Ivy to Fraudulent Game』(アイヴィー トゥー フロウジュレント ゲーム)は、日本の4人組ロックバンドJVCケンウッド・ビクターエンタテインメント内のレーベル、Getting Better所属。

Ivy to Fraudulent Game
出身地 日本
ジャンル ロック
活動期間 2010年 -
レーベル SPACE SHOWER MUSIC
(2012年 – 2017年)
ビクターエンタテインメント
(2017年 - )
公式サイト Ivy to Fraudulent Game
メンバー 寺口宣明(ギターボーカル
大島知起(ギター)
カワイリョウタロウ(ベース
福島由也(ドラムス

概要編集

2010年10月、ドラムの福島を中心に群馬にて結成。バンド名は「植物のツタ」のIvy、造語で「いかさま」のFraudulentとGameを掛け合わせて、ツタのようにたくさんの人に音楽を張り巡らせるという思いと、良い意味で聴いてくれる人を裏切っていくような音楽をしたいという意味を込めて福島が命名。[1]

ポスト・ロック、オルタナ、シューゲイザーといった音楽性を取り入れたサウンドスケープや、J-POPとしても通用するメロディが高く評価されている。

2017年12月、JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント内のレーベル、Getting Betterよりメジャーデビュー[2]

メンバー編集

寺口宣明
  • ギターボーカル担当。
  • 影響を受けたアーティストは玉置浩二山下達郎など。ポルノグラフィティのライヴ映像を観たことがきっかけでギターを始めた。[3]
  • 小学生の頃の夢はサッカー選手。
  • 高校で福島と出会い、Ivyを結成した。その頃から福島の作曲するオリジナル曲を演奏している
大島知起
  • ギター担当。
  • メロコアメタルを好む。マキシマム ザ ホルモンを聴いてギターを始めた[3]
  • 祖母に通わされて小学生6年間ピアノを習っていた。
  • 高校2年生の夏にIvyを始めて見た。のち、大島が所属するバンドとIvyが対バンをした際に「ギターを募集している」と耳にし、大島が声を掛けたのが加入のきっかけとなった。
カワイリョウタロウ
  • ベース担当。
  • ディープ・パープルジミ・ヘンドリックスなどの60年代、70年代オールドロックに影響を受けている[3]
  • 高校2年生、カワイの所属するバンドとIvyが対バン。カワイのバンドが解散した際に、以前対バンで利用したライブハウスの店長から「この前のIvyというバンドのベースが辞めたため、サポートをして欲しい」と声を掛けられたのが加入のきっかけとなった。
福島由也

経歴編集

2012年11月に行われたFMぐんま主催ROCKERS2012にてBestROCKERS受賞。カワイリョウタロウが正式加入。

2013年8月にTokyoFM&Sony Music主催「閃光ライオット2013」ファイナル出場。

2016年、SPACE SHOWER MUSICより初の全国流通盤となる1st mini album「行間にて」をリリース。5月に行った全国ツアー「行間にて」リリースツアーのチケットが即日完売した事から、急遽、追加公演として渋谷 CLUB QUATTROでのワンマンライブが決定。追加公演もチケットはソールドアウトした。

2017年12月にビクターエンタテインメント内の「Getting Better」よりメジャー1st Album「回転する」をリリース。

2019年10月2日より、「JOYのASOBU-TV JOYnt!」(群馬テレビ)の番組テーマ曲を担当。

作品編集

シングル編集

  発売日 タイトル 規格 規格品番 最高位 備考
インディーズ
1st myth”E” CD
2nd (cell) / ambient CD PCD-4633
Getting Better(メジャー)
1st 2018年9月26日 Parallel CD 完全生産限定盤 VIZL-138
通常盤 VICL-37394
2nd 2019年1月30日 Memento Mori CD 完全生産限定盤 VIZL-1508
通常盤 VICL-37450
3rd 2019年7月24日 模様 CD 完全生産限定盤 VICL-37489

EP編集

  発売日 タイトル 規格 最高位 備考
インディーズ
1st 2017年6月2日 Tokyo/Kokyo e.p.

ミニアルバム編集

  発売日 タイトル 規格 規格品番 最高位 備考
インディーズ
1st 2016年4月20日 行間にて CD PECF-3164
2nd 2017年3月8日 継ぐ CD 初回限定盤 PECF-9025
通常盤 PECF-3176

フルアルバム編集

  発売日 タイトル 規格 規格品番 最高位 備考
Getting Better(メジャー)
1st 2016年1月6日 回転する CD 初回限定盤 VIZL-1264
通常盤 VICL-64881
2nd 2019年9月4日 完全が無い CD 完全生産限定盤 VIZL-1620
通常盤 VICL-65228

参加作品編集

発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲
2013年12月4日 光ライオット2013 CD RIOT-2013 3.adult

ミュージックビデオ編集

公開日 監督 曲名 備考
2015/02/01 東京
2015/07/20 she see sea
2016/04/11 笹原清明 水泡
2017/02/08 番場秀一 Dear Fate,
2017/03/07 番場秀一 夢想家
2017/08/25 E.G.B.A. (live music video)
2017/11/22 番場秀一 何処か / somewhere
2018/01/05 番場秀一 革命
2018/08/24 番場秀一 Parallel
2019/01/08 三石直和 Memento Mori
2019/01/29 三石直和 低迷
2019/07/23 三石直和 模様 出演:織田梨沙
2019/08/21 渡邊哲 blue blue blue

タイアップ編集

起用年 曲名 タイアップ
2017年 Dear Fate, スペースシャワーTV2017年3月度POWER PUSH
2019年 Memento Mori TBS系テレビ「CDTV」2019年1月度エンディングテーマ

群馬テレビ『JOYのASOBU-TV JOYnt!』2019年10月番組OP&EDテーマ

模様 TVアニメ「トライナイツ」エンディングテーマ
blue blue blue テレビ東京系6局ネットTVアニメ「ゾイドワイルドZERO」主題歌

ライブ編集

ワンマンライブ・自主企画編集

公演年 公演名 公演日 会場
2016 Ivy to Fraudulent Game「揺れる 0.8」 12月15日 渋谷 WWW X
2019 Concept Live “完全が無い” 7月24日 恵比寿ガーデンホール
Ivy to Fraudulent Game Presents “揺れる 0.9” 9月23日 高崎clubFLEEZ

ライブツアー編集

日程 ツアータイトル 規模・会場
2016年5月21日 - 7月18日 「行間にて」release tour
2017年4月1日 - 7月9日 Ivy to Fraudulent Game 2nd mini album “継ぐ” release tour “告ぐ”
2019年2月2日 - 3月10日 Ivy to Fraudulent Game "Carpe Diem" Tour

フェス・イベント編集

出演編集

ラジオ編集

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

外部リンク編集