メインメニューを開く

フリオ・ダニエル・マルティネスJulio Daniel Martinez , 1987年8月21日 - )は、 アメリカ合衆国フロリダ州マイアミ出身のプロ野球選手外野手指名打者)。右投右打。MLBボストン・レッドソックス所属。愛称はフラッコ[2]

J.D.マルティネス
J. D. Martinez
ボストン・レッドソックス #28
J. D. Martinez Boston Red Sox August 2018 (crop).png
2018年8月10日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州マイアミ
生年月日 (1987-08-21) 1987年8月21日(31歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手指名打者
プロ入り 2009年 MLBドラフト20巡目
初出場 2011年7月30日 ミルウォーキー・ブルワーズ
年俸 $23,750,000(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

プロ入り前編集

マイアミで生まれ育ち、フロリダ・マーリンズのファンであった[3]

プロ入りとアストロズ時代編集

2009年MLBドラフト20巡目(全体611位)でヒューストン・アストロズから指名され、プロ入り。

2011年7月30日フィラデルフィア・フィリーズへ放出されたハンター・ペンスの穴埋めとしてメジャー昇格。ノバ・サウスイースタン大学英語版の出身者として初のメジャーリーガーとなった。

2012年4月13日のマイアミ・マーリンズ戦では、マーリンズ・パークの開場第1号本塁打を放った[3]

2014年3月22日に自由契約となった。

タイガース時代編集

2014年3月24日にデトロイト・タイガースとマイナー契約を結んだ[4]。AAA級トレド・マッドヘンズで開幕を迎え、4月21日にタイガースとメジャー契約を結んだ[5]。メジャー合流後は、連日左翼手ないし右翼手で起用され、切れ目なくヒット・長打を生産。6月23日には自身初のプレイヤー・オブ・ザ・ウィーク英語版に選出された。打率.315、23本塁打、76打点という好成績をマークし、139安打中56本の長打を放った。OPS0.912はミゲル・カブレラ以上の値で、主砲と呼ぶべき活躍を見せ飛躍した。

2015年はレギュラー右翼手として固定されて158試合に出場し、更なる飛躍を遂げた。まず、前半戦で打率.289・25本塁打・59打点・OPS0.913という好成績をマークし[6]オールスターの一員に選出された。オールスターの試合では1打席に立ったが、ヒットは放てなかった[7]。後半戦も安定してホームランと打点を生産し、最終的には打率.282・38本塁打(アメリカンリーグ8位)、102打点 (同7位)、OPS0.879(同9位)という素晴らしい成績を記録。出場試合数とホームランが激増した影響もあり、三振も増えて178個(リーグワースト2位)喫したが、主砲カブレラの負傷離脱やビクター・マルティネスの低調がある中、大砲として大きく貢献した。

2016年6月16日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦で守備時にフェンス際でのキャッチを試みた際、右肘を故障して長期離脱した[8]。復帰後は試合に出場し、最終的には120試合に出場して、ぎりぎりで規定打席に達した。バッティング面では打率.307・22本塁打・68打点・OPS0.908という素晴らしい成績のほか、キャリアハイの35二塁打も放ち、打力にはいささかの陰りも見られなかった。一方、守備は急激に劣化し、前年の15補殺、3失策DRS + 4から大幅ダウンとなる、3補殺、6失策、DRS - 22だった[9]

2017年スプリングトレーニング中に怪我をしたことで、故障者リスト入りして開幕を迎えた。5月12日にシーズン初出場すると、同月21日にはプレイヤー・オブ・ザ・ウィークに選出された。7月16日にも選ばれている。前半戦を打率.305・16本塁打・39打点の好成績で折り返した。

ダイヤモンドバックス時代編集

7月18日にマイナーリーグ所属のセルジオ・アルカンタラ英語版ダウェル・ルーゴ英語版ホセ・キングの計3選手とのトレードで、アリゾナ・ダイヤモンドバックスへ移籍した[10]。9月4日には球団史上初となる1試合4本塁打を放った。これもあり、同月10日にナショナルリーグのプレイヤー・オブ・ザ・ウィークを獲得した。次週も選出されたことにより、プレイヤー・オブ・ザ・ウィーク創設以来初のシーズン4度選出された選手になった[11]。この月は月間MVPにも選ばれた。シーズンの最終成績は打率.303、45本塁打、104打点、OPS1.066の素晴らしい記録を残した。オフの11月2日にFAとなった[12]

レッドソックス時代編集

2018年2月19日、5年総額1億1000万ドルでボストン・レッドソックスと契約合意した[13]

2018年シーズンは開幕から主に指名打者として3,4番に入り、前半戦から素晴らしい活躍を見せてオールスターゲームにファン投票指名打者部門で選出され、3年ぶり2度目の出場を果たした。後半戦も打撃は非常に好調でシーズン終盤まで三冠王が狙える成績であった[14]。最終的に150試合に出場して打率.330・43本塁打・130打点という、打率とホームランはリーグ2位で打点はリーグ1位の好成績を記録し、レッドソックスの5年ぶり9度目のワールドシリーズ制覇に大きく貢献した。この活躍によりシルバースラッガー賞ハンク・アーロン賞を受賞し[15]MVP投票で4位にランクインした。特にシルバースラッガー賞は外野手部門と指名打者部門の2つで同時選出され、これはメジャー史上初の快挙であった[16]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2011 HOU 53 226 208 29 57 13 0 6 88 35 0 1 0 3 13 1 2 48 4 .274 .319 .423 .742
2012 113 439 395 34 95 14 3 11 148 55 0 2 0 2 40 0 1 96 18 .241 .311 .375 .685
2013 86 310 296 24 74 17 0 7 112 36 2 0 0 3 10 0 0 82 8 .250 .272 .378 .650
2014 DET 123 480 441 57 139 30 3 23 244 76 6 3 0 6 30 5 3 126 8 .315 .358 .553 .912
2015 158 657 596 93 168 33 2 38 319 102 3 2 0 3 53 7 5 178 11 .282 .344 .535 .879
2016 120 517 460 69 141 35 2 22 246 68 1 2 0 5 49 2 3 128 13 .307 .373 .535 .908
2017 57 232 200 38 61 13 2 16 126 39 2 0 0 3 29 5 0 54 10 .305 .388 .630 1.018
ARI 62 257 232 47 70 13 1 29 172 65 2 0 0 1 24 3 0 74 13 .302 .366 .741 1.107
'17計 119 489 432 85 131 26 3 45 298 104 4 0 0 4 53 8 0 128 23 .303 .376 .690 1.066
2018 BOS 150 649 569 111 188 37 2 43 358 130 6 1 0 7 69 11 4 146 19 .330 .402 .629 1.031
MLB:8年 922 3767 3397 502 993 205 15 195 1813 606 22 11 0 33 317 34 18 932 104 .292 .353 .534 .886
  • 2018年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績編集



左翼(LF) 右翼(RF)
























2011 HOU 51 92 5 1 2 .990 1 1 0 0 0 1.000
2012 100 131 9 2 0 .986 -
2013 50 65 3 1 1 .986 25 33 1 1 0 .971
2014 DET 83 149 1 4 0 .974 34 49 0 0 0 1.000
2015 - 148 265 15 2 3 .993
2016 - 118 201 3 6 0 .971
2017 - 53 98 2 2 2 .980
ARI - 60 99 1 2 0 .980
'17計 - 113 197 3 4 2 .980
2018 BOS 32 51 1 0 0 1.000 25 65 2 0 1 1.000
MLB 316 488 19 8 3 .984 464 811 24 13 6 .985
  • 2018年度シーズン終了時

獲得タイトル編集

表彰編集

記録編集

背番号編集

  • 14(2011年 - 2013年)
  • 28(2014年 - )

脚注編集

  1. ^ J.D. Martinez Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2019年1月21日閲覧。
  2. ^ D-backs Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月20日閲覧
  3. ^ a b Hometown kid Martinez hits first ever Marlins Park homer Sun Sentinel
  4. ^ Jason Beck (2014年3月24日). “Tigers sign Martinez to Minors deal, add outfield depth”. MLB.com. 2014年4月22日閲覧。
  5. ^ Jason Beck (2014年4月21日). “Putkonen to DL as Tigers call up J.D. Martinez”. MLB.com. 2014年4月22日閲覧。
  6. ^ J.D. Martinez 2015 Batting Gamelogs - Baseball-Reference.com (英語) . 2015年10月14日閲覧。
  7. ^ July 14, 2015 All-Star Game Play-By-Play and Box Score - Baseball-Reference.com (英語) . 2015年10月14日閲覧。
  8. ^ Katie Strang (2016年6月17日). “Tigers OF J.D. Martinez out 4-6 weeks after breaking right elbow” (英語). ESPN.com. 2016年11月4日閲覧。
  9. ^ MLB公式プロフィール参照。2017年11月24日閲覧。
  10. ^ David Adler (2017年7月18日). “D-backs get J.D. from Tigers in 4-player deal” (英語). MLB.com. 2017年7月20日閲覧。
  11. ^ J.D. first 4-time Player of Week in same season”. MLB.com. 2019年6月28日閲覧。
  12. ^ Key free agents for all 30 MLB teams MLB.com (英語) (2017年11月5日) 2017年12月28日閲覧
  13. ^ The Red Sox Add a Slugger of Their Own, Signing J.D. Martinez
  14. ^ Andrew Simon (2018年8月15日). “Can J.D. catch Mookie to claim Triple Crown?” (英語). MLB.com. 2018年8月19日閲覧。
  15. ^ J.D.マルティネスとイエリチ、2018年ハンク・アーロン賞に選出”. AFP (2018年10月27日). 2018年11月1日閲覧。
  16. ^ Ian Browne (2018年11月8日). “J.D. first to win 2 Silver Sluggers in same year” (英語). MLB.com. 2018年11月12日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集