Integrated Graphics Processor

Integrated Graphics ProcessorIGP、統合グラフィックスプロセッサ)とは、チップセットまたはCPUに統合されたグラフィックスプロセッサGPU)のこと。統合グラフィックスとも呼ばれる。IGPはグラフィックスプロセッサを搭載するチップセットを指すこともある。

特にNVIDIAnForceシリーズにおいてグラフィックス機能を搭載したノースブリッジチップを指すことが多いが、NVIDIAに限らず、ATIVIASiSのチップセットにおいてもIGPは多数存在した。ただし、VIAだけはチップセットそのものではなく、グラフィックスコアとなるS3 ChromeをIGPと呼んでいる。

専用のグラフィックスメモリ(VRAM)ではなくコンピュータのメインメモリの一部を利用するため、独立したビデオカードと比べてより安価にグラフィックス処理を実現できる。主にオフィス向けアプリケーションのようなグラフィックス描画負荷の低い用途で用いられることを想定しており、ハイエンドの3Dゲームを快適にプレイしたり、CADソフトウェアを快適に実行したりする目的には使えない。しかし、AMD APUAMD Radeonを統合)やIntel Core iシリーズ(Intel HD Graphicsを統合)などの上位製品ではゲーミング用途を想定して高性能GPUを搭載しているものも増えている。

製品リスト編集

関連項目編集