J・J・ジョンソン

J・J・ジョンソン[1]J. J. Johnson1924年1月22日 - 2001年2月4日)は、スウィング・ジャズ期末期からモダン・ジャズ時代にかけて活躍したトロンボーン・プレイヤー。

J・J・ジョンソン
J. J. Johnson
出生名 James Louis Johnson
生誕 (1924-01-22) 1924年1月22日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 インディアナ州インディアナポリス
死没 (2001-02-04) 2001年2月4日(77歳没)
ジャンル ジャズビバップハード・バップサード・ストリーム
職業 トロンボーン奏者、バンドリーダー、作曲家
担当楽器 トロンボーン
活動期間 1942年 - 1996年

モダン・ジャズにおけるトロンボーン演奏の第一人者であり、ジャズ界で「J.J.」と言えばすなわち彼を指すほどに著名な存在である。

来歴編集

インディアナ州インディアナポリス生まれ。スウィング・ジャズ全盛期の1941年クラレンス・ラブ楽団に在籍、プロとしての活動を開始。ベニー・カーター楽団(1942年-1945年在籍)やカウント・ベイシー楽団(1945年-1946年在籍)といった名門ビッグバンドでキャリアを積んだ。

1950年代初頭に、チャーリー・パーカーディジー・ガレスピーらとの演奏活動を通じてテクニックを磨き、のちに「空前絶後」と評された独自の演奏スタイルを確立してモダン・ジャズ時代の人気プレイヤーのひとりとなる。

いくつかのリーダー・グループを率いたが、人気・実力共もっとも高かったのは1954年に白人のトロンボーン・プレイヤーカイ・ウィンディングと結成した2トロンボーン・コンボJ&K」であろう。二人は日本でも『スイングジャーナル』誌における人気投票のトロンボーン部門で常に上位を争う存在であった。二人のコンボは、その独創性と完成度によって当初から高い評価を得ていた。

またプレイヤーとしてだけではなくアレンジャーとしても活躍しており、自身が参加していないアルバムのアレンジや、映画音楽スコアも数多く手がけている。70歳近くになってからもMacintoshでの編曲を始めるなど、精力的に活動。作曲面の才能もあり、バラード「ラメント (Lament)」などの代表曲がある。

他に共演者はクリフォード・ブラウンジミー・ヒースケニー・クラークウィントン・ケリーチャールス・ミンガスマイルス・デイヴィスハンク・モブレーホレス・シルヴァーポール・チェンバースソニー・ロリンズスタン・ゲッツオスカー・ピーターソンレイ・ブラウントミー・フラナガンマックス・ローチレオ・パーカーハンク・ジョーンズソニー・スティット等が挙げられる。

晩年まで音楽活動を続けたが、前立腺癌による病苦から2001年、インディアナポリスにて自殺した。

モダン・ジャズにおけるトロンボーンとJ.J.編集

スウィング・ジャズ時代には花形楽器だったトロンボーンだが、モダン・ジャズ時代になるとあまり省みられなくなった。その理由のひとつにトロンボーンの持つ構造的特徴がある。

トロンボーンはトランペットサックスのようにバルブやキーを操作することで音階を変化させるのではなく、スライドを伸縮させることによってそれを行う。このことが楽器としてきわめて特徴的な機能、例えば中間音ハーフトーンクォータートーン)を容易に出せる、スライドトーンといった表現が可能である等をもたらした。

これらの特性はトロンボーンにハーモニー楽器としての位置付けをなし、アンサンブルを重視するビッグバンドジャズにおいてバンドや曲自体の性格を決定する「核」としての役割を果たすこととなった。

しかしその後に訪れたビバップ時代は、スピード感あふれる素早い音の切り替えや高音域までカバーする幅広い音階を多用したアドリブ(インプロヴィゼーション)プレイ重視となり、前述したトロンボーンの楽器としての特徴は逆に欠点(スライドの移動距離が大きく素早いフレーズを吹きにくい、音程が狂いやすい、音と音の切り替えがあいまい等)となって、ジャズ楽器の主流の座を失っていった。

J・J・ジョンソンは「トロンボーンのディジー・ガレスピー」と形容された超絶的技巧をもってこの欠点を克服し、モダン・ジャズのトップ・プレイヤーの地位を確立すると同時に、以降の時代におけるトロンボーンのジャズ楽器としての可能性を示し、多くの後進たちに多大な影響を与えた。その高速フレージングは、わざわざアルバム・ジャケットに「バルブトロンボーンに非ず」との注記まで付けられたほどである。

ディスコグラフィ編集

リーダー・アルバム編集

  • 『J.J.ジョンソン・ジャズ・クインテット』 - J. J. Johnson's Jazz Quintets (1949年、Savoy) ※1946年-1949年録音。サヴォイからのシングル&EP集
  • Modern Jazz Trombones (1951年、Prestige) ※1949年録音。カイ・ウィンディングとのスプリット盤
  • 『サウス・パシフィック・ジャズ』 - Jazz South Pacific (1952年、Regent / Savoy)
  • Jazz Workshop, Volume One: Trombone Rapport (1953年、Debut) ※with カイ・ウィンディング、ベニー・グリーン、ウィリー・デニス
  • 『ジ・エミネント・J.J.ジョンソン Vol.1』 - The Eminent Jay Jay Johnson, Vol. 1 (1955年、Blue Note)
  • 『ジ・エミネント・J.J.ジョンソン Vol.2』 - The Eminent Jay Jay Johnson, Vol. 2 (1955年、Blue Note)
  • 『ジ・エミネント・J.J.ジョンソン Vol.3』 - The Eminent Jay Jay Johnson, Vol. 3 (1955年、Blue Note)
  • Jazz Workshop, Volume Two: Trombone Rapport (1955年、Debut) ※1953年録音
  • 『J・イズ・フォー・ジャズ』 - J Is for Jazz (1956年、Columbia)
  • 『トロンボーン・バイ・スリー』 - Trombone By Three (1956年、Prestige) ※カイ・ウィンディング、ベニー・グリーンとのスプリット盤
  • 『スティット、パウエル&J.J.』 - Sonny Stitt / Bud Powell / J.J. Johnson (1956年、Prestige) ※with ソニー・スティットバド・パウエル
  • 『フォー・トロンボーンズ』 - Four Trombones (1957年、Debut) ※1953年録音
  • 『ファースト・プレイス』 - First Place (1957年、Columbia)
  • 『ブルー・トロンボーン』 - Blue Trombone (1957年、Columbia)
  • 『ダイアルJ.J.5』 - Dial J. J. 5 (1957年、Columbia)
  • 『アット・ジ・オペラ・ハウス』 - Stan Getz and J. J. Johnson at the Opera House (1957年、Verve) ※with スタン・ゲッツ
  • 『J.J.イン・パーソン』 - J. J. in Person! (1958年、Columbia)
  • 『リアリー・リヴィン』 - Really Livin' (1959年、Columbia)
  • Trombone and Voices (1960年、Columbia)
  • 『J.J.Inc.』 - J.J. Inc. (1960年、Columbia)
  • A Touch of Satin (1961年、Columbia)
  • 『マック・ザ・ナイフ』 - André Previn and J. J. Johnson (1961年、Columbia) ※with アンドレ・プレヴィン
  • 『J.J.ズ・ブロードウェイ』 - J.J.'s Broadway (1963年、Verve)
  • 『プルーフ・ポジティヴ』 - Proof Positive (1964年、Impulse!)
  • 『J.J.!』 - J.J.! (1964年、RCA Victor) ※旧邦題『ダイナミック・サウンド』
  • Goodies (1965年、RCA Victor)
  • 『ブロードウェイ特急』 - Broadway Express (1965年、RCA Victor)
  • 『ザ・トータル』 - The Total J.J. Johnson (1966年、RCA Victor)
  • 『ライヴ・イン・ジャパン』 - The Yokohama Concert (1977年、Pablo) ※with ナット・アダレイ
  • 『ピナクルズ』 - Pinnacles (1979年、Milestone)
  • 『コンセプツ・イン・ブルー』 - Concepts in Blue (1980年、Pablo)
  • Aurex Jazz Festival '82 All Star Jam (1982年、East World / Somethin' Else Classics) ※with クラーク・テリー、カイ・ウィンディング、デクスター・ゴードン
  • 『ジャンピン・ブルース』 - Jackson, Johnson, Brown and Company (1983年、Fantasy) ※with ミルト・ジャクソンレイ・ブラウン
  • We'll Be Together Again (1984年、Pablo) ※with ジョー・パス
  • 『シングス・アー・ゲティング・ベター・オール・ザ・タイム』 - Things Are Getting Better All the Time (1984年、Pablo) ※with アル・グレイ。旧邦題『朝日のごとくさわやかに』
  • 『クインタージー〜ライヴ・アット・ヴィレッジ・ヴァンガード』 - Quintergy (1988年、Antilles)
  • 『スタンダーズ / J.J.ジョンソン・ライヴ・アット・ヴィレッジ・ヴァンガードVOL.2』 - Standards (1988年、Antilles)
  • 『ビ・バップの巨人』 - The Be Bop Legends (1990年、Polydor) ※1964年録音。セロニアス・モンクとのスプリット盤
  • 『ヴィヴィアン』 - Vivian (1992年、Concord)
  • 『レッツ・ハング・アウト』 - Let's Hang Out (1992年、Verve)
  • 『アメイジング・グレイス』 - Tangence (1994年、Verve) ※with ロバート・ファーノン・オーケストラ
  • The Brass Orchestra (1996年、Verve)
  • Heroes (1998年、Verve)
  • Chain Reaction: Yokohama Concert, Vol. 2 (2002年、Pablo) ※1977年録音。with ナット・アダレイ
  • 『ライヴ・イン・ロンドン』 - Live In London (2008年、MSI) ※1964年録音
  • 『クインテット・ライヴ・イン・アムステルダム1957』 - What's New (2009年、Music Center The Netherlands) ※1957年録音

ジェイ・ジェイ・ジョンソン & カイ・ウィンディング(J&K)編集

  • 『ジェイ・アンド・カイ』 - Jay and Kai (1954年、Savoy)
  • 『バードランドのJ&K』 - An Afternoon at Birdland (1954年、"X"/RCA)
  • Jay and Kai – Dec. 3, 1954 (1954年、Prestige)
  • 『K+J.J.』 - K + J.J. (1955年、Bethlehem)
  • 『ジェイ・アンド・カイ』 - Jay and Kai (1955年、Columbia)
  • 『トロンボーン・フォー・トゥー』 - Trombone for Two (1955年、Columbia)
  • Jay and Kai + 6, The Jay and Kai Trombone Octet (1956年、Columbia)
  • 『アット・ニューポート』 - Dave Brubeck and Jay & Kai at Newport (1956年、Columbia) ※デイヴ・ブルーベック・カルテットとのスプリット盤
  • 『J.J.&カイ・クインテット ベニー・グリーン・ウィズ・ストリングス』 - Kai And Jay, Bennie Green With Strings (1956年、Prestige) ※ベニー・グリーン・ウィズ・ストリングスとのスプリット盤
  • 『ザ・グレート・カイ&J.J.』 - The Great Kai & J. J. (1960年、Impulse!)
  • 『イスラエル』 - Israel (1968年、A&M/CTI)
  • 『ビットゥイクスト・アンド・ビットゥイーン』 - Betwixt & Between (1968年、A&M/CTI)
  • 『ストーンボーン』 - Stonebone (1969年、A&M/CTI)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ジェイ・ジェイ・ジョンソン」の表記もある。

参考文献編集

  • ジャズ批評編集部編 編 『ジャズ管楽器 : バリトン・サックス/ソプラノ・サックス/クラリネット/フルート/トロンボーン他』松坂〈ジャズ批評ブックス〉、2002年、182-183頁。ISBN 4-915557-12-X 
  • ジャズ批評編集部編 編 『決定版ブルーノート・ブック 〜史上最強のジャズ・レーベルのすべて〜』松坂〈ジャズ批評ブックス〉、1999年、72,85,91,101頁。ISBN 4915557014 
  • 悠雅彦、稲岡邦弥、福島哲雄 『ジャズCDの名盤』文春新書、2000年、122-123頁。ISBN 4166601164 

外部リンク編集