IntelliJ IDEA

チェコに本社を置くJetBrains社が開発した、Javaなど数多くのプログラミング言語に対応した統合開発環境

IntelliJ IDEA (インテリジェイ アイディア[2]) は、チェコに本社を置くJetBrains社が開発した、Javaなど数多くのプログラミング言語に対応した統合開発環境である。

IntelliJ IDEA
IntelliJ IDEA Logo.svg
Intellij IDEA Community 2019.1 screenshot.png
IntelliJ IDEA 2019.1 Community Edition
開発元 JetBrains
最新版 2020.1 [1] / 2020年4月9日(4か月前) (2020-04-09
最新評価版 2020.1 EAP build 201.6668.121 / 2020年4月9日(4か月前) (2020-04-09
リポジトリ github.com/JetBrains/intellij-community
対応OS クロスプラットフォーム
対応言語 英語等(国際化対応)
種別 統合開発環境
ライセンス オープンソース
プロプライエタリ・ソフトウェア
公式サイト www.jetbrains.com/idea/
テンプレートを表示

リファクタリング機能をJava用の統合開発環境としては初めて搭載したことでも知られる[3]変数のないプログラミング言語に対してもリファクタリングを提供している。

ZeroTurnaroundの調査によると、2016年時点ではJavaの統合開発環境としては1番人気である[4]

オープンソース版編集

Ver.9からはオープンソースのCommunity Editionを提供している[5]。 有償のUltimate Editionに対しての、このCommunity Editionの違いは以下の通りである。

Community Editionは比較的緩いライセンス形態である Apache License を採用している。これによりベンダーは独自機能を搭載して販売してもソースコードを公開する必要がない[6]

機能編集

コーディング支援編集

IDEは、コンテキストの分析によるコード補完、コード内のクラスや宣言に直接ジャンプできるコードナビゲーション、コードリファクタリング、コードデバッグ[7]リント、提案を介して矛盾を修正するオプションなど、特定の機能[8]を提供する。

ビルトインツールと統合編集

このIDEは、grunt、bower、gradleSBTなどのビルド/パッケージ化ツールとの統合を提供する[9]。また、Git、Mercurial、Perforce、SVNなどのバージョン管理システムをサポートしている。Microsoft SQL Server、Oracle、PostgreSQL、SQLite、MySQLなどのデータベースは、組み込みバージョンのDataGripを介して、Ultimate版のIDEから直接アクセスすることができる。

プラグインエコシステム編集

IntelliJは、IDEに機能を追加するためのプラグインをサポートしている。プラグインは、IntelliJのプラグインリポジトリのウェブサイトからダウンロードしてインストールするか、IDEに内蔵されているプラグインの検索・インストール機能を利用してインストールすることができる。各エディションには個別のプラグインリポジトリがあり、Community版とUltimate版では、2019年現在、それぞれ3000個以上のプラグインが用意されている[10]

サポート言語編集

下記一覧はデフォルトでサポートしている物であり、プラグインの形で下記以外の物も多数提供されている。Microsoft Visual Studioの言語(C#VB.NETC++/CLITypeScriptASP.NETなど)はReSharperで、Objective-CはAppCodeでサポートしている。また、RubyはRubyMineとして、PHPはPhpStormとして、JavaScriptはWebStormとして、PythonPyCharmとして、C/C++はCLionとして、C#などの.NET言語はRiderとして、分離された固有名称を持つIDEも提供されている。

Community版とUltimate版では、以下の表に示すように、さまざまなプログラミング言語のサポートが異なる。 Community版とUltimate版の両方でサポートされているのは以下[11]

Ultimate Editionでのみサポート:

初期サポートの言語の一部を除いて、残りは全てリファクタリングデバッガをサポートしている。ただし、リファクタリングの機能はJavaが最も充実している。

サポート技術編集

Ultimate Editionでのみサポート:[25]

JIRA、Bamboo、Crucible、FishEyeと統合するために、AtlassianからIntelliJ用の無料プラグインが提供されていた。しかし、そのIDE-Connectorというソフトウェアは2015年6月1日に販売を終了した。

サポートする履歴管理編集

また、この2つのエディションでは、ソフトウェアのバージョン管理とリビジョン管理システムのサポートも異なる。

以下はCommunity EditionとUltimate Editionの両方でサポートされている。

Ultimate Editionでのみサポート:[25]

国際化機能編集

IntelliJ IDEA 5.1から文字列国際化サポート機能が強化されて日本語ロケール化にも対応したので、メニューなどの日本語化ローカライズが実現している[28]。しかし、その後、IDE自体の日本語化は売上が伸びなかったため、公式では廃止された[29]

その後、公式から日本語化プラグインが提供され(2020/5/17現在EAP)[30][31]、Pleiades[32]を含むサードパーティによる日本語化方法は改めて非推奨となった。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ https://www.jetbrains.com/idea/whatsnew/
  2. ^ Overview of IntelliJ IDEA - YouTube
  3. ^ Multi-language Refactorings
  4. ^ “Java Tools and Technologies Landscape Report 2016: Trends and Historical data” (プレスリリース), ZeroTurnaround, (2016年), https://zeroturnaround.com/rebellabs/java-tools-and-technologies-landscape-2016-trends/ 
  5. ^ IntelliJ IDEA Open Sourced
  6. ^ Googlerも使っているIntelliJ IDEAのOSS版を試す
  7. ^ Roman Beskrovnyi, "Debugging in IntelliJ IDEA: a beginner's guide", CodeGym.cc blog, 16 March 2020
  8. ^ IntelliJ IDEA :: Features”. JetBrains. 2016年2月7日閲覧。
  9. ^ IntelliJ IDEA :: Features”. JetBrains. 2016年2月7日閲覧。
  10. ^ JetBrains Plugins Repository”. plugins.jetbrains.com. 2019年7月14日閲覧。
  11. ^ JetBrains Plugins Repository”. plugins.jetbrains.com. 2019年7月14日閲覧。
  12. ^ Cursive - Plugins - JetBrains”. JetBrains Plugin Repository. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  13. ^ CloudSlang - Plugins - JetBrains”. JetBrains Plugin Repository. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  14. ^ Elm - Plugins - JetBrains”. JetBrains Plugin Repository. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  15. ^ Rik van der Kleij. “Haskell - Plugins - JetBrains”. JetBrains Plugin Repository. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  16. ^ Julia - Plugins - JetBrains”. JetBrains Plugin Repository. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  17. ^ sylvanaar2 / Lua For IDEA / wiki / Home — Bitbucket”. bitbucket.org. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  18. ^ Python Community Edition - Plugins - JetBrains”. JetBrains Plugin Repository. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  19. ^ JetBrains Delights the Python Community with a Free Edition of its Famous IDE, PyCharm 3.0”. jetbrains.com (2013年9月24日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  20. ^ JetBrains. “Rust”. JetBrains Plugins. 2019年12月10日閲覧。
  21. ^ Official Support for Open-Source Rust Plugin for IntelliJ IDEA, CLion, and Other JetBrains IDEs”. JetBrains Blog (2017年8月4日). 2019年12月10日閲覧。
  22. ^ "Jetbrains R language support"”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  23. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「jetbrains.com」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
  24. ^ Built-in SBT Support in IntelliJ IDEA 13”. JetBrains (2013年11月18日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  25. ^ a b 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「editions」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
  26. ^ JetBrains. “TFS”. JetBrains Plugins. 2019年12月10日閲覧。
  27. ^ Microsoft. “Azure DevOps”. JetBrains Plugins. 2019年12月10日閲覧。
  28. ^ JetBrains、Java IDE IntelliJ IDEA 5.1公開 - 日本語化、i18nサポートも - マイナビニュース 2006年2月7日記事
  29. ^ [1] - Localized IDEA (Chinese/Japanese)?
  30. ^ [2] - JetBrainsデスクトップ製品の日本語化
  31. ^ [3] - Japanese Language Pack EAP - IntelliJ IDEs
  32. ^ [4] - Pleiades - 日本語化プラグイン

外部リンク編集