International Vale Tudo Championship

International Vale Tudo Championship(インターナショナル・バーリトゥード・チャンピオンシップ、略称IVC)は、ブラジル総合格闘技団体。あまりにも過激なルールだったため、テレビ放送では18歳未満視聴禁止に指定された[1]

International Vale Tudo Championship
設立 1997年
主催 バッタレリ・ファイティング・プロモーションズ
本部 ブラジルの旗 ブラジル
サンパウロ州
代表者 セルジオ・バッタレリ
サイト 公式サイト
テンプレートを表示

概要編集

1997年、フレデリコ・ラベンダと共に「World Vale Tudo Championship」の共同経営者だったセルジオ・バッタレリが独立して設立した[2]

設立当初は賞金制のトーナメントであったが、1999年からトーナメントと並行して王座の認定を開始した。

2001年11月、ベネズエラで2年3か月ぶりに大会を開催。以後、2003年3月までブラジル国外で年1回開催された。

2003年11月、代表者のセルジオ・バッタレリがK-1ブラジルの代表に就任した[3]

2015年5月、UFCを運営するズッファに映像権利を売却した[4]

2016年8月、13年5か月ぶりに大会を開催し、キックボクシングのWKN世界タイトルマッチを開催した[5]

ルール編集

ブラジル・バーリトゥード評議会の管理下で行われ、素手で戦う禁止技の少ない伝統的なバーリトゥードルールに準拠していたが[6]、ブラジル国外で開催されたIVC 14から安全性に配慮し、グローブ着用を義務づけ、頭突き、後頭部への打撃、踏みつけを禁止した総合格闘技ルールに変更された[7]

階級・王座編集

階級 重量区分 王者
ヘビー級 +201lbs: +91.1kg   カーロス・バヘット
ライトヘビー級 -200lbs: -91.0kg   ヴァンダレイ・シウバ
ミドル級 -182lbs: -83.0kg   ペレ
ライト級 -168lbs: -76.0kg   ハファエル・コルデイロ

開催履歴編集

大会名 開催年月日 会場 開催地
IVC 15: The New Era 2016年8月20日 フロレスタ・コンべんチオンス・アンド・エベントス   サンパウロ州ソロカーバ
IVC: Starwars 1 2003年3月22日 -   カストロ・マリン
IVC: Rumble in Yougoslavia 2002年12月1日 -   ベオグラード
IVC 14: USA vs. Brazil 2001年11月11日 -   カラカス
IVC 13: The New Generation of Lightweights 1999年8月26日 -   サンパウロ州
IVC 12: The New Generation of Middleweights 1999年8月26日 -   サンパウロ州
IVC 11: The Tournament is Back 1999年4月27日 -   ブラジル
IVC 10: World Class Champions 1999年4月27日 -   ブラジル
IVC 9: The Revenge 1999年1月20日 -   セルジッペ州アラカジュ
IVC 8: The Road Back to the Top 1999年1月20日 -   セルジッペ州アラカジュ
IVC 7: The New Champions 1998年8月23日 -   サンパウロ州
IVC 6: The Challenge 1998年8月23日 -   サンパウロ州
IVC 5: The Warriors 1998年4月26日 ホテル・グランメリア   サンパウロ州
IVC 4: The Battle 1998年2月7日 -   ブラジル
IVC 3: The War Continues 1997年12月10日 -   ブラジル
IVC 2: A Question of Pride 1997年9月15日 -   ブラジル
IVC 1: Real Fight Tournament 1997年7月6日 -   ブラジル

脚注編集

外部リンク編集