J・J・サクライ(Jun John Sakurai)こと桜井 純(さくらい じゅん、1933年1月31日 - 1982年11月1日)は、日本出身のアメリカ合衆国理論物理学者(素粒子物理学者)である。

桜井 純
Jun John Sakurai
生誕 (1933-01-31) 1933年1月31日
日本の旗 日本 東京都
死没 1982年11月1日(1982-11-01)(49歳)
スイスの旗 スイス ジュネーブ
国籍 日本の旗 日本
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究分野 物理学
研究機関 シカゴ大学
カリフォルニア大学ロサンゼルス校
カリフォルニア工科大学
東京大学
名古屋大学
パリ第11大学
ピサ国立大学英語版
スタンフォード線形加速器センター
欧州原子核研究機構
マックス・プランク研究所
出身校 ブロンクス科学高校
ハーバード大学
コーネル大学
博士課程
指導教員
ハンス・ベーテ
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

コーネル大学の大学院生だったときに、弱い相互作用のV−A理論を独自に発見した[1]Modern Quantum MechanicsInvariance Principles and Elementary ParticlesAdvanced Quantum Mechanicsなどの大学院生向けの教科書を執筆した。

生涯編集

1933年に東京都で生まれた。日本の新制高校に在学中の1949年に留学生選抜試験に合格してアメリカに渡り、セントルイスのトマス・ジェファーソン高校に入学した。翌年、ニューヨークのブロンクス科学高校に転校し、1951年に卒業した。1955年、ハーバード大学を最優等で卒業し、コーネル大学大学院に入学した。コーネル大学在学中に弱い相互作用の理論を提案した。1958年にコーネル大学でPh.D.を取得した。プリンストン高等研究所でのポスドク生活を経て、1959年にシカゴ大学の助教授となり、1964年に教授となった[2]。1970年にカリフォルニア大学ロサンゼルス校へ転任し、亡くなるまで在籍した。1982年、欧州原子核研究機構(CERN)滞在中にジュネーブで亡くなった。49歳だった。

業績編集

大学院生のとき、彼はロバート・マーシャクジョージ・スダルシャンリチャード・ファインマンマレー・ゲルマンとは独立に、弱い相互作用のV-A理論を提案した。1960年、彼はアーベルおよび非アーベル(ヤン=ミルズ理論)ゲージ不変性に基づく強い相互作用の理論に関する論文[3]を発表した。その論文において、彼はハドロン動力学のベクトル中間子支配英語版モデルの先駆者でもあった[4]

教科書編集

彼は、論文のほかに、何冊かの教科書を執筆した。その中には、Invariance Principles and Elementary Particles(1964年)、Advanced Quantum Mechanics(1967年)、Modern Quantum Mechanicsがある。Modern Quantum Mechanicsは彼の急逝により未完のままだったが、後に彼の妻と同僚のSan Fu Tuanの支援により完成した[5]Modern Quantum Mechanicsは彼の最も有名な本であり、現在でも大学院生向けの教科書として広く使用されている[6]

論文・著書編集

  • Invariance Principles and Elementary Particles, (Princeton University Press, 1964) .
  • Advanced Quantum Mechanics, (Addison Wesley, 1967).
  • Sakurai, J. J, and Jim Napolitano. Modern Quantum Mechanics. 2nd ed., Cambridge University Press, 2017. 978-1108422413.
  • 桜井明夫訳『現代の量子力学』(物理学叢書)(吉岡書店、1989年)上:ISBN 4842702222、下:ISBN 4842702257
  • 樺沢宇紀訳『上級量子力学〈第1巻〉輻射と粒子 』,『上級量子力学〈第2巻〉共変な摂動論』(丸善プラネット,2010年)

関連項目編集

  • J・J・サクライ賞 - アメリカ理論物理学会により理論素粒子物理学の貢献に与えられる賞

脚注編集

  1. ^ Nambu, Yoichiro (February 1983). “Obituary: Jun John Sakurai”. Physics Today 36 (2): 87. Bibcode1983PhT....36b..87N. doi:10.1063/1.2915507. オリジナルの2013-09-29時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130929134613/http://www.physicstoday.org/resource/1/phtoad/v36/i2/p87_s1?bypassSSO=1. 
  2. ^ J. J. Sakurai, San Fu Tuan. Modern Quantum Mechanics: Revised Edition. Pearson Education, 1994. pg. vii
  3. ^ Sakurai, J. J. (1960). "Theory of strong interactions", Annals of Physics 11 (1), 1-48.
  4. ^ J. J. Sakurai, San Fu Tuan. Modern Quantum Mechanics: Revised Edition. Pearson Education, 1994. pg. vii
  5. ^ J. J. Sakurai, San Fu Tuan. Modern Quantum Mechanics: Revised Edition. Pearson Education, 1994. pg. iii
  6. ^ Sakurai, Jun John; Napolitano, Jim (2011). Modern Quantum Mechanics. ISBN 978-0805382914 

参考文献編集

  • Townsend, John S. A Modern Approach to Quantum Mechanics. 2nd ed., University Science Books, 2012. 978-1891389788.

外部リンク編集