ 8/27よりオンエア アイフルホームTVCMに山本彩「JOKER」が起用”. 山本彩 Yamamoto Sayaka Official Site (2017年8月25日). 2017年9月4日閲覧。
  14. ^ 「JOKER」がTBS・MBS系全国ネット「プレバト!!」2017年10〜11月度エンディングテーマに決定!”. 山本彩 Yamamoto Sayaka Official Site (2017年10月3日). 2017年10月4日閲覧。
  15. ^ “さや姉、ソロ新曲が初のドラマ主題歌!”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年10月2日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/10/02/kiji/20171002s00041000099000c.html 2017年10月3日閲覧。 

外部リンク編集